« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018/07/30

7月29日 スタンド・バイ・ミー

こんにちは!素敵な映画たくさん観てますか?
「劇場に灯りがともるとき」始まりましたよ~ヽ(´▽`)/


さ、今回は!もぅ、名曲です!名俳優たちがいっぱい出てますー若いのにぃー!
という、86年に公開された、「スタンド・バイ・ミー」です。




『スタンド・バイ・ミー』


59年、オレゴン州の小さな町、キャッスルロック。ともに12歳のわんぱく仲間4人が、森の奥で行方不明になった少年を見つけだそうと冒険に出る。しかしこの2日間の冒険は、それぞれ生涯忘れられない思い出となるのだった。 (中略)

有名なベン・E・キングの主題歌は、60年代末のヒット曲である。この映画のおかげで、再度大ヒットとなった。劇中でも、オリジナルが使われている。
(Amazon商品説明より引用、右サイドバーにリンク有)






0729s_6




お馴染み、1959年が舞台の、「スタンド・バイ・ミー」です。
で、これホラー作家の第一人者でもありますスティーヴン・キングが、
短編書いてるんですよね。

その中の『死体―THE BODY』という、この一編が、
「スタンド・バイ・ミー」という名作になりました。



そうなんです、スティーヴン・キングの回想録というか、
自分が体験したことをそのまま短編にしてるっていうことから、
当時の曲がたっくさんこの映画の中に流れてくるし、いい具合にね。
成長期、ちょ~ど大人にこれからなりますんでよろしくぅd(。ゝд・)!
みたいな少年たちの、心の中とか、想いとか、これまでとか、夢とか希望、
そんなものもいっぱい入ってるっていうサウンドがぎゅうぎゅう入ってるから。

ほんとにオムニバス盤としても、
「スタンド・バイ・ミー」のサントラはおススメの一枚ではあるんですが。




♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:



まあ人生最大の彼らにとってはアドベンチャー体験をみんなしたんだけれども、
その間ここにはずーっとただの死体探し” BODY”だけではなくって。
家庭環境とか色んなことがこう分かってくるわけですよ。

でそいで、旅のその最後のシメのところに、また対決のエピソードを作ることでシメて、
そいで大人になっていく、っていうのは。

ただ単に普通に、成長して、フラフラへらへらしながら、
あのちょっと悪いことをしたり、おイタをしたり、大人になっていく、っていうんじゃなくて。

一緒に過ごした時間。この濃さですよね、これ一生の体験になる。


っていうことだから!この映画の中での名セリフ。
大人になったゴードンが、語った言葉です。


「私は、オレゴン州の小さな町、キャッスルロックに住んでいた。

人口はわずか1281人。

しかし、当時の私にとっては、それが世界の全てだった」



て、その後。彼が、パソコンにタイプするんですね、言葉。



「12才当時の友人のような友人を、私はその後、持ったことがない」



っていうことで、つまり?
このゴードンとは。
そう、ウィル・ウィートンだったんですよ。

って今ウィル・ウィートンって言っても分かんないですよねー。
やっぱり、(リチャード・)ドレイファスになっちゃうと、
色々苦労したんだな人生荒波を歩んできたのね、みたいな顔とかが出てたりする。
・・・まあ個人的にはウィル・ウィートンじゃなくてですね、ああ彼も良かったですよ!
とても素敵な綺麗なビジュアル系の、美少年ね。だけど、リヴァー・フェニックス、かなって。
中には、コリー・フェルドマンがいいとか色々言ってるかもしれませんが、
やっぱりリバーが一番印象的な人も多いと思うんですが。
23歳で、亡くなってしまったんですよね彼はね。



やっぱり突然「スタンド・バイ・ミー」で大きくブレイクして、映画の世界に入っちゃう、
っていうと。“変化”っていうのがあって。前にもお話ししましたけれども。
突然自分の環境が、ある日突然変わってしまう。

“オーバーナイト・サクセス”っていうか“ハリウッド・ドリーム”じゃないんだけれども。
朝おきたら急にハリウッドのヒーローになってるとか、世の中の英雄になってる、
っていうことを体験した時に。自分で追いついていかない、
っていう精神を持っていたりすると、それをどうやってフォローしてくか。

っていう時に、やっぱり彼の場合は、いけないこととは知りながら、
ドラッグに逃げてる、ってことがあるわけですよね。




だからみんな、そういう悩みがあったり、辛くなったり、
会社でエラい人になっちゃったりして誰にも相談できないとか思ったら、
この番組宛に相談事書いてくれれば番組で発表するって!
そ~んな偉そうに何言ってるんだよ、って笑


ってことで。本日は「スタンド・バイ・ミー」ってことで。
時間があったらまだ曲たっくさんあるんですよ!
オールディーズナンバー、60年代50年代のヒットチューンがね。
でこれお届けしてもいいんですけど、ま、今日はここまで。じゃまた来週~♪




♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:






そしてここで、あなたへのお知らせです。


この番組、「劇場に灯りがともるとき」では、
番組を聞いた感想や、私(襟川クロ)に聞いてみたいことなど、
あなたからのメッセージをお待ちしています。



メッセージをお送りいただいた方の中から抽選で1組に、
各劇場で使える、映画鑑賞券をペアでプレゼントします!


応募される方は、住所、氏名、電話番号をご記入の上、
メッセージを添えて、FMえどがわ「劇場に灯りがともるとき」
プレゼント係宛にご応募ください。



当選者の発表は発送をもってかえさせて頂きます。

■お葉書: 〒133-0056江戸川区南小岩7−13−8

■FAX: 03-5622-7852

■メール: info@fm843.co.jp





たっくさんのご応募、ちょうだい♡

待ってま~す!

2018/07/22

7月22日 フェイク

こんにちは!素敵な映画、たくさん観てますか~ヽ(*´∀`)ノ

「劇場に灯りがともるとき」もぅ~FMえどがわの誇る!
この映画の大好きだという人のための番組だったんですけども、
全然お葉書とかねえ、アンケートとかねえ。

来てないんです私のところに、淋しいなあ・・・。


Img_3373


一ヶ月に1こ来ればいいかなって、いや、2こ!3こ!
そのくらい下さいな~loveletterloveletterloveletter
って、いつもいつも心の中には思ってるし、おねだりもしてるんですけども、
あーの届かないのは・・・

郵便屋さんの、え?サボり??違うよねえ!

ホントに出してくれないの、メールでもいいんですぅーweep

良かったら、何かその、ね。

皆様の思った映画の感想とか、
今までずーっと「劇場に灯りがともるとき」を一人しゃべりで
ベラベラベラベラやってきたので、あなたの感想とか。
そういうところも聞いてみたいな~~という、思いも!あるので!

お願いしますね~♡



って言ったところで。今日は何にしようかなーと思いながら。
オトコの映画いきましょうか。

やっぱりもうずぅーっとここのところね、実話に基づいた作品が多いっていうのはこれ、
襟川クロ好みだから。ちょっとお許しあれね。フェイクです!



『フェイク』

70年代半ばから6年間、ニューヨークのボナーノ・ファミリー(マフィア)に潜入したジョセフ・D・ピストーネというFBI捜査官の手記を原作にした実録。ドニー・ブラスコという偽名でたった1人覆面捜査をして、巨大ファミリーを壊滅させた彼を演じるのはジョニー・デップ。ドニーを信じ弟分としてファミリーのルールを教える、もう1人の主人公レフティ役にアル・パチーノ。
   いつかは昇格してやろうと夢みるうだつのあがらないマフィアの役を、パチーノが悲しいまでに演じている。ドニーも仕事としてマフィアを陥れる罠を仕掛けていくものの、レフティとの絆は深くなっていく。この2人の友情が、悲しく美しく、そして切ない。ラストシーンでのデップの瞳は、胸に深く迫ってくる。(梅澤眞由美)
――Amazon商品説明より引用、右サイドバーにリンク有


0722s




フェイク。「フェイク」って、偽物。ね。何だなんだって。
えーこれって、1997年の映画、ではあるんですね。
アメリカのその五大ファミリーって色んなマフィアのファミリーがいるんですけども。
その一つ。ね、かなりビックでした。
その一つが~たった一人の!潜入捜査官によって壊滅に追い込まれたという、
そういうニュースが出ました。

時は1982年の、ちょうど7月、今頃かもしれませんね。
で、何かっていうと、その罪状っていうのが凄いんですよ。
起訴が、200件。で有罪判決が100人、ていうことで。

あまりの凄さにアメリカの全部の新聞はね、連日、裁判の様子とか、
かなり大見出しで取り上げていった、っていうことがあって。


もう一つ!でこの“潜入捜査官”の彼に、
マフィアの方から懸賞金が付けられちゃったんですよ。
「こいつを見つけたやつには、何千万円」とかっていう感じで。

「え?それって映画みたいな実話・・・」

そうなんです。実際に起きた、
潜入捜査官、フェイク、偽物、なりすまし・・・ということが映画になりました。



○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*



主演をしているのは、まあジョニー・デップか、または、アルパチーノかっていう。
まあ二人とも主演だなって感じなんですけども。

「ドニー・ブラスコ」という。
彼が(ジョニー・デップ演じる)なりきりの捜査官ですね、潜入捜査官です。
でもう一人のアルパチーノは、マフィアの中でも、
まあーちょっと存在感はあるんだけど無さそうな感じの殺し屋ということで。
なんか、だらしないわけですよ、チャラチャラチャラチャラしてるってことで。

っていうキャラクターを分けてるんですが。

ま、ボスにしても、捜査官、ドニー・ブラスコにしても、
全部実在ということがあって。それを、かなりその、
社会派としてもエンターテイメントとしても、なんか、見ごたえのある。
とても観やすいお話にしてくれちゃったんですよね。


っていうのは、捜査官にしても、アッチ方のマフィアのメンバーにしても、
みんなやっぱり一人の人間であり、男性であり、お父さんであり、家庭があって、
っていうことですよね。

でそういうところもちゃんと描いている、っていうね。




○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*




全くでも、オトコ、男性として人として言えば、もちろん違うタイプかもしれないんだけど、
二つの違う世界で生まれ育ってきた男同士の、
友情、っていうか絆みたいなものが、かなり骨太にこれ描かれてる所が、
私の大好きなところだったりするんですね。

ほんとにだって、素晴らしいのは、「フェイク」って、ニセモノ。
やっぱりいつかはバレるし、永遠じゃないわけですよ。

だから、セリフの中でも、ほんとに良いセリフが沢山あります。



例えばドニー・ブラスコが


「何があっても生き延びてくれ」

って、言うわけですよ。それで、レフティはもう、
ドニーに騙されているのが分かってるんですけども、そうすると、

「この世で信じられるのはお前一人だ」

っていうね。でそういう風に、言う。
今まで、つまりどのくらい、君のことを信じてきたのかな、って。



でもう一つ、そのレフティが言うのは、


「ドニーに言ってくれ。お前だから許せるよ。」

って。つまり奥様に言うわけですよね。
「悪いのは別に、お前じゃないんだ、騙したんじゃないんだ、フェイクじゃないんだよ。
君は君の仕事をしたまでだ」


みたいなこと言ってるのかなーなんて思ったんですけど。

奥さんに一言言うときの、彼の、あのアルパチーノのギョロ目のね、
輝きたるや、たまらなかったなー・・・っていう中で。




○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*



ラストの30分。

ここで起こる、男たちの姿っていうのは、もうー何なんでしょうね。

映画の歴史の中に残る、ハートが号泣する、っていう。
そういうシーンのてんこ盛り、って感じですよね。


だって、「えぇっ!( Д) ゚ ゚」ですよ、言えないですけど。
だから観て!DVDとか、ほら暑いからsun

お家の中で、DVD借りてきて、
「クロさんがそんなこと言ってるけど、ほんとかよ?!」って疑い深い人も、
是非ぜひ、観て。

私の言ったところはほん~のちょいポイントですからね。
あなたはあなたの見方があるし、ご意見もあるわけだから、だから
「『フェイク』でクロさんあんなこと言ってたけど、違うんですけど借りてきてみたら」って。
そこにねー手を伸ばすきっかけになるわけだから。観て下さいよ~ぜひぜひ~。



○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*



そしてここで、あなたへのお知らせです。


この番組、「劇場に灯りがともるとき」では、
番組を聞いた感想や、私(襟川クロ)に聞いてみたいことなど、
あなたからのメッセージをお待ちしています。

メッセージをお送りいただいた方の中から抽選で1組に、
各劇場で使える、映画鑑賞券をペアでプレゼントします!



応募される方は、住所、氏名、電話番号をご記入の上、
メッセージを添えて、FMえどがわ「劇場に灯りがともるとき」
プレゼント係宛にご応募ください。

当選者の発表は発送をもってかえさせて頂きます。


■お葉書: 〒133-0056江戸川区南小岩7−13−8

■FAX: 03-5622-7852

■メール: info@fm843.co.jp



たっくさんのご応募、ちょうだい♡

待ってま~す!


2018/07/15

7月15日 タイタニック

こんにちは!暑いですねえ~(*´ο`*)=3
いい映画たくさん観てますか?映画パーソナリティの襟川クロですー。



0715
もうねーこういうときって、もうどっこへも行きたくないから。
ず~~っとDVD見てようかなーとか。
映画館に入り浸ってようかなーって、思いますよね。

そんな時に、やっぱりながーい映画って、嬉しくありません?3倍くらい得してますよgood


というわけで、今日お話するのは、あなたのだーい好きな「タイタニック」です。



『タイタニック』



「アバター」ジェームズ・キャメロン監督による、
世界中を感動の渦に巻き込んだ、映画史に残る永遠の名作。
アカデミー賞11部門受賞。

<キャスト&スタッフ>
ジャック…レオナルド・ディカプリオ(松田洋治)
ローズ…ケイト・ウィンスレット(日野由利加)
キャル…ビリー・ゼーン(山寺宏一)

監督・製作・脚本・編集:ジェームズ・キャメロン

<ストーリー>
1912年、処女航海に出た豪華客船タイタニック号。新天地アメリカを目指す画家志望の青年ジャックと上流階級の娘ローズは船上で運命的な出会いを果たす。身分違いの恋を乗り越え強い絆で結ばれていく2人。しかし不沈を誇っていた豪華客船は皮肉な運命に見舞われる……。

<ポイント>
◎1997年度アカデミー賞11部門受賞(作品賞/監督賞/撮影賞/主題歌賞/音楽賞/美術賞/衣裳デザイン賞/視覚効果賞/音響効果賞/音響賞/編集賞)

――Amazon・商品説明より一部引用、右サイドバーにリンク有




07152s



もうこれ、色んなところでニュースになってる、ってこともあるんですが。
観たことない人もでもいらっしゃるんですよね世の中にはね。


「あ~~~あの、あれね。
船の先っぽでくわあ~~~ってやって、やるやつね」なんて。手伸ばして。

それ、確かに有名なシーンなんですけど、ちゃんと物語があるってpout
物語っていうのも、これもご存知、“20世紀最大の惨事”とも言われている、
タイタニック号の沈没事故を元にしている、ってこともあるんですが、
ま、映画的にこれは、パニック作として。それから世紀の大ロマンス、というところもあるし。
それからジェームズ・キャメロン監督のこだわりの演出が、
あちこちに濃厚に出てますよ、っていうのと。


それから驚異の映像ですよね。
映像のマジックっていうのが、もうすごいですね!!!
もう信じられない、今まで見たことないようなことを、
ジェームズ・キャメロンはやってのけてしまった、っていう。

初めてが大スキな監督ですから、
ここでもあらゆるところでたくさん散りばめられているんですけれども。とか!
あとは、アカデミー賞(1998年)の、最多14部門もノミネートされましたよ。
でその中で、11コもとっちゃいましたよcrowncrownshine



♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:




過去、タイタニックの事故に関する映画はたっくさん作られていました。
ドキュメンタリー含めて10本くらいあったわけですけれども。にも関わらず、
ジェームズ・キャメロンがなぜ、この作品を97年に公開することになったのかっていうのは。

今までと違う視点、つまり、
実際にこのタイタニック号っていうのは引き上げられていたわけですよ。
その時のドキュメンタリーの映像を入れる、とか。

それから、引き上げた時に色々なアイテム出てきました、グッズが。
船のクギとか壁とかドア、置いてあるお皿とか。

そういうものをまぁんまそっくり!に作ってレプリカを。
でそれを映画の中に入れて。


それから設計図もあったので、そのまんまのお部屋!
倉庫にしても厨房にしても、客室、一等船室とかあるわけですよ。
そういうのを全部そのまんまの作りを、右半分だけ作っちゃったっていう。
そのこだわりですよね。



だからいかに、彼の作ったものがリアルか。
本モノに近いのか、っていうことだったりするんですけど。
でプラス、そのエピソードの数々ですよ。
でそれもちゃんと、モデルありき、モデルありき、っていうことがあって。



♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:



だから、タイタニックの引き上げに関して、
色々なものがたくさん引き上げられてきたわけですよね。
でその中に、こういうスケッチがあっても変じゃないよね、っていうことが、
物語の中に入ってるわけですよ。でそれで私たち、グッheart01つかみOKです。


でそうするとその女性。ローズ。今年101歳。
ていうことで、そのローズのおばあちゃんが、
孫娘にあの頃の思い出を語り始める、っていうことなので。

私たちがちゃんと今いて、過去に戻る、っていう。
バックトゥザパストですよね、過去に戻っていく。
でその時に、あのジャックとの出会いがあって、で色々邪魔する人、
応援してくれる人たちがいる。でもその中で楽しいひと時を過ごすけれども。


