« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

観光と物産展

 9月26日水曜日の放送は10月の観光と物産展について。

 今回の目玉は早稲品種ではありますが庄内柿です

 庄内柿は「平種無し柿」という品種でその名のごとく平で種が無く皮も剥きやすくて食べやすいもの。
 鶴岡で品種改良され、元々渋柿なのを食べ方を開発して甘くしたのも鶴岡なんです

 皆さんもぜひ召し上がれ

 参考までに

http://www.city.tsuruoka.lg.jp/601500/page455.html

 また、まにあえあば新米も「つや姫」がきますよ

 蒲鉾づくり80年の老舗「竜泉 滝川」からその場で揚げる蒲鉾

 今年できたばかりの『ドラゴンロール』は食べ歩きの出来る形でパンとすり身を揚げたもの。

 素料限定で登場します。

 さらに「佐徳」の漬物にだだちゃ豆ご飯の素。

 名物の玉こんにゃくも

 食欲の秋、ぜひ庄内の秋の味覚でお楽しみ下さい。

 鶴岡の観光と物産展は

 10月11日木曜日 10時から19時
 10月12日金曜日 10時から16時まで

 東京メトロ東西線西葛西駅南口広場です

秋のイベント!

 9月19日の放送は鶴岡市東京事務所 鈴木泰行さんにお話を伺いました。

 テーマは「まつり」

 来月の江戸川区はおまつりがたくさん有ります。

 友好都市鶴岡市が参加するのは3つ。

 まずは10月7日日曜日「第35回江戸川区区民まつり」

 何と100名のスタッフで臨むそうで美味しいものの期待が...

 大鍋の芋煮、玉こん、おなじみの漬物各種、日本酒、ワイン、新米に野菜、果物...

 買い物袋は大きい物を

 さらに、ステージでは「庄内藩三役奴振り」の披露。

 長さ3メートルある槍を投げ渡す所作など見所満載の伝統芸能です。

 ブース周辺では「天神祭り」に登場する化け物様が日本酒や餅の振る舞いをします。

 私も以前化け物様にお酒を頂いた事が有ります!その姿に注目!

 次に10月14日日曜日「第37回葛西まつり」

 物産の販売です。

 旬の農産物、海産物、ワイン、日本酒...

 秋の味覚をぜひお求め下さい

 同日にある「小松川平井ふるさとまつり」

 特産品の販売の他ステージにも注目

 鶴岡藤静会による「花笠踊り」をお楽しみ下さい。

 鶴岡藤静会は22回目の参加です。

 お近くのお祭りへぜひ足を運んでくださいね

秋の味覚!

 9月12日水曜日の放送は、「秋の食べ物」ブドウとお米について

 鶴岡市では櫛引地域で何と60種類ものブドウを作っています。

 新しい品種や変わった物も沢山有るんです。

 そんな中から3つ紹介を頂きました。

 まず1つ目

 「マニキュアフィンガー」
 その名の通りマニキュアを塗った指のような形と色が特徴です。
 楕円形で赤紫、皮ごと食べる事ができぱりっとした食感と甘みはリンゴのような風味だそう。

 参考までに
 http://www.ja-town.com/shop/g/g26020100000705/

 「瀬戸ジャイアンツ」
 名前の通りの大粒で皮ごと食べられます。サクサクした食感で果肉はゼリーのよう。
 柔らかい甘みで酸味がほとんどありません。

 「シャインマスカット」
 皮ごと食べられ濃厚な甘みと芳醇な香りが特徴。

 もちろん定番の巨峰やピオーネもあります。
 色々試したいですね

 次にお米!新米です。
 
 「ひとめぼれ」から稲刈りがスタート、今週あたりから「はえぬき」、そして「つや姫」へ

 東京ドーム3200個分の田んぼが一面黄金色きれいでしょうね

 暑さにも強い「つや姫」は今年も美味しく出来上がっているでしょうね。

 新米、楽しみです

 さて、その新米やブドウが手に入るチャンスが9月27日木曜日神楽坂の毘沙門天前で

 行われます「くしびき産直」

 午前9時から午後4時までです。

 おなじみの玉こんにゃくや梨の販売も有りますよ

 JR飯田橋駅から神楽坂を登って5分程、ぜひお出かけ下さい。

 成澤さんの今日のお言葉

 「うるがして たいでみたけど めっこまま もってね さげって なっても く!」
                      
 『米浸し   炊いてみたけど 芯残る  もったいないから  絶対  食う !』

 米所ならではのお言葉でした

食文化創造都市

 先日日テレの「鉄腕DASH」で鶴岡市の砂丘メロンとだだちゃ豆が紹介されてました。生産風景や収穫風景を見たのは初めて 
 美味しそうでした〜
 
 さて,9月5日水曜日の放送は、そんな美味しい物にまつわるお話、「食文化創造都市」について。

 「食文化創造都市」とはユネスコが設けた創造都市ネットワークの食文化部門。

 文化庁のモデル事業として加盟の為に様々な事が行われています。

 まずは「鶴岡食文化クリエイティブフォトコンテスト」

 鶴岡市内の農林水産物、料理、料理が振る舞われている場、料理に関する物、(行事や祭り、生産風景)の写真の募集です。

 応募資格は小学生以上、締切は10月30日まで。最優秀賞は1点で賞金5万円

 そして「鶴岡食文化女性リポータープロジェクト」

 こちらは首都圏の女性が対象です。

 10月13日、14日の1泊2日で山ブドウの収穫体験や「アルケッチャーノ」での食事を通じて口コミやブログ、フェイスブックなどで情報発信をしてもらうという物です。

 美味しい体験 女性の方、応募されてみては?

 私が行きたいぞ

 お問い合わせは
 
 鶴岡市役所 政策推進課 鶴岡食文化創造都市推進協議会 

 0235−25−2111 まで

 さあ、そして成澤さんの本日のネタ

 「らんきなて 赤かぶ こぐはな くでさげや はやして 漬ける かぶら漬け」
                     
 『がむしゃらに 赤かぶ 抜くのは 食べたいからさ 切って漬込む 温海かぶ漬け」

 物産店でもおなじみ赤かぶは鶴岡の伝統野菜の一つ、食べた事の無い方はぜひ鶴岡市へ

 

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »