移住しませんか?

 9月14日の放送は移住イベントについて鶴岡市企画部地域振興課畠山さんにお話を伺いました。

 

 私共都内、しかも23区内に暮らしていると人混みがもういや!なんて感覚ありますよね~。

 窓を開けたらすぐとなり。常に喧騒の街....。ああ、静けさがほしい!

 

 そうでなくてもコロナ禍。

 

 移住を決める人は多いようです。

 

 25日日曜日、有楽町東京国際フォーラムにて「ふるさと回帰フェア2022」が開催されます。

 全国から350の自治体がやってくる国内最大級の移住イベントです。

 

 行ってみたい場所、興味ある場所、そして住んでみたい場所のブースへ足を運んでみましょう。

 もちろn鶴岡市のブースもあります。

 ステージでは地方移住者初心者向けセミナー、そして日本全国ふるさとマルシェも開催です。

 

 入場無料、予約不要!

 

 10時から午後4時半までです。

 

 そして山形に特化した「くらすっべ山形移住・交流フェア」が10月9日日曜日、東京交通会館で行われます。

 もちろん鶴岡市のブースも。

 予約不要、入場無料、プレゼントも!

 こちらは11時から午後5時までです。

 

 詳しくは「前略鶴岡に住みマス」で検索を☆

 

 

 

 word by Rie.T☆

 

 

 

 

荘内大祭☆

 8月が終わると夏が終わった感がありますね。

 これを記している今は夏の終りを告げる雨が、いえ、台風の影響の雨です。

 

 さて、季節は秋へ。

 放送は「荘内大祭」についてです。

 

 荘内神社は明治10年の創建、一つの時代が終わったあとも殿様であった藩主酒井家を愛する地域の皆さんの思いからお城跡の鶴岡公園内に作られました。

 今年は酒井家入部400年という節目の年。

 いつも秋に行われている「荘内大祭」はますます盛り上がります。

 10月8日には記念式典、そして9日がお祭りです。

 

 参勤交代を模した大名行列は只今参加者募集中です。

 お殿様のみ年齢制限がございますが(当時の殿の年齢)ご興味ある方は要チェック!

 

 もちろん式典から様々な催しをお楽しみください。

 酒井家入部400年という記念の年なので徳川四天王もやってきます!

 

 徳川四天王とは、歴史の授業でお馴染みですよね!

 

 徳川四天王(とくがわしてんのう)は、安土桃山時代から江戸時代初期に、徳川家康の側近として仕えて江戸幕府の樹立に功績を立てた酒井忠次本多忠勝榊原康政井伊直政の4人の武将を顕彰した呼称。

 以上、Wikipediaより。

 将軍様もいらっしゃいます。

 世が世なら庄内藩に将軍様と井伊家、本多家、榊原家の当主が集まるなんてありえない光景です!

 江戸の人が見たらぶっ飛びます(笑)

 

 このお祭り、見たい方は早めにお宿の手配が必要ですね。

 秋のご旅行にいかがですか?

 

 

 

 word by Rie.T☆

SEADS(シーズ)☆

 だだちゃ豆が店頭でも売られるようになって今年はもう5回は食べています(笑)

 そして先日新たに、

 

20228morai2

鶴岡市東京事務所伊藤所長さんより頂戴しました!

20228_20220825113701

早速家に持ち帰り、茹でて..................

 

......。

 

あっ

 

......写真撮るの忘れた!

 

......そうなんです。

 

忘れてCANNOT STOPです!

 

食べ終わってから思い出しました。すみません......。

 

皆さんも旬のうちにどうぞ☆

 

さて、8月24日の放送は鶴岡市立農業経営差h養成学校、SEADSの話題です。

次の入校生を募集中です。

 

SEADSは有機農業をはじめ持続可能な農業の技術、経営を座学と実習を通じて学びます。

鶴岡市の他地元JA、大学、高専、高校、民間企業など産学官8者で連携しながら研修から就農、就農後の支援に至るまでサポートしています。

 

学校は閉館した旅館、宿泊は月額1万円!研修生の負担を抑えるようにしています。

 

2年間のカリキュラムの後のサポートもあるので安心です。

 

詳しくは「鶴岡市 シーズ」で検索を。

 

募集は10名です。

 

卒業後の就農は鶴岡市で5年以上などなど条件は様々ありますが新規就農を目指す方にはおすすめですよ!

