« 地域おこし | トップページ | 雪まつり »

鶴岡寒鱈まつり東京会場

 1月30日の放送は「鶴岡寒鱈まつり」の話題です。

 寒の間に水揚げされる「真鱈」を使った庄内の鍋料理、どんがら汁。
 どんがらは胴殻から来た言葉で身を取った後のアラの事を言います。
 アラといっても食べる所は沢山有るんですよ。
 一般的な作り方は寒鱈の身とどんがらをぶつ切りにしてざっと熱湯をかけ、昆布で取っただし汁を沸騰させた鍋に入れ煮込みあぶらわたと呼ばれる肝臓と味噌で味を決めます。
 白子もたっぷり入って椀に盛ったら仕上げに岩のりをたっぷりかけて召し上がれ
 新鮮だからこそ美味しい鱈は現地から直送です。
 例年お昼過ぎには売り切れてしまうのでお早めにお出かけ下さい。
 2月11日(祝)午前10時から午後3時まで
 会場は都営新宿線船堀駅前TOKIビル前広場です。
 どんがら汁は1杯500円。
 また、会場では物産の販売も有ります。
 おなじみの玉こんにゃく、揚げたてかまぼこ、地酒も有りますよ。
 
 つきたてのお餅の振る舞いも有ります。
 ぜひお出かけ下さいね。
 さて、恒例のどんがら汁の無料券を5組10名の方にプレゼントします!
 応募はメール、ハガキ、FAXで。
 〒番号133−0056
 東京都江戸川区南小岩7−13−8
 FAX  03-5622-7852
  メール info@fm843.co.jp
 締切は2月6日水曜日まで。
 たくさんのご応募をお待ちしています。
 さて、今日の成澤さんのお言葉は庄内の気候についてです。
「やばちぐで ほしておいだな おどでんな こげ さぶぐでは とんと ひね」
                       
『濡れたので 干しておいたの おとといに こんなに 寒くちゃ 全然 
                                乾かず』
 鶴岡の冬は湿度が有るため晴れの日が少ないだけでなく洗濯物は乾きにくいんだそうです
 こちらからすると湿度だけは羨ましいですが、主婦の方は大変
 
 

« 地域おこし | トップページ | 雪まつり »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴岡寒鱈まつり東京会場:

« 地域おこし | トップページ | 雪まつり »