« 雪! | トップページ | 鶴岡寒鱈まつり東京会場 »

鶴岡の味覚

 
 2月11日土曜日はいよいよ「寒鱈まつり東京会場」です

 そこで今回の放送は鶴岡市現地で頂く味覚をご紹介しました。

 寒鱈汁を食べるには「四季の昼御膳」です。

 飲食店9ヶ所で行われていまして冬は寒鱈汁2500円です。

 また、寿司店5ヶ所で行う「寿司御膳」というのもあります。

 旬の味覚をいただきたいですね〜

 こちらは12日までとなっていまして予約が必要です。

 鶴岡市観光物産課 0235−25−2111

 また、コチラもおすすめ

 鼠ヶ関港で水揚げされた魚を使った「華紗姫御膳(はなさきごぜん)」

 市場に出回る事の少ない幻の魚「ノロ」「ハナタラシ」(何と言うネーミング!)を鼠ヶ関3店舗で提供しています。

 ノロとはノロゲンゲの事、全長30センチ、ゼラチン質で体が覆われています。

 ハナタラシはアンコウカジカとも呼ばれガンコと言います。

 どちらも天然コラーゲンがたっぷりなんです

 女性には最高の食材ですね

 お値段は2500円、ただし、幻の魚ゆえ水揚げされなかった場合はありません。

 コチラは逢莱塾へお問い合わせを

 0235−43−3547

 幻の魚気になりますね...

 とりあえずはこちらも貴重寒鱈まつり東京会場の行われる2月11日は船堀駅前TOKIビル前広場へ足を運んで下さい

 


 

« 雪! | トップページ | 鶴岡寒鱈まつり東京会場 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴岡の味覚:

« 雪! | トップページ | 鶴岡寒鱈まつり東京会場 »