 

 

 

word by Rie.T☆

郷土料理教室☆

 お盆休みですね。

 私は特にどこ行く宛もなくワクチン接種してこれからフィーバーするところです。

 なんとなく頭がぼんやりしてきました....。

 

 さて、友好都市鶴岡市の夏の名物だだちゃ豆はもう食べましたか?

 今年の初は郷土料理教室でいただきました。

 

 正しい茹で方で甘くて香り良い、さらに美味しいだだちゃ豆でした☆

 

 8月4日、木曜日、清新町コミュニティ会館で行われた郷土料理教室は、鶴岡食文化創造都市推進課の佐藤さんを先生に行われました。

 メニューは、

 だだちゃ豆の塩ゆで

 だだちゃ豆ごはん

 丸なすの味噌田楽

 なんぜんじ豆腐(冷奴)

 おまけの味噌汁

 

 まずはだだちゃ豆から。

 お米を研ぐようにこのように洗います。

 だだちゃ豆の特徴である毛を洗い流します。

 

 20228

 

 だだちゃ豆の塩ゆでは沸騰したお湯に短い時間で火を通すべく素早く、そして茹で上がったらすぐに冷やす!旨味を閉じ込めて予熱で柔らか    くしないように気をつけます。

 

 冷やしてさらにまだ冷やす。

 20228_20220813160201

 先生と同じ課の鈴木さんがうちわで扇いで冷ましております。

 

 半分はそのまま食べて、もう半分は薄皮のついた状態でボウルに取り、ごはんにします。

 

 ごはんはつや姫にお酒、醤油、昆布、そして佐藤家流サラダ油を少々(ツヤ出し)で炊きます。

 炊きあがったごはんにだだちゃ豆を投入して蒸らします。

 20228_20220813160601

 

 こんな感じです。

 こちらの調理室はガス釜なので短時間でふっくらふんわりそして後入れにも関わらずだだちゃ豆の良い香りが!

 

 他の材料です。

 20228_20220813160701

 

 こちらではあまり見かけない丸なす。

 20228_20220813160702

 多めの油で揚げ焼きに。

 冷奴はなんぜんじ豆腐です。

 京都で南禅寺豆腐を頂きましたが四角でした。

 鶴岡のものは、ドン!

 20228_20220813160901

 パックにお椀型の豆腐が2つ。

 夏しか作られないお豆腐です。

 絹のようになめらかで木綿のように弾力も有ります。

 今までに食べたことのない食感のお豆腐です。

 20228_20220813161101 

 

 ナスに味噌ダレをつけて完成です!

 

 だだちゃ豆ごはんは今スーパーでも売られるようになってますから、みなさんもぜひ作ってみてくださいね☆

 

 料理講習は今後も続きます。

 みなさんもぜひご参加くださいね☆

 

 

 

 

 word by RIe.T☆

灯籠流し☆

 7月27日の放送は鶴岡川端商店会代表、荘司淑子(しょうじよしこ)さんにお話を伺いました。

 歴史ある川端商店会はもともと内川沿いにあったそうで「川端」現在は移転して町中に有ります。

 毎年内川では旧盆に灯籠流しが行われます。

 このところコロナ禍でかいさいできませんでしたが今年は久しぶりに賑やかに開催されます。

 灯籠流しの歴史は100年以上とされ今年は150流します。

 当日内川の鶴園橋のたもとから3時から受付を行います。スタートは7時半。

 ご覧になるのは自由です。

 この他、きつね踊り、露店、マルシェ、音楽イベントも開催。お盆に旅行にお出かけの際にはぜひご参加を。

 

 ところで荘司さんは村上屋旅館を経営していらっしゃいますがこのコロナ禍では大変だったとのこと。

 今年は赤川花火大会の開催で花火の日は満室とのことです。

 このお盆の時期の宿泊には観光に便利なので拠点にいかがでしょうか

 たびに楽しみの一つは食事ですが、夏は岩ガキ、そしてだだちゃ豆が楽しみです。

 

 海に山に、お参りにイベントにぜひ☆

 

 

 

 word by Rie.T☆

花火☆

 コロナ禍でゲリラ的にしか見られなかったりしたここ数年の花火。

 今年の赤川花火大会は開催!!!

 

 いやあ、待ってました!

 ただし、また感染者が爆増しているのでまた都民はお出かけしづらい環境になっています。

 

 今年の赤川花火大会は全席チケット制です。

 

 チケットを購入、または無料席も予約しておけば会場での三密は避けられるかもしれません。

 事前にお求めを!

 

 8月20日土曜日19時30分から 赤川河畔が会場です。

 

 例年1万2千発ですから見ごたえありますね!

 

 会場に行けない、という場合は生配信が有ります!

 

 ぜひお家で楽しみましょう。

 

 お問い合わせは 0235-64-0701

 

 そしてウェブサイトもチェックしてください。

 

 過去の映像はYou Tubeなどで御覧くださいね☆

 

 

 

 word by Rie.T☆

 

 

水焔の能(すいえんののう)☆

 今年は酒井家入部400年記念の年のイベントが多く行われている鶴岡市。

 今年は櫛引総合運動公園で行われる「水焔の能」もその一環として行われます。

 民族芸能である「黒川能」は500年以上前から春日神社の神事能として氏子の手によって伝えられてきました。

 約240戸の氏子が上座と下座に分かれて年ごとに交互に行われます。

 今年は上座で能「河水」(かすい)と狂言「瓜盗人」(うりぬすびと)です。

 「河水」は珍しい演目で古代中国で竜女とその婿が国を救うというもの。

 「瓜盗人」は案山子に扮した畑の主と瓜を盗もうとする盗人を滑稽に描くものです。

 どちらも面白そう!

 8月6日土曜日櫛引総合運動公園の特設水上野外ステージでの開催です。

 鶴岡駅と会場を結ぶ無料シャトルバスも有ります(要予約)

 チケットは前売り大人2000円。

 鶴岡市櫛引庁舎産業建設課まで。

 0235-57-2115です。

 後日予約券を郵送、当日お支払いとなります。

 7月29日金曜日までです。

 旅行の手配とともにお早めに☆

 

 

 word by Rie.T☆

国宝五重塔ライトアップ☆

 猛暑でお疲れの皆さん。

 メロンはいかがですか?

 水分たっぷり、甘みたっぷり、ビタミンB、カリウム、夏に必要な要素が色々含まれています。美味しいだけじゃないんです。

 

 鶴岡市東京事務所所長さんから今年も庄内砂丘メロンが届きました!

 

 202273

 「メロン三昧」という3種類がセットになったものです。

 左が見切れていますがおなじみのアンデス、真ん中が青肉の鶴姫、右が鶴姫レッド。

 どれもお味が違うんです。

 アンデスは皆さんご存知の味。鶴姫はそれを上品に爽やかにした甘み、レッドは赤肉であの夕張メロンのようなメロンです。

 

 20227

 

 家に1玉いただきまして目安の食べごろに沿って切ってみました。鶴姫レッドです。

 これが一番好きで、夕張メロンみた~い☆

 そして、こちらは放送局で切ってみました。

 20227_20220707114801

 

 青肉の鶴姫です。

 実は目安の食べごろを3日過ぎていたのですが、これが大正解!

 

 20227_20220707114901

 

 甘いの美味いのジューシーで口の中が幸せに!

 

 皆様もいかがですか?

 「だだぱら」で検索して通販で買えるんです。

 この夏、ぜひ美味しいメロンを!

 

 さて、放送は国宝羽黒山五重塔ライトアップです。

 平将門創建とされる1372年室町時代のものです。世界が認めたミシュラン杉並木の中いきなり現れる五重塔。

 国宝なのにむき出し?

 お山に守られているのですね。

 五重塔というと豪華絢爛でカラフルなイメージを持つ人が多いと思いますが素木造りで景色に溶け込むようです。

 

 この五重塔を7月16日から10月16日までの毎週土曜、日曜、祝日に、そして8月のお盆期間ライトアップを行います。

 時間は時期で変わりますのでウェブをチェックしてください。

 拝観料は有りませんがこの時期協力金を高校生以上500円頂戴しますが限定手ぬぐいをいただけます。

 また、ライトアップの日の限定御朱印があります。

 5のつく日の8月15日、9月25日、10月15日の金の御朱印も素敵です!

 

 ライトアップに合わせてプロジェクションマッピングの予定もあります。

 

 この夏のご旅行は羽黒山へいかが?

 

 

 

 word by Rie.T☆

月山筍(がっさんだけ)☆

 筍の季節はもう終わってしまった感がありますがどこかの道の駅などで小さな細い筍を見かけたことは有りませんか?

 根曲がり竹なんて言われる筍の一種です。

 鶴岡では「月山筍」といいます。

 月山周辺で採れたものだけを呼びますが標高の高いところ、そして霊峰、さらに登山道が開かれなければ行くことができない季節限定物。

 採るのにも大変な苦労があります。

 筍の収穫といえば朝。つまり位中ヘッドランプをつけての山登り、雪渓の中数時間歩き日の出の頃に採取、何十キロのリュックを背負い山を降りる...。

 大変貴重なものです。

 天然物の前は栽培ものが出回ります。大変苦労されて確立した技術ながら天然物は更にサクサクしてみずみずしく味は格別とのこと!

 

 そして来月中頃にはもう採らないという暗黙のルールがあります。

 来年のために親竹を残す、また虫が入りやすくなるなど昔ながらの知恵ですね。

 

 食べるなら、今でしょ!

 

 鶴岡へ行けば飲食店でメニューに登場中。

 通販も可能です。

 お話を伺った遠藤さんは三歳のプロ!「山菜屋.com」のウェブサイトを御覧ください。

 美味しい食べ方も載ってます☆

 

 

 word by Rie.T☆

料理教室☆

 本日はお知らせが2つ。

 まずは「鶴岡の観光と物産展」が再開です!

 7月7日と8日の二日間です。

 7日木曜日は午前10時から午後8時まで。

 8日金曜日は午前10時から午後4時まで。

 西葛西駅前での開催です。

 おなじみ玉こんにゃく、漬物、お菓子などが登場します。

 おそらくこの季節ならではというものも登場しそうですね!

 

 そしてもう一つ、同じ日の開催となるのが「鶴岡の郷土料理教室と試食会」です。

 鶴岡の食と食文化を紹介する「つるおかおうち御膳」が出版から10年以上経ち改訂版が出版されることになりました。

 リニューアルを記念しての料理教室です。

 メニューは「夏イカのもんぺ焼き」と「なすの鍋焼き」です。そして「だだちゃ豆ごはん」

 イカになす、夏の食材ですね!

 まだ季節は早いですがだだちゃ豆ごはんはみんな大好き☆

 

 7日は午後6時から、7日は御膳10時から葛西区民間講座講習室で開催となります。

 材料費はおひとり500円。

 定員は20名です。

 お申し込みはお電話で 0235-35-1185(平日午前9時から午後4時半まで)

 または「鶴岡 食文化」で検索して専用の受付フォームからどうぞ。

 

 おまけにもう一つ!

 7月9日土曜日正午からは「鶴岡地元就活応援セミナー」がタワーホール船堀で開催。

 鶴岡市内14社がやって来ます。就職、転職をお考えの方、ぜひお越しを!

 

 

 word by Rie.T☆

 

 

«鶴岡の観光情報☆