食と温泉の国オーケストラ☆

 3月25日、「季節は彩りの中で」最後の「ふるさと印鶴岡」でした。

 お話を伺いましたのは「山形交響楽団」企画営業部長後藤純悦さんです。

 「山形交響楽団」といえばあの映画「おくりびと」にも登場しています!

 江戸川区との交流演奏会でもおなじみです。

 しかし、このキャッチコピー「食と温泉の国オーケストラ」は知ってましたか?

 すべての市町村に温泉が有りまた食が豊かな山形ならではのキャッチコピーです。

 全国にオケは有りますがキャッチコピーが有るのは珍しいですね。インパクトが有るので覚えていただけそうです。

 

 

 さて、新型コロナウィルスの影響で県内でもコンサートの多くが中止になる中、本日「庄内定期演奏会」開催予定です。

 ただし、感染予防に万全の配慮をしながらです。

 実は先日、無観客での演奏をインターネットで配信しました。

 世界中から3万人の方が視聴くださったそうです。

 こもりがちになると結構動画をサーフィンする方が多いですね。

 皆さんもしばらくアーカイブでご覧になれますので検索してみて下さい。

 

 また、6月21日日曜日は東京オペラシティにて「さくらんぼコンサート」が行われます。

 こちらでは山形、もちろん鶴岡の物産販売が有ります。

 音楽を楽しんだあとはお買い物。

 リピーターの方も多いそうです。

 チケット販売中。皆さんもいかがですか?

 

 

 word by Rie.T☆

 

 

 

藤沢周平記念館会館10周年!

 出来てまだあまり立たないうちに拝見させていただいたのがついこないだのような気がするのですが...。

 3月18日の放送は「鶴岡市立藤沢周平記念館」館長鈴木さんにお話を伺いました。

 時代劇ファン、また藤沢周平氏の大ファンの方は数々の著書をお読みのことと思います。

 すべての作品が好き、また中でもコレが大好き!など有ることでしょう。

 映画化、ドラマ化されることの多いだけにその世界観を映像で楽しめるのはもちろんですが作品を読めば知らないはずの江戸時代の風景が浮かんでくる...江戸、下町、そして鶴岡の城下町(海坂藩)。

 作品の数々がこんな部屋から生まれてくる!という書斎の再現、原稿や愛用品などぜひご覧いただきたいです。

 記念館のあとは好きな作品の聖地巡礼ですね!

 

 さて、この4月10周年を迎えるにあたって企画が沢山あります。

 4月3日からは特別企画展「橋ものがたり」の世界を開催します。

 江戸の橋を物語にした10篇の短編集です。

 ご存知の永代橋も登場します。

 同じ日に新しいグッズが登場します。

 「橋ものがたり」「蝉しぐれ」をモチーフとした一筆箋です。

 これは売り切れ必至かも!

 皆さんどうぞ予定を立てておでかけください。

 入館時間は午前9時から午後4時半まで。

 大人320円、が癖は200円、中学生以下は無料です。

 休館日は毎週水曜日です。

 

 このところお出かけ控えされている方も多いと思いますが、この機会に藤沢作品に浸ってみるのはいかが?

 本屋さんへGO!

 

 

 word by Rie.T☆

桜の見所☆

 3月11日の放送は鶴岡市観光物産課の小野さんにお話を伺いました。

 通常は4月下旬の開花ですが、今年は早まりそうです。

 オススメは2カ所。

 一つ目は「鶴岡公園」です。

 市街地に有り、アクセスも良くお堀沿いに730本の桜がライトアップされます。

 近隣の到道博物館や大宝館など「映え」ますよ〜☆

 もう一つは「松ヶ岡開墾場」です。

 サムライゆかりのシルクで日本遺産に認定されています。

 樹齢100年と言われる古木が多く養蚕施設の跡などこちらも「映え」ます。

 

 今年はお花見など自粛ムード。

 そこで今年のお花見は「Instagram」でいかがですか?

 鶴岡市観光協会の公式Instagramをフォローして「#鶴岡桜まつり」「#鶴岡桜フォトコン2020」のハッシュタグをチェックすると皆さんが撮った写真を見ることが出来ます。

 もちろん、鶴岡の市街地でご覧になった桜を撮ってこのハッシュタグで写真をアップすることが出来ます。

 そして、これ、「フォトコン」です。

 優秀作品には賞品が有ります。

 詳しくは鶴岡市のウェブサイトで確認して下さい☆

 

 今年はInstagramでお花見。いかがですか?

 

 

 word by Rie.T☆

 

山菜王国つるおか☆

 3月に入りました。

 お出かけに制限を感じるこの頃ですが、まずイベントの延期、中止のご案内です。

 

 あつみ温泉摩耶山新酒まつり 3月7日→4月11日へ

 

 鶴岡雛物語 内容の一部中止(詳しくは鶴岡市のウェブをご覧下さい)

 

 さて、今年は雪が少ない鶴岡市の豪雪地帯でしたがその分雪解けで現れる山菜が採れています。

 これから旬を迎えます20種類もの山菜をお楽しみ頂けますよ☆

 ご出演は「産直あさひ グー」の中里さん。

 オススメの山菜3種をご紹介頂きました。

 こごみ、わらび、孟宗竹です。

 孟宗竹はタケノコのことですね。

 

 4月上旬から1ヶ月ほどの間「山菜まつり」が開催されます。

 店内の棚を山菜が埋め尽くし山菜汁の提供も有ります。ゴールデンウィーク中は毎日提供予定です。

 また、4月12日には「山のごっつおまつり」が開催されます。

 産直の女性組合員の皆さんが旬の山菜などを使って家庭料理を1皿何と100円で提供します。

 

 詳しくは産直あさひグー 0235−58−1455まで。

 

 ただし新型コロナウイルス拡大の影響でイベント内容が変更となる場合が有ります。

 ご了承下さい。

 

 個人的にはこごみの和え物食べたいですね〜☆

 皆さんもいかが?

 

 

 word by Rie.T☆

第3回月の山よさこい祭り☆

 

 2月26日の放送は「月の山よさこい祭り」実行委員長の和田力(ちから)さんにお話を伺いました。

 県内によさこいのイベントが無いという事で悲願の開催から3回目。

 今年は3月29日日曜日9時30分から(16時位まで!)荘銀タクトで開催されます。

 まだ新しいゴージャスなホールで東北など27チームの踊りを楽しみ下さい!

 「月山」という踊りは総踊りになります。みんなで楽しむのがよさこいの楽しいところですね。

 

 和田さんは当初お子さんの付き添いでよさこいを見ていたそうですが今はご自身のチームを率いています。

 今回は東北被災地のチームが参加すると言うことで大人の料金から4分の1を被災地への義援金に充てると言うことです。

 見に行くことで被災地支援にもつながります。

 ぜひご旅行がてらご参加されてみては?

 

 入場料は大人が2000円。学生は1000円です。

 

 当日券も有ります。

 

 皆さんのご参加お待ちしております。

 

 word by Rie☆

新酒まつり☆

 2月12日の放送は鶴岡市温海庁舎五十嵐さんにお話を伺いました。

 「摩耶山新酒まつり」が来月7日土曜日、あつみ温泉朝市広場を会場に行われます。

 その名も「摩耶山」という地域限定のお酒です。

 しぼりたて原酒、にごり酒、本醸造の熱燗、カクテルなど飲み放題前売り1200円。当日券は1500円。

 この飲み放題チケットには抽選券が付いていて特賞は何と「あつみ温泉ペア宿泊券」が当たります!

 温海地域の美味しい食を集めたコーナーも登場、飲みながら楽しめます。

 また、翌日は「酒蔵見学ツアー」が有ります。

 定員28名、お早めのお申し込みを。

 お申し込みやお問い合わせは「あつみ観光協会」0235−43−3547まで。

 

 五十嵐さんのオススメは「にごり酒」だそうです。女性に人気だそうですよ〜。

 

 また、今年の干支は「子」

 温海地域には「鼠ヶ関」が有ります。

 年賀状の消印に郵便局は賑わったそうです。

 「子年」限定のデザインのお酒の販売も有ります。子年の今年は観光へどうぞ☆

 

 そして悲しいお知らせ💧

 先日ご紹介した「月山あさひ雪まつり」は雪不足により中止となってしまいました。来年乞うご期待!

 

 

 word by Rie.T☆

鶴岡雛物語☆

 2月5日の放送は「鶴岡雛物語」について観光物産課下本さんにお話を伺いました。

 3月1日から4月5日まで市内各所でおひな様をご覧いただけます。

 鶴岡は城下町ですので古くしかも豪華なひな人形をご覧頂くことが出来ます。

 お殿様に輿入れしてきた姫君の雛道具は江戸時代のもの。これをきっかけにして庄内地方に雛文化が広まったと言われています。

 さらに注目は「雛菓子」雛あられとは違うんです。

 練り切りで鯛、桃、なすなどおめでたいものをかたどったまるでおもちゃのように可愛らしいお菓子です。

 これをお膳にのせてお供えします。

 市内各所の和菓子屋さんで購入できますのでお土産にどうぞ。

 また、これを作る体験イベント、さらに今年から大人もOK!おひな様衣装の着付け体験も「自分映え」にいかがでしょう?

 

 そして「お姫様」にもなれます。

 令和4年「酒井家庄内入部400年」を記念して『つるおか姫様プロジェクト』が開催されます。

 市内でひな人形を展示しているスポットへ入場し先着順で「お姫様になりたい」と申告して頂くと先着順で缶バッチを頂けます。

 これを付けて関連施設へ行くと年齢、性別(!)問わず「お姫様」と呼んで頂けます(笑)

 人生、王族へ嫁がない限り呼んで頂けません!まして男性は。

 

 皆様も「姫」になりに出かけませんか?

 

 

 

 word by Rie.T☆

もうすぐ王祇祭☆

 1月29日の放送は「黒川能保存会」秋山かおるさんにお話を伺いました。

 黒川能は春日神社に奉納される「神事能」で民族能です。500年以上にわたり氏子達が能を受け継いでいます。

 「王祇祭」は2月1日当屋、民家で催されます。

 上座、下座に分かれ当屋の頭人の長寿を祝うもので夜通し行われます。

 別名「豆腐祭り」とも言われ振る舞いのお膳には「凍み豆腐」、漬物。お酒などが用意されますがそれが女性達の役目となります。

 様々なメニューは上座下座で味付けを違えたり調理の仕方も違いと言うことです。

 資料のメニューを拝見させて頂きましたがどなたが召し上がるのか、によっても違いが有ります。

 精進料理では有りますが彩りの美しいものも有ってお味が気になります☆

 

 王祇祭の観覧はなかなか難しいですが(一般のお宅です)どういう雰囲気か、衣装、面などご覧いただける施設が有ります。

 秋山さんがいらっしゃる「黒川能の里 王祇会館」です。

 ご一報の上見学されると良いと思います。

 0235−57−5310 までどうぞ。

 

 

 word by Rie.T☆

 

 

 

雪☆

 暖冬で雪不足と言われていますが、このお祭りには大いに雪を期待して「月山あさひ雪まつり」「すみだわんぱく雪まつり」をご紹介頂きました。

 2月16日日曜日、鶴岡市朝日地域の月山あさひ博物村が会場です。

 「雪ん子ちゃんに大変身」でみのぼうし、わら靴を履いて雪ん子ちゃんになったり写真を撮ってもらったり、

 「ゴジラ坂けっつすべりコーナー」「巨大クマストラックアウト」「雪上かるた」「かんじき雪歩き体験」など盛りだくさん!

 私のオススメは「冬の月山ダム見学ツアー」ライトなダム女の私にはたまらんイベントです。

 昨年はあっという間に申し込みがいっぱいになりました。参加しないと見られない施設の内部をお楽しみ下さい。

 屋台村では山の幸いっぱいのキジ汁、山菜うどん、またそば処大梵字ではいろりで体を温めながらのあられ煎り体験が出来ます。

 .....ただ、雪が降らないと中止の可能性も!

 雪、降って欲しいですね。

 

 さらに都内でもこの地域の雪を楽しむイベントが有ります。

 2月1日、2日の土日墨田区の「押上公園」で40トンの雪を運んでの雪まつりです。

 例年そり滑りには公園の外まで行列が出来るほど!

 さらに物産の販売も有ります。

 1日の12時くらいからは鶴岡産そば粉の手打ちそばの振る舞いも。こちらは先に整理券をゲットして下さい。

 こちらもお天気が心配ですね....。雪が沢山降ると良いのですが....。

 

 最新情報はウェブサイトなどでご確認を。

 

 雪を楽しむイベント、ぜひ足を運んで下さい☆

 

 

 word by Rie.T☆

 

 

 

 

日本海寒鱈まつり☆

 1月15日の放送は鶴岡銀座商店街振興組合の佐藤さんにお話を伺いました。

 「寒」の時期に取れる真鱈をぶつ切りにして余すところ無く入れる味噌仕立ての汁物です。

 アブラワタと呼ばれる肝臓、白子までたっぷり☆

 1月19日日曜日鶴岡銀座商店街にて1杯600円。ステージイベントや物産展も有ります。

 寒い中ではありますがお泊まりつつお出かけしてみては?

 そして船堀での開催は25日土曜日10時から3時まで限定1200食。お昼前後は行列します!無くなる前にお早めに☆

 他に物産の販売、美味しいものが沢山登場しますよ。

 日本酒も良いですね〜。

 例年ですと羽黒の山伏もホラ貝を持ってやって来ます。写真を撮らせて頂いて大樹画面にすると良いことがあるそうですよ〜。

 

 さらに、両国の駅に隣接している「江戸NOREN」で鶴岡さんの食材を使ったメニューが18日から来月2日まで提供されます。

 つや姫、おそば、日本酒、寒鱈などいかがですか?

 また、期間中の24日から26日まで物産の販売も。ぜひお出かけしてみて下さい☆

«移住、考えてみませんか?