« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

鶴岡冬まつり2011

 今年の最終放送は鶴岡市東京事務所の渡邊さんのお話

 第26回「雪の降るまちを」鶴岡冬まつり2011についてです。

 現在は音楽祭から始まり(先週ちょっとこのブログに掲載しました)

 新酒まつりに寒鱈まつり、雪灯篭祭りと一月、二月に渡っての様々なイベントです。

 旧鶴ヶ岡城址公園、鶴岡公園疎林広場、大宝館、などをライトアップ

 2月6日には鶴岡音楽祭でオペラを楽しみ、

 1月23日には合唱祭

 1月16日には寒鱈まつり

 鶴岡市銀座商店街が会場です。

 どんがら汁は一杯500円。めちゃ美味いんですよね

 二万人の来場者があるそうです。

 東京では2月11日船堀にて開催予定です。

 後日の放送で内容を チェック

 新酒まつりは2月12日4軒の酒蔵で(加藤喜八郎、出羽の雪、羽田酒造、富士酒造)

 新酒を楽しめるイベントです

 2月27日は金峯山雪灯篭祭り

 150基の灯篭に点火式を行い、夜通しの行事をして山開きが始まります。

 皆さんも予定をたてて是非お出かけ下さい。

 所で、

 

もういくつ寝るとお正月...ですね

 そこで鶴岡のお雑煮について調べて見ました。

 基本は焼いた丸もち(庄内は京都の影響を受けているんですね。普通関東以北は

 角餅ですから)

 味はしょうゆベース、からとりいもの茎、仕上げに岩ノリです。

 からとりいもは鶴岡の在来野菜の茎を干したもの。煮物や和え物に使います。

 そして具材は、ごぼう、ねぎ、かまぼこ、しいたけ、うすあげ、にんじん...

 などが使われるようです。

 因みに大晦日には納豆汁を作るそうでこちらの中身は

 鶏肉、かまぼこ、ねぎ、厚揚げ、岩ノリ。

 そしてすった納豆を入れます。

 これ、納豆好きならたまらないですね

 食べて見たいです

 因みにもう一つ、大晦日の年越しそばですが冷たいおそばをいただくそうです。

 来年はおばこ餅で庄内風(?)雑煮にチャレンジしてみようかな

 皆様来年もこのブログ見てくださいね



 

 

週末はスキー日和!

 本日のパート2

スキー日和という事は鶴岡は雪模様の予想が出ています。

スキーやスノボにお出かけの際はその雪の降りっぷりにも注目

高英男さんの歌う「雪の降るまちを」ってご存知ですよね。

「ゆ~き~のふ~るまちを~」ってあれです。

この歌を作曲されたのは中田喜直さん。

鶴岡の冬の思い出がモチーフになったんです。

他に「夏の思い出」「ちいさい秋みつけた」「めだかの学校」など

学童唱歌としてもおなじみの歌を数々産みだされました。

そのエピソードについて鶴岡市観光連盟のホームページに紹介がありました。

時は昭和27年。中田氏は地元音楽愛好家の菅原喜兵衛氏の家に向かうため

夜遅く鶴岡駅から馬そりに乗ります。

その夜は風もなく雲の合間から上弦の月がのぞき、

遠くに月山、近くには金峯母狩の雪に包まれた山並みが見え、

雪の影が鮮やかで月の光から舞い落ちてくる雪の花びらが

暖かい頬に触れては消え...

う~ん...凡人でも一句読めちゃうような素敵な光景だったんでしょうね...

鶴岡公演疎林広場には記念のモニュメントがあります。

鶴岡駅ロータリーには記念碑もあります。

また、2月には「雪の降るまちを」に因んだ音楽祭があります。

「鶴岡音楽祭」は会場全員が参加して「雪の降るまちを」を大合唱します。    

詳しくは http://www.tsuruokakanko.com/season/fuyu/onngaku.html

スキー場がオープンしてます!


 さて、本日の放送はスキー場情報
 もうオープンしてますよ

 鶴岡市内には5つのスキー場があります。
 
 湯殿山スキー場
 最長滑走距離2000メートル。ボードパークもあります。
 初級者から上級者まで
 3月31日まで
 現在積雪70センチ

 羽黒山スキー場
 初心者、ファミリーから中級者まで
 国民休暇村が隣接。宿泊にオススメです。
 12月23日オープンで2月28日まで

 たらのきだいスキー場
 庄内平野と日本海が見渡せる大パノラマ
 リフトは一本ですがナイター有り
 12月25日オープン2月28日まで

 あつみ温泉一本木スキー場
 ファミリー向けのコンパクトなスキー場
 初級者から上級者まで
 12月25日オープン2月27日まで

 八森山スキー場
 Tバーリフトで気軽に楽しめます。
 12月29日オープン2月28日まで

 スケート場もあります。屋外ですよ。
 
 小真木原総合運動公園内、よこ60メートル縦30メートル
 アイスホッケーの競技も行われています。
 
 ウィンタースポーツは鶴岡で

 

 

寒い日は温泉ですね。

  本日の放送は鶴岡市東京事務所の渡邊さんのお話

 鶴岡には日帰り入浴を楽しめる所がたくさんあります。

 今日はおススメの六ヶ所をご紹介していただきました。

 ①立岩(たていわ)海底温泉

 海底1500メートルから掘ったという温泉で国道7号線温海のドライブイン内。

 日本海ビューです

 ②長寿温泉

 鶴岡市街地、硫酸性塩泉で多く汗をかけるそうです。ダイエットにも?

 営業は朝6時から。出勤前の入浴を楽しむ人もいるそうです。

 ③くしびきゆ~Town

 一階は鉄分の多い茶色いお風呂。お肌がつるつるになるそう。

 ニ階は鉄分を抜いた無職のお風呂です。

 こちらは赤川ビュ―です

 ④かたくり温泉ぼんぼ

 ぼんぼはかたくりの花のことだそう。

 朝日地域熊出にある温泉で朝日連峰がすぐ望める場所。

 あっさり泉質で若干ぬるめ。ゆっくりつかりたいですね。

 ⑤やまぶし温泉ゆぽか

 こちらは羽黒地域。

 大きな岩の露天風呂と日本庭園の入浴は殿様気分

 出羽三山ビュー

 ⑥長沼温泉ぽっぽの湯

 ナトリウム塩化物強塩泉。肌荒れに効果有り。    庄内平野の真ん中で冬の田園風景が広がっています。   いかがでしょうか。入浴は400円とお手頃。      皆さんも是非お出かけください。     さて、私は以前湯野浜温泉を楽しむことができました。   一泊でしたが3回入りましたよ  宿泊したのは湯野浜温泉洋風旅館花門という所。   フレンチのフルコースは庄内、日本海の幸いっぱいで、     特に女性におススメなおしゃれなお宿です。   すぐ近くに日本海。夕日がきれいですよ   この冬の旅にいかがですか?   詳しくはこちら   湯野浜温泉 洋風旅館花門

お雑煮が食べたい!


 本日の放送はJA鶴岡園芸特産課販売係 栗田さんの御出演でした。
 ご紹介は荘内おばこ餅
 餅米100%杵つき
 美味しい要素がてんこ盛りです。

 お得なセットもありますので今年のお正月は是非
 庄内風の雑煮についてもお話を伺いましたが
 味はしょう油、中の具材が油揚げやからとりいもが入るとか...
 仕上げには岩のりをかけるそうです。

 材料を揃えてチャレンジしてみたいですね。

 
 さて、クリスマスムード一色の12月日なんで、
 今日は鶴岡のイルミネーションの話題をお届けしましょう、

 12月17日金曜日から来年2月6日日曜日まで
 鶴岡冬まつりが開催されます。
 
 様々なイベントがあるんですが今日はイルミネーションだけ。
 
 会場は鶴岡公園疎林広場(雪の降るまちを記念モニュメント)
 大宝館(鶴岡公園)
 旧西田川郡役所(致道博物館)

 点灯時間は16時30分から22時まで
 年末年始はオールナイトです。

 詳しくはコチラ
 鶴岡冬まつり

酒!


 本日の放送は鶴岡市東京事務所の山伏、
渡邊さんにお話を伺いました。
 鶴岡の冬の風物詩「松の勧進」です。
 山伏の最高峰松聖が年末の「松例祭」に向けて浄財を募るという...
 ホラ貝を鳴らしながら町中を練り歩くそうです。

 「松例祭」は出羽三山のお祭りで羽黒山山頂で行われます。
 新年の豊作や家内安全を祈願します。
 皆さんもお出かけ下さい

 以前から言ってますがここ、絶対、
 パワースポットですから

 出羽三山神社 0235−62−2355


 さて、日本酒の話題です。
 
 私の知人が一切アルコールを飲みませんが日本酒なら大丈夫というんです。
 アルコール物を取ると舌がしびれたり、ぶつぶつが出来たり大変だそうですが、
 日本酒だけは大丈夫?
 何で?
 それは添加物だと言う事なんです。
 日本酒の材料を考えればなるほど
 基本水と米でしょう?
 ただ、それも作っている会社にも寄るそうです。
 信頼できるメーカーなら間違い無し...と。
 
 実は私もアルコール類が得意ではありません、
 見かけは一升瓶の似合いそうな女ですが
 心臓がドキドキしたり頭痛がしたり、いい事無いんです。

 その話しを聞いて鶴岡に行った時に色々な日本酒を飲んで
 わかりました。
 全然具合が悪くないんです。
 
 きちんとしたメーカーが丁寧に作っている物に間違いは無いんですね
 
 鶴岡にはいくつかの酒造会社があり水良し、米所なので
当たり前のように地酒は美味しいんです
 
 私の飲んだ物をいくつか紹介しましょう。
 ソムリエのようなコメントは勘弁ね
 表現できる程まだ飲んでません

 富士酒造の「なまいき」
 亀の井酒造の「くどき上手」
 (ラベルがエロ!)
 羽根田酒造の「羽前白梅」

 もっと色んな物を飲んでみたいですね

 写真は頂いた富士酒造の「有加藤」です。


2010112718260000

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »