« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

食欲の秋ですね。

 10月31日水曜日、ハロウィーンの日の放送は「つるおか在来作物3days

in  Tokyo」のご紹介でした。
 在来作物とは「ある地域で、世代を超えて、栽培者によって種苗の保存が続けられ、特定の用途に供されてきた作物」の事を言います。
 山形には沢山の在来作物が有り、庄内では70、鶴岡で50、そしてそのうちの20種類がかぶだそうです
 有名なだだちゃ豆もそのうちの1つです。
 今回行われるイベントでは首都圏29店舗で11月6日から30日までそれぞれの店舗が選んだ3日間、鶴岡の在来作物を使用したメニューを提供します。
 その中からいくつかご紹介します
 このじょ(この間という意味)神田
  6〜8日
  この期間に限らず庄内の食材を使用した郷土料理を提供
 Daedoko(台所という意味)
  12〜14日
  山形の食材を利用した和とイタリアン
 フクモリ
  15〜17日
  3つの旅館が共同プロデュース、カフェ兼軽食
 サンダンデロ 銀座山形のアンテナショップ2階
  期間中ずっと
  おなじみ奥田シェフ監修のお店
 Yudero191 東京駅1階ノースコート
  期間中ずっと
  コチラも奥田シェフプロデュース
 LA SORA SEED(ラソラシド)ソラマチ31階
  23〜25日
  コチラも奥田シェフ監修
 メニュー、価格等は店舗によって違いますので詳細はそれぞれの店舗で
 また。11月6、7日は総合文化センター前で「食文化の祭典」が有りますが
 鶴岡のブースも出店します。ブースでチラシも配布しますのでぜひ脚を運んで下さい。
 お問い合わせは

郷土料理の講習会が有ります

 新米の季節ですね。

 ふふふ...ついに我が家にも
 Img_3484
 ほんの少しですけどね。美味しく頂いてます
 さて、10月24日水曜日の放送は「郷土料理講習会」ご案内でした。
 鶴岡市にはたくさんの郷土料理が有ります。
 例えば今の季節の芋煮、春は孟宗汁などなど...
 今回は「アケビの味噌炒め」「ハタハタの湯揚げ」他6品です。
 アケビは皮の部分を使用します。
 そしてハタハタは焼いたり煮たりではなく茹でてだいこんおろしと
 醤油でさっぱり頂くというもの。
 つや姫と一緒に頂きます
 講師の先生は農家民宿を営む小野寺美佐子さん。
 
 そして会場では「つるおかおうち御膳」の販売も。
 2011013111090000
 こちらの料理の監修にも携わっている方なのでレシピに関する質問も受け付けて下さるそうです
 
  日時 11月17日土曜日午前10時30分から午後1時まで
  会場 グリーンパレス
  参加費 2000円(つや姫1キロ、赤かぶのお土産付き)
  お申し込み 往復はがきに住所、氏名、電話番号を記入の上鶴岡市東京事務所まで。締切は11月2日金曜日必着です。応募多数の場合抽選となります。
 
 または広報えどがわ10月20日号をご覧下さい。
 さて、成澤さんの本日のお言葉は食べ物に関するものでした。
「くてくっちゃ くいたでなねほど おおごっつぉ んめものばりでも あどかんね」  
                     
『食べてくれ 食べきれない程 ごちそうだ 全部旨いが もう食えん』
 贅沢な悩みでしょうか?
 

歴史と藤沢周平の世界

10月17日水曜日の放送は、鶴岡市東京事務所、鈴木泰行さんに二つの展示を紹介して頂きました。

 まず一つ目、
 「新徴組〜江戸から庄内へ、剣客集団の軌跡」
 新撰組は江戸の治安維持活動がお役目、新徴組もまた浪士から生まれた集団です。戊辰戦争にも加わり、明治期には松ヶ丘の開墾にも携わったそうです。
 その新徴組の誕生から終焉までを紹介し保管されていた弾薬箱やローマ字で書かれた隊旗の展示等歴史に興味の有る方にオススメです。
 会場 鶴岡市郷土資料館
    0235−25−2525
 会期 1月14日まで
    9時30分から午後5時までとなります。
    (月曜が休館日)
  二つ目、
 「藤沢周平記念館特別展示 藤沢作品と庄内」
 庄内の情景や食べ物等の紹介です。
 また、作中に登場する庄内藩士のたしなみ、磯釣り、鳥刺しは実際に使われた道具の展示も行います。
 自筆原稿や資料の方言ノートの展示も!
 ご興味有る方は是非おいで下さい。
 参考までに
 特別展は来年3月頃までの予定です。
 入館時間は9時から4時30分まで
 入館料は大人300円です。
 お問い合わせ 0235−29−1880
 歴史にじっくり浸る趣味の秋もいいですね。
 もちろん読書の秋も。
 そんな旅にお出かけしてみては?
 

婚活イベント 11月の戦!

 10月10日水曜日の放送は「婚活イベントと東京事務所の紹介」でした。

 ここでは「婚活イベント」をピックアップします
 「婚活は戦いだ
 ....スミマセン、先日岡本太郎記念館で爆発した藝術を見て来た影響です。
 そうはいってもやはり婚活は戦いなんです。
 
 でも最近はぐっと引いたざっくばらんな感じの婚活が増えています。
 今回ご紹介頂いた婚活もそんな感じです。
 『チェックするべき所はしっかりと見られて、なおかつ美味しい、またはリラックスも出来る』婚活です。
 まず一つ目
 11月17日土曜日17時30分からの
 「足湯でゆったりナイト」
 あつみ温泉の足湯チットモッシェでのイベント。
 カフェでオードブルとスイーツと足湯を堪能できてビンゴゲームまで有ります。
 男性はこの季節に女性の「脚」を間近でチェックする事ができちゃうんです。
 (笑)
 ただしこちらは男性参加は鶴岡市在住の方のみとなります。
 募集は女性のみ(25〜49歳)15名です。もちろん独女の方です。
 二つ目
 11月18日日曜日15時からの
 「料理de婚活 byアル・ケッチャーノ」
 藤島の産直『楽々(らら)』が会場です。
 奥田シェフに藤島だいこんという伝統野菜を使った料理を教わり作り、アル・ケッチャーノの料理とともに頂くというイベント。
 男性は女性より1時間前に集合し講師を招いてのセミナーが行われます。
 女性との接し方をしっかり学んだあと本番を迎えるわけです。
 そして、料理の現場では男女ともチェックポイントが沢山!
 まず女性の料理の腕前、男性の逆亭主関白ぶりがしっかりわかっちゃいますよね!
 対象は20〜50歳の独身者
 お問い合わせは
 「足湯でゆったりナイト」
  鶴岡市温海庁舎 総務企画課 0235−43−2111
 「料理 de 婚活 by アル・ケッチャーノ」
  鶴岡市藤島庁舎 総務企画課 0235−64−2111
 まで
 さあそして成澤さんの本日のお言葉
「エアコンな こげで だめだ で とぉ あげれ あげでも さんび で とぉ
                              たでれ 」
                    
「エアコンなんか 凍えて だめだ 戸を 開けろ 開けても 寒いや 戸を
                              閉めろ 」
 温度調節が面倒な季節ですね
 
 

大産業まつり&月山ワインフェス

  10月3日水曜日の放送は鶴岡市東京事務所鈴木さんにお話を伺いました。

 イベント2つのご案内です。
 まずは「つるおか大産業まつり」
 地元農産物、海産物の販売の他お米の品種当てクイズに、木工体験、銅板を使った折り紙?作り、市内の企業などによる展示。
 地元高校による海産、農産物の加工品販売、小型ラジコンを使っての災害時探索車操縦体験、さらにはミス・ワールド日本代表とかわいい庄内空港のマスコットキャラクター「まめうさ」がやってきます。参考までに
  www.airpo.net/tokudane/tohoku/shonai/1956/ 
 
 10月20日土曜日午前10時から午後4時
 10月21日日曜日午前9時30分から午後3時
 会場は小真木原公園です。
 そして「月山ワイン新酒まつり」
 山ブドウを使用したワインの新酒、ヌーボーです
 ワインとジュース飲み放題が1500円
 ジュースは山ブドウ100パーセントですよ
 甘酸っぱくて目に良さそう
 またキノコ付きBBQは3000円です。
 あらかじめ申し込みが必要です。
 月山あさひ博物村 0235−53−3411へどうぞ。
 10月21日日曜日午前11時から午後2時まで
 会場は道の駅 月山あさひ博物村
 他にもジュースしぼり体験やワインの利き酒大会、秋の味覚の販売も有ります。
 美味しいイベント沢山の鶴岡市、ぜひお出かけの予定を立ててみてください
 

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »