能☆

 6月21日の放送は鶴岡市櫛引庁舎産業建設課小野田さんにお話を伺いました。
 7月29日土曜日、「第34回水焔の能」(すいえんののう)が行われます。
 黒川能は春日神社の氏子達が奉納する神事として行われますが、「水焔の能」は水の上に作られた特設会場で行う上演です。
 国の重要無形民俗文化財の黒川能は500年もの間地域住民によって受け継がれてきました。
 能面は230点、能の演目だけで540番、
 そして今回は「木曽願書」が演じられます。
 何と34年ぶり!
 広い会場でご覧になれますので皆さんもいかがですか?
 前売り券は高校生以上1500円です。当日券は2000円になります。
 会場は櫛引総合運動公園です。
 開演は午後5時から。
 夏の水辺をお楽しみ下さい☆
 詳しくはコチラdownwardleftdownwardleftdownwardleft
 word by Rie.T☆

酒まつり☆

 「酒まつり」....いいひびきですね。
  酒好きの人にはたまらないのでは?
 6月14日の放送は鶴岡食文化創造都市推進協議会小野さんにお話を伺いました。
 7月1日土曜日午前11時から「庄内酒まつり〜やまがた芳醇」が開催されます。
 会場は鶴岡駅よりすぐの「JA全農山形鶴岡倉庫」
 米所鶴岡の歴史有る倉庫ですが、こちらなんと現役です。
 とても雰囲気有りますねdownwardleftdownwardleftdownwardleft
 こちらを会場に庄内18酒蔵の100種以上の酒が試飲できます。
 前売り券は2000円。
 当日券は2500円。
 蔵元さんとの会話を楽しみながらほろ酔いを!
 詳しくはコチラdownwardleftdownwardleftdownwardleft
 そして、食べる派の方はこの日おなじく近隣で「フーデヴァー」がオープンします。
 こちらは四季折々の鶴岡の食文化を紹介するというもので食事処、居酒屋、カフェ、フードコート、産直市場が有ります。
 オープニングイベントも楽しみです。道路上にお店が並びますのでお腹も肝臓も満たして下さい(笑)
 旅行の予定を立ててお出かけして下さいね。
 そしてこれが肝心。
 飲み過ぎ注意!
 word by RIe.T☆

嗚呼、メロン☆

 6月7日の放送は鶴岡市農政課の海藤さんいお話を伺いました。
 皆さんの好きな果物は何ですか?
 私、
 3位 イチゴ
 
 2位 さくらんぼ
 1位 メロン
 一番好きなメロンですがそうそう頻繁に食べられるものでは有りませんよね。
 とにかく値段が高い!
 鶴岡と言えば果物は庄内柿、サクランボとともにメロンが有名です。
 主な品種は定番のアンデス、JA鶴岡ブランドの鶴姫、鶴姫レッドの3種。
 私は特に鶴姫レッドが好きです。文字通り赤肉が特徴となっています。
 さて、鶴岡でもメロンが旬を迎えます。
 そんな中、今年「第3回全国メロンサミット」が鶴岡市の小真木原公園で開催されます。
 昨年はメロンの産地でおなじみの茨城県鉾田市で行われました。
 何と、ワンコインメロンの食べ比べ、メロンスイーツのふるまいなど夢のようなイベントです。
 メロンの産地は14、それぞれのメロンをお楽しみ頂けます。
 メロン好きな方はぜひ7月9日日曜日、鶴岡まで!
 鶴岡駅から会場までの直通バスも出ますよ。
 詳しくは
 「全国メロンサミット実行委員会」
 0235−25−2111(鶴岡市農政課)まで。
 また、6月29日、30日木曜、金曜は西葛西駅前で「鶴岡の観光と物産展」が有ります。
 メロンの販売が有りますのでぜひお出かけ下さい☆
 word by Rie.T☆

日本酒☆

 5月31日の放送は鶴岡のベンチャー企業「WAKAZE」社長の稲川琢磨さんにお話伺いました。
 「WAKAZE」を漢字にするのなら「若勢」「和風」
 稲川さんの日本酒に関する思いが伝わってきますね。
 日本酒は和食に...というスタンスが近年変わって来ています。
 フレンチに、イタリアンに、いろんな場面で飲む機会が増えていますがまだまだという思いからクラウドファンディングで作られたのが「ORBIA」(オルビア)です。
 研究を重ねたレシピにて渡井酒造さんが作ったという逸品。
 気になる方ぜひお試しを!
 海外から日本国内のフレンチ、イタリアンのお店でも召し上がれます。
 濃い味に対抗できるよう酸味に特徴が有るそうですよ。
 オンラインもどうぞdownwardleftdownwardleftdownwardleft
 そして、東京営業所が明日から新たにスタート。
 二拠点にて更なる取り組みが期待されます。
 また、新しい日本酒の開発も.....!
 どんなものが出来上がるか、乞うご期待☆
 word by RIe.T☆

犬です☆

 巨大魚、イカときて次は犬です。

 5月24日の放送は「大山観光協会」会長の遠藤武さんにお花愛を伺いました。
 6月5日に「大山犬まつり」が開催されます。
 このお祭りは椙尾神社の裏山に出る化け物を退治した「メッケ犬」をお祭りするもので300年以上の歴史が有ります。
 「からぐり山車」は高さ5メートル!
 昔は15メートル有ったと言いますが....大きなものです!
 犬神輿、文福茶釜などの行列をお楽しみ下さい。
 また、酒どころの大山ですからお酒の振る舞いも!
 お問い合わせは「大山観光協会」まで。
 詳しくはコチラをdownwardleftdownwardleftdownwardleft
 また、区内のお祭りでは鶴岡の物産をお求めください。
 28日日曜日は「新田地域ふれあいフェスティバル」「中央地域まつり」
 6月3日の「環境フェア」でも出店しますよ☆
 word by Rie.T☆

ばらとイカ☆

 5月17日の放送は温海庁舎産業建設課五十嵐さんにお話を伺いました。
 「あつみ温泉ばら園まつり」が6月11日日曜日に開催されます。
 ステージでのライブやオープンカフェ人力車も登場します。
 90種約3000本のばらをお楽しみ下さい。
 そして、6月18日日曜日は鼠ケ関港にて「うまイカ干しイカイカまつり」!
 今、イカが高い!無い!
 この時期に贅沢なお祭りですね。
 イカ汁、イカ飯、イカの一夜干しなどイカづくしをお楽しみ下さい。
 他にスルメのラケットでやる卓球、イカ墨書道(筆もイカ)などもお楽しみ頂けます。
 コチラも参考にdownwardleftdownwardleftdownwardleft
 word by Rie.T☆

幻の巨大魚☆

 5月10日の放送は鶴岡市朝日庁舎佐藤さんにお話を伺いました。
 5月28日日曜日「第32回タキタロウまつり」が大鳥川の特設会場にて開催されます。
 「タキタロウ」とは、幻の巨大魚!
 いるのか、いないのか?
 downwardleftdownwardleftdownwardleft
 このように調査も行われました。
 いや、いる!いるんでしょう!
 体長2メートルから3メートル?
 いや、いますよ!きっといる!
 しかも美味しいらしい!
 さておき、お祭りは楽しい催し盛りだくさんです。
 魚のつかみどりやツリークライミングなど自然に親しむ良い機会ですよ。
 詳しくはコチラをdownwardleftdownwardleftdownwardleft
 そしてこの地域ではもう一つ、「六十里越街道トレッキング」が5月より11月まで10回開催されます。
 ガイド付きのも有りますので詳しくはお問い合わせを。
 佐藤さんは紅葉の時季がおすすめだそうです。
 もちろん今は新緑の時期、フィトンチットを吸いに、またマイナスイオンを浴びにお出かけ下さい。
 詳しくはコチラdownwardleftdownwardleftdownwardleft
 .......タキタロウはいます!(多分)
 word by Rie.T☆

サイエンスパーク☆

 4月26日の放送は「YAMAGATA DESIGN株式会社」広報の長岡太郎さんにお話を伺いました。
 元国営放送の記者という長岡さん、鶴岡に惚れ込みこの道へ。
 会社の創業者、そしてその原型のプロジェクト鶴岡市と山形県が年間数億を投資してきた慶応大学先端生命科学研究所の誘致、研究、ベンチャー企業の支援、すべて鶴岡市に惚れ込んで出来上がった組織です。
 以前放送でもご紹介した人工のクモの糸を作った企業、マザーズに上場した「HMT」など世界に誇る研究開発が行われています。
 こうした企業の急成長を町づくりで支えるのが「YAMAGATA DESIGN」。
 2018年夏に企業、開発に携わる人々のため、また観光客、地元の人にも活用してもらう宿泊複合施設と子育て支援施設が誕生します。
 観光や食といった面だけでなく、こうした未来的な発展が著しい鶴岡。
 来年夏が楽しみになって来ました。
 新しい鶴岡の側面の発展をどうぞ注目して頂きたいと思います。
 ホームページもチェックを☆downwardleftdownwardleftdownwardleft
 word by Rie.T☆

藤島で藤☆

 4月29日の放送は鶴岡市藤島庁舎成澤さんにお話を伺いました。
 鶴岡公園をはじめとした桜の名所を全て回ろうとされている成澤さんは見頃の今週は花見三昧になりそうです。
 そして桜の後の花と言えば「ふじ」
 藤島地域では「ふじの花まつり」が5月13日、14日、藤島体育館の屋内運動場で開催されます。
 藤の盆栽の展示、さらにはミニコンサートなども行われます。
 他にも団子の販売、各地の物産の販売も有ります
  昨年からはじまった「スイーツウォーキング」は藤の花めぐりとお菓子屋5店舗によるお菓子を食べながらのウォーキングは楽しそうですね。
 ご興味の有る方は「ふじの花まつり実行委員会」まで。
 0235−64−2229 です。
 word by Rie.T☆

もうそう☆

 「もうそう」....「妄想」ではありません(笑)
 「孟宗」です。
 いわゆるタケノコ。
 鶴岡ではタケノコを「もうそう」と呼びます。
 タケノコの消費が日本一ではないかというほど皆さんはタケノコ好きで地物が出る前は日本各地のタケノコがスーパーに山積みになるそうです。
 それは伝統料理「孟宗汁」が有るから。
 今日は湯田川温泉観光協会の太田さんにお話を伺いました。
 太田さんは「つかさや旅館」の若女将。
 そして孟宗竹がたくさん採れる時期にはタケノコづくしのお料理もお出しするそうです。
 もちろん「孟宗汁」も。
 タケノコをメインにした酒粕と味噌せしたてた汁物ですが、これが皆さんの大好物!
 ぜひ現地で味わってみてください。
 朝のタケノコ堀りも体験できます。
 時期は4月下旬のGWくらいから。
 お問い合わせは湯田川温泉観光協会まで。
 0235−35−4111
 予約はお早めに☆
 word by Rie.T☆

«5月のお出かけ☆