« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

大山犬祭り!


 本日は 鶴岡市と江戸川区の友好都市盟約30周年という記念の年。

 広報えどがわ5月20日号に記事が載っていますのでご覧下さい

 そして5月20日といえば鶴岡市では「天神まつり」が行われています。

 通称「化けものまつり」

 皆さん酔っぱらっているのではないでしょうか

 楽しいパレードは二時から

 さあそして本日の放送は「大山犬祭り」のご紹介でした。

 『犬山大祭り』じゃないですよ。「大山犬祭り」です

 因みに私の姪っ子はピアノを習っていて、弾いてみたい曲リストを作り張り出しているんですが、

 英雄とか革命とかラカンパネラだとか生意気な事が書いてある中に一つこんな物が...

 『小太りのワルツ』

 ...どんなワルツですか

 点の位置には注意です

 で、「大山犬祭り」

 昔話から来ているお祭りです。

 化け物を退治した犬に因んでのお祭りで5メートル程の高さの山車が登場したり、

 (電線を持ち上げながらやるとか

 100人もの行列等お楽しみがたくさん

 そして大山と言えば酒蔵のある地区。

 振る舞い酒もあるようですよ。

 皆さんもぜひお出かけ下さい。

 6月5日日曜日 椙尾神社の例大祭です。

 お問い合わせはおおやま観光協会

 0235−33−3214まで

田植えのシーズンです。


 本日のお話は「稲作り」です。

 毎日食べているお米ですがその手間は『米』という字を分解して八十八と言われています。

 大変な作業です。

 その手間ひまこそが美味しいお米の秘密なのかもしれません。

 庄内では「はえぬき」「コシヒカリ」「ひとめぼれ」「つや姫」などの品種がおなじみ。

 猛暑の影響でお米の状態があまり良くなかった昨年、つや姫は一等米比率が98%と、

 美味しいだけでなく強い事も証明されました。

 今はきれいな鏡のような田んぼは6月には緑色に

 これからの季節、皆さんもぜひごらんになって頂きたいと思います

 江戸川区では5年生が稲作りの勉強をしますが鶴岡の苗を植えます。

 おいしいお米の秘密と作る事の大変さ、どちらもしっかり学んでいつものご飯をより美味しく食べてもらいたいですね

化けものになってみませんか?


 鶴岡市では現在化けものを募集しております。
 我こそはという方、どうぞ「鶴岡天神祭」へお出かけ下さい。


 いや,ホントですよ

 5月25日水曜日「鶴岡天神祭」が開催されます。

 このお祭りの主役は化けもの様といってもいいでしょう

 編み笠、派手な長襦袢、男女の区別も難しいへんてこなスタイルは身を隠すため。

 学問の神様菅原道真が太宰府へ配流されたとき、道真公を慕う人々が時の権力者を憚り、顔を隠して

 密かに酒を酌み交わし別れを惜しんだという言い伝えから来ています。

 このスタイルで酒を振る舞い。パレードをします

 そして,衣装は天神祭実行委員会で無料で貸してくださるそうです。

 子供みこしや、大絵馬のパレードも

 詳しくは天神祭実行委員会 0235−25−2111(鶴岡市役所観光物産課内)

 さて、本日の放送でもう一つ「ふじの花まつり」をご紹介しました。

 田植えの始まるこの時期が丁度見頃だそうです。

 ふじの花の盆栽やふじの花を見て回る「ふじの花まつりウォーク」、

 そして、会場にはカフェが作られ人気のチーズケーキも登場

 5月13日金曜日から15日日曜日の開催です。

 是非お出かけ下さいね お問い合わせは

 ふじの花まつり実行委員会 

 0235−64−2229まで

観光と物産展


 5月7日土曜日、8日日曜日、

 「元気あふれるまち 安全、安心の友好都市鶴岡市発観光と物産展」が開催されます。

 いつもの物産展とはちょっと違う物産展です。

 観光コーナーには温泉地のアドバイス

 初日7日は庄内神社の宮司によるお祓いも

 いつもの特産品の他に揚げたての蒲鉾、(ホタテや筍も

 春ならではの山菜の浅漬け、月山の水、お米の販売、野菜等も

 東北復興祈願という今回の物産展。ぜひ足を運んで下さい。

 5月7日土曜日は午前11時から19時まで

 5月8日日曜日は午前10時から16時まで

 西葛西駅南口広場です。

 
 所で先日の船堀でのイベントで購入した美味しい物

 生そばと生むぎきりです。

 20110424

 早速茹でて頂きました

 見てくださいこのつや


20110430
 喉ごしがとても良いんです〜

 生はいい

 因みにこちらも

20110424_2
 とちの実を使った大福とかりんとうです。

 シンプルなお味ながら香ばしさがとても良いです

 かりんとうは全然油っこくないんですよ。これはオススメ

 次の物産展で是非チェックを

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »