« 観光と物産展 | トップページ | 日帰り温泉 »

松の勧進

早いものでもう師走なんですね...。

 師が走るんですよ!忙しなくなって参りました。
さて、12月5日の放送は、「松の勧進」でした。
 「松の勧進」というのは出羽三山の冬の峰という100日に渡る山伏修行の集大成の神事、「松例祭」の主役を務める「松聖」二人が、「松例祭」のための浄財を募るというものです。
 12月中旬まで市内を、
 「羽黒さーん、松のかんじーん」とホラ貝を吹きながら廻ります。
 師走の訪れを告げる風物詩です。
 浄財を頂いたら,天下泰平、国土安穏、五穀豊穣をお祈りします。
 そしてその浄財は大晦日の「松例祭」に使われます。
 精進した「松聖」二人がどちらが神に近くなったかを競い、古式に則り、
 藁でできたツツガムシを燃やし、新年の豊作や家内安全等を祈願します。
 「松例祭」を見た後はそのまま羽黒山の出羽三山神社へ初詣へ。
 
  雪の季節、幻想的な風景の大晦日とお正月をお楽しみ下さい。
 ちなみに山伏修行に興味の有る方、毎年8月26日から7日間、「秋の峰入り」という修行に参加する事が出来ます。
 締切は毎年5月末だそうです。
 ただ、修行は厳しく、内容は他言無用!
 お問い合わせは出羽三山神社 0235−62−2355 まで
 さて、成澤さんの本日のお言葉
 「としょり わらうな いぐみちだ わげもの わらうな きたみちだ」
                      
 『年寄り 笑うな 行く道だ   若者  笑うな  来た道だ  』
 おっしゃる通り!
 ではまた。
 
 

« 観光と物産展 | トップページ | 日帰り温泉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松の勧進:

« 観光と物産展 | トップページ | 日帰り温泉 »