« 10月7日 ボディガード | トップページ | 10月28日 天使にラブ・ソングを・・・ »

2018/10/14

10月21日 日の名残り

こんにちは!素敵な日曜日お過ごしですか?

「劇場に灯りがともるとき」時間がやって参りました、襟川クロです!

たくさーんの映画をいっぱい観て、そん中からピックアップして、
というのが日常のクロさんの生活なんですが。

この番組では、過去の名作や、素晴らしい作品の数々を、一本だけ。
ね。毎週一本だけ、ってそんな寂しい・・・
でもね、深いんです。掘るんですよ私はって(´∀`*)
それで、今日は。『日の名残り』。



1014



『日の名残り』



このまま、何も言わずに 愛し続けたい。
カズオ・イシグロのベストセラー小説をジェームズ・アイヴォリーが映像化した
珠玉の名作
1958年。
ダーリントン邸の老執事スティーブンスのもとに、以前共に屋敷で働いていた女性ミス・ケントンから一通の手紙が届く。
懐かしさに駆られる彼の胸に20年前の思い出が蘇る。
当時、主人に対して常に忠実なスティーブンスと勝気なケントンは仕事上の対立を繰り返していた。
二人には互いへの思慕の情が少しずつ芽生えていたが、仕事を最優先するスティーブンスがそれに気づくはずもなかった。
そんな中、ケントンに結婚話が持ち上がる。
それを知ったスティーブンスは激しく動揺するが・・・。
―――Amazon商品説明より引用、右サイドバーにリンク有





イギリスの映画です。「午前十時の映画祭」の中でも
私は是非ぜひ皆さんに観て欲しいということで、
長いあいだプッシュをしていてやっと念願叶って。


※襟川クロさんが作品選定委員を務める
「午前十時の映画祭」公式ホームページはコチラ!



ついに『日の名残り』を、ね、
名残惜しそうに、観ている方もいらっしゃると思いますけども。


「あ~あの映画ね・・・」

あなたはツウですね~~( ゚σω゚)
映画の中には、まあ“傑作”とか“佳作”。“力作”?
“珍品”とか“怪作”?変わった映画とか、心地よいね“快作”もあるし。
色んなジャンルのその作品もあるんですけども。

これはあの“秀作”中の秀作、ですね優れている作品です。

エクセレントという

もう誰もが認める!という、落ち着いた『日の名残り』。




...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。




ということで、舞台は、その1950年代なんですが。

イギリスのね、あのオックスフォードにはすごい
素敵なステキな名門貴族の館がいくつかあるんですけども。

そん中のひとつ。
ダーリントン卿の大邸宅が、舞台、ということなんですけどね。


ここで、まぁ色んな方が働いていて、で有能な執事がいます。
執事さんね・・・

メェ~のヒツジじゃなくてだよ

だ~め親父ギャグ言っちゃ!


この執事を演じているのが、アンソニー・ホプキンスでございますね。

彼はホントにしっかり者です。ず~っとそのお屋敷で働いています。
多くを語りません。

で。彼が・・・車を運転して何処ぞに行く、
っていうシーンが始めの方にあるんですけど。

「なんだなんだなんだ?」っていうと、そこで、何十年前。
(19)30年代に戻るということで。
でここで、彼の頭の中の回想シーンから物語が広がっていきます。

そうです。30年代。
物語はまだそのダーリントン卿っていうのが元気だったときの頃。

なんですけども、なぜかっていうと、その57年の現代っていう設定ではね、
もうダーリントン卿は亡くなって、家族は皆継ぐのが嫌だから
アメリカ人の富豪に売っちゃったっていう!そういう設定なんですよ。




...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。



で、このおうち。

やっぱり人手がちょっと足らないかなってことで、
その30年代に戻ったときにね。

若い女性を、メイドさんとしてお願いするわけです。

ある意味女中さん頭、まぁトップの女中さんということで。
えー仕事は出来るし、中々テキパキしてしっかり者なんだけど気が強いという
そのメイドさんを、お願いしますとキャスティングするわけですよ。

そうすっと、招かれた彼女。非常に良く仕事はするものの、
もぅあんまりにも気が強いしハッキリものを言うしってことで
年~中ぶつかってるわけですよ。スティーヴンスの執事さんと。

「ナンダカナーーヽ( )`ε´( )ノ」って言ってるうちに・・・ねぇ。

もう「憎い」だの「キライ」だの「もぉぉ!」とか言ってるも、
やっぱり、好きのうちかなー?なんてことで
お互いに惹かれ合うようになるんですが。
このお屋敷内で、そういった恋愛ごと。
しかも、同業者と恋に落ちる・・・

もっっててのほか!


執事にとっても、メイドさんにとっても、
優先順位のぜんぜんもうトップトップトップは、お屋敷だろ!
この、貴族だろ!ということで。

「んっ・・・」って。飲むわけですよね。


だけど、そのことがあって、まぁもろもろあって。
そして、回想シーンの素晴らしいところが描かれつつ、
「この二人はどうなっちゃうんだろう?」っていうね。ちょっと怪しそうな。


でもね~、ものすごく上品なんです。


でイギリスの貴族の家という設定です!
背景ももちろん、私は足を踏み入れたこともないような、
上品なその荘厳なね、家具。それからあの、窓だのって。

もういちいちアイテムがもう~~あ~流石貴族だなっ、っていうね。
ブランドなんてもんじゃないんです。
歴史を感じるようなものがいっぱいそこらじゅうにあるわけですけど。

その中で起こることなので、ぜん~ぜんヘラヘラきょろきょろしたね、
青春キャピキャピ(((*´ε` *)(* ´З`*)))
みたいなものはいっっさい無い。

確かに、おじさんおばさん多いです。で、渋いです






...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。





だからこの映画は、監督の素晴らしいその
ジェームズ・アイヴォリーというね、達人ですね

『ハワーズ・エンド』とか『眺めのいい部屋』とか。
まぁ貴族とか上流階級を描かせたら
右に出る方はいらっしゃいませんけど、という!監督さんの代表です。

ほんっとに、ジェームズ・アイヴォリーって、
下品なものを一回も撮ったことないですね。


でそういう監督さんが手がけ、でそこに、アンソニー・ホプキンスの好演があり、
で、エマ・トンプソンの存在感があって、でもう一つです。

とてもとても見事なストーリーの力、っていうのがありますね

ただ、「古くさい」とか。なんか、ね、「熟男熟女ばっか?」なんつって。
だけど、今だから知ってほしいし、その“秀作”とはどういうものなのか
っていうことを、是非これを観て、目を肥やしてほしいなーなんて思うんですけどね。






...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。





で、何が楽しいんだろこの執事は?

御主人様に仕えること。で、みんなを、ね、仕事を、
ちゃんとスムーズに進めること、とか色々あるんだけれども
彼にとっての楽しみ実はあって。


「人生ってのは、楽しまないといけないんだよ」

なんていうセリフが、この映画の中に入ってきました。

「楽しんでたんだ(゚O゚)」って・・・今頃言って(笑)
で、「楽しまないといけないんだ」って言いながらも・・・


「夕方が一番、一日の中でいい時間なんだ」


っていうことを言うわけですよ。

だから『日の名残り』っていうタイトルで。
これカズオ・イシグロさんの言葉かなー?なんて思ったんですけどね。

で、と同時に、

「足を伸ばして、のんびりする。」と。


「夕方が一番。」

夕日が、こう・・・落ちてくるときのタイミングで、
手足を伸ばしてのんびりして
、っていう。

ちょっと今日やってみます?

5時くらいになったら、って感じですよね。


で、「僕はそう思うんだよね」って。

「みーんなにも尋ねてみたんだけども、同じ答えが返ってきたんだよ」って。

人生の中で、一番の黄昏時?ってヘンなんですけど、
やっぱり夕方だったりしますよね。

でも、一日の中でそのいちばーん黄昏れたい時間、っていうのは、
早朝でもなく、お昼でも、午後でもなくやっぱり夕方か、って。
これはみんな同じように思うのかなー、って。

でそうするとそれが何となく、一日が終わってホッとするような、
名残惜しいような、でも明日に向かって、なんか夢をみてもいいような、タイミング?
でそれで、この素敵なタイトルとイコールになって、
彼のセリフが生きてくるのかなーなんて思ったんですけどねー。






...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。




さ、今日は、アンソニー・ホプキンスが主演している
『日の名残り』のお話でした。


あ、そうそうそう、アンソニー・ホプキンスと言えばね、
ちょうど10月の上旬から公開されてるんですけども、あのー・・・
『ブレイン・ゲーム』っていう映画があって。


映画『ブレイン・ゲーム』公式ホームページはコチラ




これ予知能力を持っているという博士なんですよもうベテランでね。
もう現場をリタイアしているという設定の、その犯罪の予知能力って
つまり、その人を見ると、見えちゃうんですよ

過去のことビビビビビビ!

あ、ほんとに怖いですよね本人だから疲れちゃってリタイアしていると、
まぁ「お願いします」とFBIから声がかかってきて、
すごい連続殺人が起きてるんで犯人を、こう、ちょっと、逮捕する。
助けてほしいっていうことで。

で、動き始めると、その相手の犯人。
彼の思った殺人犯っていうのは自分以上の能力を持ってるわけですよ
す~ごい予知能力うわ3倍4倍。

若い、タフ、それで動きも早いし、もっともっとすごい力持って
あ~~~どうする?!アンソニー・ホプキンスのおじさんは!
って。これ面白かったんで良かったら観て下さい
さ!ということで本日はここまで!また来週´ω`)ノノノ





...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。



そしてここで、あなたへのお知らせです。

この番組、「劇場に灯りがともるとき」では、
番組を聞いた感想や、私(襟川クロ)に聞いてみたいことなど、
あなたからのメッセージをお待ちしています。

メッセージをお送りいただいた方の中から抽選で1組に、
各劇場で使える、映画鑑賞券をペアでプレゼントします!


応募される方は、住所、氏名、電話番号をご記入の上、
メッセージを添えて、FMえどがわ「劇場に灯りがともるとき」
プレゼント係宛にご応募ください。

当選者の発表は発送をもってかえさせて頂きます。


■お葉書: 〒133-0056江戸川区南小岩7−13−8

■FAX: 03-5622-7852

■メール: info@fm843.co.jp



たっくさんのご応募、ちょうだい♡

待ってま~す!





« 10月7日 ボディガード | トップページ | 10月28日 天使にラブ・ソングを・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月21日 日の名残り:

« 10月7日 ボディガード | トップページ | 10月28日 天使にラブ・ソングを・・・ »

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