« 鶴岡が生んだ人びと | トップページ | さくら »

鶴岡シルク

 3月27日の放送は「鶴岡シルク」の紹介でした。

 廃藩時、刀を鍬に持ち替えて、松ヶ丘に養蚕の開墾場が作られました。
 1着の絹の着物が出来上がる為に、絹織物が700グラム位、この織物は1000グラムの生糸で出来、繭玉に換算すると5000グラム、蚕の数にすると2800頭、これだけの蚕を育てるのに必要な桑の葉は100キログラム、桑の木に換算して50本、これを植える土地は15坪必要になります。
 絹が高級な訳が分かりますね...。
 そして、安い輸入もの、合成繊維に押され無くなっていったのもうなずけます。
 でも、鶴岡では日本のシルクを無くさないため、養蚕から染めあげまで、一連の工程を全国随一行っているんです。
 ぜひオンラインショップでご覧下さい!
 素敵な物が沢山有りますよ。
 私も鶴岡シルクのスカーフを一枚持っています。
 肌触りがいいんですよ〜。
 本日から日本橋三越にて本館5階でイベントが有り、出店しているそうです。
 その目で確かめてみてもいいですね。
 こちらは4月9日までです。
 さて、成澤さんの本日のお言葉
 「んでがんす 庄内弁さは 「ん」もあんな んださげ おらほは しりとり
                             おわらねな 」
                      
 『そうなんです 庄内弁には 「ん」もあります だから 地元じゃ しりとり
                             終わらず 』
 「ん」のつく言葉が有るから永遠しりとりが可能になる庄内弁についてでした(笑)

« 鶴岡が生んだ人びと | トップページ | さくら »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴岡シルク:

« 鶴岡が生んだ人びと | トップページ | さくら »