« 鶴岡シルク | トップページ | 新所長さん »

さくら

 4月3日の放送は「鶴岡のさくら便りと平成25年度の鶴岡の動き」という話題をお届けしました。

 今回はその内の桜の話題をピックアップしましょう。
 鶴岡の桜の開花は例年4月20日頃ですが今年は早めの15日くらいだそうです。
 また、1ヶ月くらいの間楽しむ事が出来ます。
 その秘密はまず面積!鶴岡市は江戸川区の25倍、東京都23区の3倍程!
 さらに平地から山間部と標高差が有ります。
 たくさんの桜を追って行く事ができるんです。うらやましいですね!
 では桜の名所紹介です。
 鶴岡公園 元酒井藩のお城跡で、明治の頃に730本植えられて樹齢が高いのも特徴です。立派な木ばかりなんです。
 大山公園 昭和初期の不況時、慈善家加藤嘉八郎が自腹で小山を買い、公園に整備するのに仕事の無い人を雇い600本から700本の桜を植樹しました。
 鶴岡の市街地からもピンク色の小山が見えるそうですよ。
 あつみ温泉さくら並木 温泉街の樹齢60年から70年の桜は250本。
  恒例の「温海さくらマラソン」の時期に開花します。
 朝日地域七五三掛け桜(しめかけさくら) 注連寺の境内の桜の木は2色の桜が時期を違えてつける不思議な桜です。見頃は5月中旬頃となります。
 皆さんもいかがですか?
 東京では終わりかけの桜、まだこれからの所を狙ってご予定を立ててみて下さいね。
 
 

« 鶴岡シルク | トップページ | 新所長さん »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さくら:

« 鶴岡シルク | トップページ | 新所長さん »