ローズちゃんは17歳という設定で、フィアンセがいるわけじゃない?
でその彼女は、いやいやながら嫁がなきゃいけないという。
ビリー・ゼインという。

私は嫌いじゃないんですけれどもこの、眉の濃~い俳優さん。
彼がフィアンセっていうことで、ヤなやつだこれがね。
非常に。上から目線で。自分が一番エラいと思ってるっていう、
いるね!今だにそういう人ってね。

その彼の嫁になるのが嫌で、
思わずこのジャックのね、自由な姿にほれぼれしちゃうっていう。
内緒のデートが船で始まって、っていう。
そういうあの、なんか青春ドラマとしての、初恋の物語としても非常に素敵だし。

またレオナルド・ディカプリオのあのジャックの役作りがたまらなかったですよね(*´д`*)




♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:



じゃあ、レオくんの放ってくれたセリフ、いきましょうか。
タイタニックの中で、印象的なセリフ。


「船の切符は、僕の人生で最高の贈り物だった。」


って、言うんですよねジャック君が。
別れの一言って感じになっちゃうんですけれどもね。
「船の切符は、僕の人生で最高の贈り物だった。」・・・君に逢えたからね、ローズ。


あぁ~っ、たまんない。

で、ローズはどうしたかっていうと。

まだ言わないの何も。
黙って聴いてるの、上の方でプカプカ。


「あきらめるな。」


あぁーオトコだねぇーー。

もうずっと生き抜くんだよ、ってことを言ってるんだけど、彼女は何も言えないの。



で最後に、

「私はあきらめない、ジャック。」

てことで。

諦めなかったから、映画の冒頭のとこで101歳になったローズが出てくる、
ってことになるわけですけどもね。

こういうこと言われちゃうと、素敵だなと思いながらも。
ローズの現代、101歳になった時にはちゃんと孫がいる、っていうのがね。
違う人生をローズは歩んだのね、っていう。
結構現実厳しかったりしますけどねー、っていうね。



♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:



それで、レオくんの話チラッとしていいですかねー。
最初彼と会ったのは・・・

って。会ったのはって何、出会いが?!


そうなんですクロさんね、もう日本に来る度にレオ様のね、
色々とお仕事をサポートしてもらってて。


『ギルバート・グレイプ』(1993年公開)っていう映画の中で、
彼がアカデミー賞の助演男優賞候補になったくらいの、いい演技を見せてくれました。

だから、ほんとに、なんか危ない俳優さんかな、と思っていて来た時には、
ほんとにピュアな俳優さんで。ママと来たんですけど。
であの頃は、もう最初ね、19歳だったレオくんだったんですが。
とにかくゲームにハマってましたgameheart04



で、あるゲームランド、ゲームセンターに行ったんだけれども。
もう遅くて。鍵閉められそうになっちゃってね。そしたら、

「この彼は、これからハリウッドでこれからすっごくブレイクする俳優だから、
入れてあげた方が良くない?日本の思い出として、彼ずっと覚えてると思うよ。

とか言っちゃって。そしたら、

「ダメ。」

って断られちゃって!
っていう思い出があったんですよ、レオくんとそういうね。



という中で、レオナルド・ディカプリオって、
すごーく演技的に幅のある俳優さんになったのもそうなんだけれども、
色んなことを楽しませてくれるんで。

また次の機会に、彼の作品に関してはいっぱいお話、貯金してあるので、
することにしましょう。

じゃ、また来週♪



♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:



そしてここで、あなたへのお知らせです。


この番組、「劇場に灯りがともるとき」では、
番組を聞いた感想や、私(襟川クロ)に聞いてみたいことなど、
あなたからのメッセージをお待ちしています。


メッセージをお送りいただいた方の中から抽選で1組に、
各劇場で使える、映画鑑賞券をペアでプレゼントします!


応募される方は、住所、氏名、電話番号をご記入の上、
メッセージを添えて、FMえどがわ「劇場に灯りがともるとき」
プレゼント係宛にご応募ください。


当選者の発表は発送をもってかえさせて頂きます。




■お葉書: 〒133-0056江戸川区南小岩7−13−8

■FAX: 03-5622-7852

■メール: info@fm843.co.jp



たっくさんのご応募、ちょうだい♡

待ってま~す!

2018/07/08

7月8日 フェノミナン

こんにちは!映画パーソナリティの襟川クロです。
素敵な映画、たくさん観てますか?



Img_3368

暑くてや~だもう、家から一歩も出たくないですぅ~~
と仰ってる方も。

でもね、ぽっと、暑~いところを歩いて、映画館に行ってみなはれ!
なんて。
急に大阪になっちゃってんの(=´∀`)

この時期あんまり食欲無くなっちゃう、ってことでね。
食べないと!


あんまりこう、映画を観ながらバクバクものを召し上がるっていうのは
お行儀がよくないんですけれども、やっぱり、作品によっては、
例えば先週お話した「バックトゥザフューチャー」みたいなものは、
ポップコーンとかそういうものびゃんびゃんやりながらバクバク食べる、
っていうのも楽しい時間なんだけれども。

これからお話する作品に関しては!
お饅頭とか、音のしないね、
やわらかーーいなんか、ソフト系のクッキーを口に含んで!

もぐもぐもぐもぐやりながらご覧下さい。


作品は、「フェノミナン」です。





『フェノミナン』

誰からも愛されていた平凡な男ジョージ(ジョン・トラヴォルタ)は、37歳の誕生日を迎えた夜、謎の白い閃光を目撃してから人生が一変。ものすごい知能の持ち主となって難問奇問を解決するようになるが、逆に友人たちは気味悪がって彼から離れてしまう…。
   カリフォルニアののどかな田舎町を舞台に、突然天才になってしまった男の悲喜劇を描くファンタスティック・ヒューマン映画。白い閃光の正体や、主人公に起きた身の異変の真相など、後半は思いがけない展開へと突入していく。人好きのするハートフルな男をトラヴォルタが好演しており、ほとんど彼の魅力に負うところの大きい作品でもある。監督は『クール・ランニング』などのジョン・タートルトーブ。(的田也寸志)
――Amazon・商品説明より引用、右サイドバーにリンク有


0708s




96年の作品です。当時はまだとてもスマートだったジョン・トラボルタと、
キーラ・セジウィックと、それから脇ではフォレスト・ウィテカーとかロバート・デュヴァル、
名俳優さんたちがちゃーーんと出てくるという、ファンタジックな一本なんですが。

とても心温まるお話しでもありながら、ある種“不思議体験”というものを、
サスペンスフルなファンタジーのように描いている
、ってところがポイントなんですが。
カリフォルニアの、すごく小さな町に、過ごしているジョージさん。
もうすぐ37歳になる、独身です。で、車の修理屋さんをやってて、
みんなから好かれてる、愛されてるという人気者なんですよね。

そんな彼がね、ちょっと今、気になる女子がいます。

最近越してきた、たぶん彼女は未亡人かもしれないなーという雰囲気の、
キーラ・セジウィックが扮するね、一人の女性なんですよ。
あ、ちょっといい感じだなー、なんて。


ていう時に、37歳のお誕生日を迎えた、その晩です。


不思議な光がフワァッ!!


ってするのを見ちゃうわけですよ。目の前で。
で、そこから、彼の人生が一変しました。


「え?オレって天才?!」みたいな感じで。
色んなことが出来ちゃうわけですよ。

周りもびっくり仰天。隠さないですからね、あれもこれもこれもって、
天才っていうかすごい知能を持っちゃうタイプの人間になってしまったもんだから。


これってなんか、奇跡とか、そういう~向こうの方の、
宇宙からやって来た何かが、彼にとり憑いた話?とか色々思っちゃいますよね。
っていう予想を私はしてたんですけれども。
そうじゃなかったんだな・・・っていうことが分かってきた後半からは、
もう悲しくて痛くて辛くて、って感じなんですが。



○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*



で、結果、「僕に何が起きたのか」っていう、
奇跡か必然か、っていう中で・・・原因が分かりました。

それで、ぐんぐんぐんぐんぐんぐん、悲しみの世界が。押し寄せてくるわけですが・・・
という中で、この、彼の言うセリフの一つ。


「僕が死ぬまで愛してくれる?」

って、ジョージが言います。
レイス(キーラ・セジウィック)は、

「いいえ、私が死ぬまでよ。」

って言うのね。


なんでか。


実は、ジョージさんは、彼女と付き合い始めて、
自分のこの不思議な力の原因が分かった時に、いたたまれなくなって、
彼女のお家に来ました。そこで、素敵な時間を過ごすっていう。


良~~~いんだこの時間が!

髪の毛をシャンプーする気持ちよさって分かります?
大変にこう至高のひと時というか、至福のひと時っていうか。
で、その感覚?

髪の毛をシャンプーしてもらう気持ちよさ。
この映画の中に入ってるんですよ実は。
「ハァ~、私、なんか疑似体験しちゃったわ、シャンプー。」なんて言いながらconfidentspa



○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*



実は、こんなに甘い、素敵な作品。
ジョン・トラボルタと、キーラ・セジウィックっていうね、
キャスティングで作ってくれたのは誰だと!
いうことで、監督の話をチラッとさしてもらおうかなー、とか思ってるんですけど。

“ジョン・タートルトープ”っていうね、
私は、ジョン・タートルトープの名前を聞いたときに、
「フェノミナン」ももちろん大好きなんですけれども、
このフェノミナンの後に撮ってくれた、「クール・ランニング」っていう映画があるんですよ。

実話に基づいた作品で。

まぁ襟川クロはね、こう見えて、
とてもロマンティストで誠実でまじめで、お堅いというか。
信号も、黄色では手を挙げて渡る、っていうタイプなんですよねsignalerpaper

だからそういうところがあるので、実話に基づいた作品を作ってくれると、
ちょっとね、始めっから点数甘いんですよ。


でそれが、この「クール・ランニング」と来た日には。これがね、
実話なんだけれども、非常に楽しいっていう。
コミカルなコメディ?スポ根コメディにしちゃってるわけですよ。


ジャマイカ!の面々がいます。
ジャマイカといえば一年中暑い夏だらけ。常夏ですよね。
そのジャマイカのチームが、1988年の、
(カナダのアルバータ州)カルガリーの冬季オリンピックに出場しました。

なんで、っていうとね。ボブスレーの競技に出たんです!
でもボブスレーっていうのは、雪がなきゃ出来ないスポーツでしょ。
それをなんで、ジャマイカのメンバーが、選手たちが挑んだんだよ、という。

嘘のようなホントの話が映画になってるんですけれども。
非常にコミカルなんだけれども、
実話に基づいてるから本物のエピソードがいっぱい出てくるんですよ。


実際にこんなことがあったんだ、って、みんーな驚いちゃいました。
痛快な中でも、友情とかね、感動のね、エピソードがいっぱい入ってきて。

だから、小さい作品なんだけれども、口コミで口コミで。
観た人たちがみーんな広げてくれて、世界中で大ヒットをしたという、
オチが付いてるんですけれどね。




○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*





そしてここで、あなたへのお知らせです。


この番組、「劇場に灯りがともるとき」では、
番組を聞いた感想や、私(襟川クロ)に聞いてみたいことなど、
あなたからのメッセージをお待ちしています。



メッセージをお送りいただいた方の中から抽選で1組に、
各劇場で使える、映画鑑賞券をペアでプレゼントします!


応募される方は、住所、氏名、電話番号をご記入の上、
メッセージを添えて、FMえどがわ「劇場に灯りがともるとき」
プレゼント係宛にご応募ください。



当選者の発表は発送をもってかえさせて頂きます。

■お葉書: 〒133-0056江戸川区南小岩7−13−8

■FAX: 03-5622-7852

■メール: info@fm843.co.jp





たっくさんのご応募、ちょうだい♡

待ってま~す!


2018/07/01

7月1日 バック・トゥ・ザ・フューチャー

こんにちは!素敵な映画、たくさん観てますか?

映画パーソナリティの襟川クロです。



0701



「劇場に灯りがともるとき」さあ、このひと時、
今日はどんなお話しようかなあ~~と、昨日の夜からずうっと考えてて。
ウソです。


なんとなく映画の中に、インパクトのある。
あなたの青春をそのまま送ったよー、みたいな作品って、
どなたにもあると思うんですが。例えば!

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」!いかがでしょう!

もちろんパート1ね♡





『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

マーティと一緒にデロリアンに乗り込んで、過去の世界を旅しよう!
奇抜なアイデアと練られた演出で、今なお観る者を魅了し続ける傑作。


【キャスト】
マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド/リー・トンプソン

【スタッフ】
監督:ロバート・ゼメキス

■製作:1985

――Amazon・商品説明より引用、
右サイドバーにリンク有



0701s




1985年っていうから、今からもう30年以上も前になっちゃって。

あらら、そんな昔でしたっけ?



何が一番インパクトに残ってますか、この映画の中で。

やっぱり、1955年にタイムスリップする、マーティのドタバタ?
または、音楽?あるいは、マイケルJフォックス?

