« 歩く、泳ぐ、自転車、走る! | トップページ | 鶴岡シルク »

鶴岡が生んだ人びと

 3月20日の放送は「鶴岡が生んだ人びと」という小冊子のご紹介でした。

 文学、学問、文化、芸術、教育、スポーツ、政治、行政、司法、農業、商業、工業等17分野の200人を掲載しています。
 ピックアップしてご紹介頂いた中から更にピックアップして「日本初」というテーマで二人ご紹介します。
 僧侶 佐藤霊山
  大督寺内に忠愛小学校を設立して貧しい家庭の子どもの為に学校給食を始めました。明治22年の事です。
 発明家 斉藤外市
  日本の民間で最初に飛行機の試験飛行を行い、絹織物機械を開発。これは日本の絹織物機械の6割のシェアだったそうです。
 この他にも有名な藤沢周平さんなど実に様々な人物が、本以外に「大宝館」で学ぶ事が出来ます。
 ここは鶴岡公園内に有る大正天皇即位記念で建設されたもので現在は郷土人物資料館になっています。
 鶴岡観光では必ず寄る鶴岡公園内ですのでぜひご覧になってみて下さいね。
 他に映画に関する人物の話題も出た今日の成澤さんのお言葉
「映像さ ずまぐ はらねど わがねなや エキゾチックだ 庄内弁」
                     
『映像に 字幕 入れなきゃ わかんない? 異国情緒な 庄内弁』
 藤沢周平映画の方言も全国上映なのであまり分かりづらい方言は使われなかったようです
 確かに、分からない言葉は無かったように思います。
 今日は祝日ですし皆さんもDVDなど借り手ご覧になってみては?
 

« 歩く、泳ぐ、自転車、走る! | トップページ | 鶴岡シルク »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴岡が生んだ人びと:

« 歩く、泳ぐ、自転車、走る! | トップページ | 鶴岡シルク »