焼畑あつみかぶ☆

 9月です。夏の野菜より秋のものが気になり始めますが、

 いや、まだまだ!

 

 20219

 

 これがラストだだちゃ豆かな?

 

 これから茹でて食べるところです。

 今年もありがとう!

 また来年!

 

 さて本日の話題は「焼畑あつみかぶ」です。

 種まきが真夏の8月。

 これだけでも暑いのですが、斜面で育てます。これは管理や収穫も大変!

 まだそれだけではありません。

 種まきの前に斜面を焼きます。真夏の焼畑です。

 もちろん山火事など怒らないよう注意を払って行います。そしてまだ煙立つ中の種まき!

 これは暑いし熱い!

 在来野菜である「あつみかぶ」は400年以上も前からこうして守られてきました。

 焼畑には意味があって地中の腐葉土を約事で土の中のミネラル分が増加する作用が働くそうです。

 つまり天然の肥料です。

 収穫は10月。

 主に漬物にします。甘酢漬けですね。

 鶴岡の物産販売ではおなじみですが今年もコロナ禍で手に入れにくい状況ですね。

 秋の味覚のお買い求めも含めぜひ通販でどうぞ。

 道の駅「あつみ」しゃりん 0235-44-3211です。

 ここ2ねんほど食べて無いよという皆さん、いかがですか?

 

 

 word by Rie.T☆

 

 

 

就農の学校☆

 9月のはじめの放送は「SEADS」について。

 ヤマガタデザイン株式会社の白幡さんにお話を伺いました。

 「SEADS」とは「鶴岡市立農業経営者育成学校のことです。

 昨年4月に一期生がスタート、「有機農業をはじめ持続可能な農業の技術、経営座学と実習を通じて学ぶ」がコンセプトです。

 鶴岡市の他、JAや大学、高専民間企業など産学官8者が締結する協定に基づき学校運営から就農前後までサポートするシステムです。

 校舎は閉館となった旅館をリノベした施設、宿泊使用量は月1万円。授業料年12万円の2年制。非常にリーズナブルです。

 また自己負担は有るものの夕食の提供も始まりました。いたれりつくせりですね。

 鶴岡市ですからお米はもちろん枝豆、メロンなど、冬はネギなど年間を通して学びます。

 ここまでサポートが有るところは珍しいかも!新規就農を考えている方にはオススメですね。

 さて、2期生の募集が始まっています。

 募集人員は10名。

 研修終了後5年以上鶴岡市に定住、就農する意思が有ることが応募資格となります。

 ご興味有る方は「鶴岡市 シーズ」で検索☆

 また、12日日曜日池袋サンシャインシティで「新・農業人フェア」にリモートで出店予定です。こちらも合わせてどうぞ!

 

 

 word by Rie.T☆

cocon(古今)☆

 昨日、4回目のだだちゃ豆会を行った高橋です。

 セオリー通り茹でたあと冷やさずにすぐ食べてしまうのは仕方ないです。だって早く食べたい!

 さて、8月最後の放送は山王商店街「cocon」(古今)の富樫あい子さんにお話を伺いました。

 coconは古い町家を改装した複合ショップです。

 検索して見ていただくとちょっと凄いです!

 古いお醤油屋さんだったということで雰囲気が!中には15お年ほど前の所も有るそうです。

 実は富樫さんには2019年このcoconができたてのときお話を伺いました。

 当時は富樫さん自身が家業であるだだちゃ豆農家ではじかれただだちゃ豆を利用したお菓子を販売していましたが多忙から今は色々な方がお菓子やパンを販売しているそうです。

 そしてコーヒー屋さんやお花屋さんは変わらず、他にレンタルスペースでヨガやマッサージ、整体、座談会やYouTubeの公開収録など活用の幅が広がりました。

 古い町家のあの雰囲気の中でヨガやマッサージなんてリラックスしそうですね。

 また、さいきんは地域の若者たちと襖の張替えや大掃除もやるそう。

 すっかり地域の憩いの場になったようですね☆

 コロナ収束後、鶴岡に行かれた際にはぜひお立ち寄りを♪

 コーヒー飲んであの町家の雰囲気をお楽しみください☆

 

 

  word by Rie.T☆

この夏何回イケるかな?

 夏の食卓に2~3日に一回は登る枝豆。(我が家では)

 飲兵衛じゃなくとも子供だって大好き!

 そして枝豆の王様といえばやっぱりだだちゃ豆。

 私の第一回だだちゃ豆の会はこちら。

 20218_20210823153201

 スーパーで出会って購入。

 残念だったのが冷蔵ケースにはいっていませんでした(涙)

 でもスーパー自体がキンキンに冷えていたので、

 20218_20210823153401

 十分に美味しかったです!

 やはり香りがちがうんだよね~。

 そして第2回。

 20218_20210823153501

 ありがとうございます!

 鶴岡市東京事務所からご厚意でさくらんぼ、メロンに続きいただきました☆

 20218_20210823153701

 局でスタッフといただきましたがこれまた香りと旨味が~!

 朝どれをすぐに茹でて食べるのが一番美味しい食べ方と聞いていましたが現地に買付に行く方の気持ちわかります。

 もっと美味しいわけですから!

 さて、第3回は我が家でその晩。

 20218_20210823154101

 沸騰して3分。

 香り!凄い!

 20218_20210823154201

 いただきま~す☆

 いや、あっという間にペロリ。

 一人一袋では足りないくらい美味しい!

 さて、この夏あと何回イケるかな?

 まだまだ食べたいな~☆

 

 

  word by Rie.T☆

 

 

 

 

 

 

 

次回の旅行の予定は...

 さて、少し遅れてのupになってしまいましたが、

 鶴岡市東京事務所から頂戴した鶴岡の砂丘メロン「メロン三昧」

 ラストを飾る「鶴姫レッド」です。

 赤肉が特徴でまるであの夕張メロンのよう!

 断面がこちらです。

 20218

 はあああ!

 ジューシーー!

 熟すまで待ちました!水分たっぷり☆

 そして、

 20218_20210812141601

 いただきま~す☆

 いや甘い!美味い!

 今年はもうメロンに思い残すことなし!

 ごちそうさまでした☆

 

 では8月11日の放送です。

 庄交トラベル東京営業部の國井さんにお話を伺いました。

 東京営業部が西葛西に有るんです。

 旅の手配って結構面倒くさいですよね。

 鶴岡へ旅行の際にはおまかせしてしまうのはどうでしょう?

 交通から宿泊まで現地本社の地の利で良い旅ができそうです☆

 さて、今回は湯殿山のご紹介でした。

 おなじみ出羽三山の一つ、「生まれ変わりの旅」の「未来」を司るのが湯殿山です。

 丑年が御縁年で今年行けば12年分のご利益になります。

 湯殿山神社へ詣でたら庄交トラベル運営の参籠所で季節の精進料理を頂く、さらに湯殿山は恋の山、縁結びのパワースポットだそう!

 女子は「恋の山守り」を購入することもお忘れなく!

 

 コロナが収束したら雪に埋もれてしまう前にぜひ旅へ出かけてくださいね。

 お問い合わせは「庄交トラベル東京営業部」

 03-6240-5533まで。

 

 ちなみに湯殿山は聖域です。

 中では写真を撮ることが出来ません。

 土足も厳禁です。

 そして中の様子を話すこともNG。

 高橋も行ったことが有りますが、これ以上は言えません(汗)

 

 

 word by Rie.T☆

だだちゃ豆☆

 8月8日は「だだちゃ豆の日」

 だだちゃは方言でお父さん、88でパパの語呂合わせとだだちゃ豆がさやに2粒という見た目の特徴と生産の盛りで有ることなどから美味しい記念日が産まれました。

 だだちゃ豆を食べると他の枝豆の味が薄く感じることが有ります。

 香り、そして旨味が強く感じられるのが特徴で鶴岡では産直がにぎわっているそうです。

 鶴岡の在来作物で限られた地域で生産されています。

 この種を東京で植えてもあの味にはなりません。大切に守られてきた在来種でありながらさらにその地域の気候や土地でないとだだちゃ豆は出来ないんです。

 スーパーで見つけたらラッキー!と思って毎年3~4回は食べてます☆

 ただ、やはりその日の朝に収穫されたものをその日のうちに食べるのが理想です。

 現地に買いに行けるようになるといいですね。

 スーパーで買うときは冷蔵してあることが条件です。さらに粒ぞろいが良く新しいみずみずしいものを選ぶと良いそうです。

 さあ、今年も食べるぞー!

 みなさんもビール片手にぜひ!

 確実に手に入れるにはお取り寄せをどうぞ。

 「だだぱら」で検索を☆

 

 

 word by Rie.T☆

クッキングスタジオ☆

 最近、ステイホームで料理に凝る方が増えているそうですが、昔なら料理本。

 ちょっと前ならネット検索。そして今は「動画」

 動画も先生の顔が写ったりYouTuberの顔が写って「ほーら」というよりは料理する手元を目線で見られるというのが分かりやすい!

 時代は変わりましたね!

 7月28日の放送は鶴岡駅前に出来たばかりのショッピングモール「エスモール」内のクッキングスタジオの川島さんにお話を伺いました。

 こちらの特徴は動画配信ができること!まだ新しいおしゃれなカフェのようなスタジオで動画配信が出来てしまうんです。

 教室内にもモニターが有るので先生の周りにみんなが集まって覗き込む必要もありません。

 先生の目線でモニター確認が出来ます。

 コロナ禍ですから先生が東京にいて鶴岡で学んだり逆もまた出来ますね。

 コロナ収束後はこのスタジオを使ったツアーを考えていらっしゃるそうです。

 例えば食材を収穫→料理→食べる

 これもまた楽しみですね。

 ユネスコ食文化創造都市鶴岡ですから四季それぞれの美味しい食材はもちろん、料理の仕方も特徴が有りそう。

 早くそんなツアーに参加できるようになるといいですね!

 スタジオのYouTube動画が有りますので「エスモール クッキングスタジオ」で検索して様子をチェックしてみてくださいね☆

 

 word by Rie.T☆

 

メロン☆

Photo_20210729142101

 

 鶴岡からメロンが届きました!

 今回も鶴岡市東京事務所の所長様より頂戴いたしました!

 熟し具合を見ながらその時に居合わせたラッキーなスタッフとともに頂いてます!

 中には3種類のメロンが入っております。

 まずはおなじみアンデスメロン。

 Img_3607

 切ってみましょう!

 Img_3617

 

 はああああ!

 正に果物の王様!

 1日3食メロンでいい!

 この色味と熟し具合を見たら味の説明はいりません!

 さて、他の2つ。

 Photo_20210729142701

 これが鶴岡のオリジナル。鶴姫と赤肉の鶴姫レッド。

 切ります。

 ドーン!

 Photo_20210729142801

 あまあま~♪

 こちらは鶴姫。土用の丑の日ですがもうこれで大満足☆

 もう一つは食べごろがこれから♪

 切ったときにお見せしましょう。

 私はレッドが一番好きです。

 いつもの味のアンデス、爽やかな甘みの鶴姫、レッドはあの夕張メロンによく似てるんです。

 みなさんもいかがですか?

 店頭で見当たらないいときはお取り寄せが確実。

 「だだぱら」で検索すると3つセットの「メロン三昧」というのがありますので食べ比べできるこちらがおすすめですよ☆

 ごちそうさまでした☆

 

 

 word by Rie.T☆

 

 

 

赤川花火大会☆

 コロナ禍でイベントは中止というのが最近では当たり前になってきましたが、オンラインで楽しむというのもこのところの新しい生活スタイルです。

 21日の放送は赤川花火実行委員会委員長佐藤さんにお話を伺いました。

 例年通りの開催としては✗。

 でも7月23日から30日間に渡って1日30発午後7時半から1~2分程度の打ち上げがあります。

 会場は赤川河川敷と松ヶ岡開墾場の2ヶ所。いつ、どちらかは実行委員会のSNSをチェック!

 ただし会場はどちらも観覧席やトイレなどは用意が無いということで、ご近所の方はチラ見、我々遠方の者はオンラインで!

 

 赤川花火大会の公式YouTubeチャンネルで生配信します。

 お早めにチャンネル登録しておくといいですね。

 今年はコロナ収束と頑張っている方たちへの応援メッセージと共にハンビを打ち上げます。

 来年はいつもの花火を楽しめますように期待と祈りを込めてご覧くださいね。

 

 ところでこのところ私は動画で花火を楽しんでいます。

 江戸川区花火大会、赤川花火大会、検索すると沢山あるので4K映像のものがオススメです。

 ビールと枝豆を用意して楽しんでみてくださいい☆

 

 

 word by Rie.T☆

国宝がピンクに?!

  7月7日の放送は国宝、羽黒山五重塔ライトアップ貢いてお話を伺いました。

 平安時代、平将門建立と言われる五重塔、キラキラした装飾や色もなくあたりの杉林に溶け込む木造建築は逆に荘厳さを感じさせてくれます。

 コロナ禍で昨年はお休みしたライトアップが今年は開催される模様です。

 街路灯などない羽黒山を提灯を借りて石段を登ります。(ワクワク)

 10分ほどで五重塔に到着。道も所々ライトアップするので心配ありません。

 映えな写真や動画を取れそうですね!

 そして、もっと映えな時を狙っていくとピンク!やレインボウ!のライトアップがあります!

 ピンクはピンクリボン運動の時期に合わせて、レインボウに関しては羽黒山観光協会のサイトで確認を。

 https://hagurokanko.jp/p4993/

 拝観料は基本は無料ですが協力金として高校生以上500円。

 ご支援者には丑年御縁年限定手ぬぐいをプレゼント!

 期日はウェブサイトでご確認ください。

 また、7月25日から毎月5のつく日には特別御朱印の用意があります!

 以前、金の御朱印がバズリましたがこれもまた気になりますね!

 

 東京は再び緊急事態宣言下に入りますが、解除後の8月には旅行できるといいですね☆

 

 

 Word by Rie.T☆

 

«YouTuber登場!