まあクロさんとしては、やっぱり、
当時ちょうどディスクジョッキーというお仕事と兼ねて、
映画の業界でもぺらぺらやってたので、
何といっても音楽が一番頭の中に残ってます。



で、ここの中に出てくるのが、オープニングからぴ~ってきた時に
「あーーっ!」って思ったロックファン、いらっしゃいますよね。
その通りなんです。あの、“パワー・オブ・ラヴ”っていう。

あの曲が「うお~!かっこいいかっこいい!」って流れてきた途端に、
そこに「あ!ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースだ」って出てきちゃって、
とても面白いシーンを用意してくれました。



一番最初、高校生のマーティくんが学校に行くところから始まるんだけど、
ちょうどその日に体育館で、ダンスパーティーのバンドのオーディションがある。


「うるせえ!音が大きすぎる!」って言ったのが、ヒューイ・ルイス。
審査員ですよ。




映画が大ヒット、もちろん一位になるとともに、“パワー・オブ・ラヴ”も
全米No.1ということで、ヒューイ・ルイスの人気がここで大ブレイクして、
もちろん!マーティ役の、マイケル・J・フォックスも、
世界のスター、アイドルとなりにけり、なのですが。




この時は、まあ、高校生の役ではあるものの。ご本人。
23歳とか、4歳とか、そのぐらいの年齢だったわけですよ。



ヤダもう~若く見える!


ったって、俳優さんて大体、若く見えるのは当たり前だし、
老けさせメイクもOKなわけでしょう?

タイムパラドックス、っていう部分のロジック。これを映像で魅せてくれる楽しさが、
このSFバージョンの中にはありました。




・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆




まあ個人的には「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ワンツースリー、と作られた中で、
一番、この、1っていうね。最初のやつがインパクトがあるな~って。


今までのその細かいこまかい伏線もありつつ、ポンとまとめてくれる、
っていうところが、この映画の面白みだなーっていうのありますよね。
コメディでもあるし、それからラブストーリーにもなってるし、音楽映画でもあり、車!

何しろ、デロリアンですもの。


あの車のインパクトって、未だに持ってる人いますからね、デロリアンを。
あんな大きいのどこしまっとくんだよ、って心配しちゃうくらいに、
凄まじいパワーがあって、ほんとにガソリン食いまくり!っていうかね。

そういう車にも関わらず、ドハマりしてる人ってのは、それ持ってますもんね。
とか、まあ友情の物語であり、アクションもあるしSFもあり、
映像的な、ちょうど雷が落ちてくるとこ、バーン!と飛んでくとこ、
車が走るんじゃなくて、飛ぶんだよ!



そうなんです!今回の「劇場に灯りがともるとき」の、
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」パート1の名ゼリフです。
ちょうど1作目の最後になるんですが。



「30年後に、また会おう。」


って、ドクのおじちゃんが言います。で、マーティ、



「待ってるよ、ドク。」



不思議なのは、三〇年前に戻った時に、ドクはちょっと若め。
で、アインシュタインはまだ子犬、みたいな。

すごくそこのところも私個人的に、犬好きとしてはね、
「うれしい~~~!」とか思っちゃったんですけどね。

だって一個目の、「バックトゥ~」のタイムスリップ体験、っていうのは、
まずアインシュタイン、ワンちゃんがするんですよ~デロリアンに乗っかって。

それって、いかにもワンちゃん、動物好きのロバート・ゼメキスっぽいな、
なんて思っちゃったりしたんですけどね▽・w・▽




・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 

そしてここで、あなたへのお知らせです。


この番組、「劇場に灯りがともるとき」では、
番組を聞いた感想や、私(襟川クロ)に聞いてみたいことなど、
あなたからのメッセージをお待ちしています。



メッセージをお送りいただいた方の中から抽選で1組に、
各劇場で使える、映画鑑賞券をペアでプレゼントします!


応募される方は、住所、氏名、電話番号をご記入の上、
メッセージを添えて、FMえどがわ「劇場に灯りがともるとき」
プレゼント係宛にご応募ください。



当選者の発表は発送をもってかえさせて頂きます。

■お葉書: 〒133-0056江戸川区南小岩7−13−8

■FAX: 03-5622-7852

■メール: info@fm843.co.jp



またはコチラ(FMえどがわ・プレゼントフォーム)からどうぞ!




たっくさんのご応募、ちょうだい♡


待ってま~す!

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