« さくら | トップページ | ときめきフェスタ2013 »

新所長さん

 4月10日の放送は新所長、林悌一(ていいち)さんでした。

 ご家族から離れて単身東京にいらしたそうです。ちょっと寂しいですね...。
 さて、お話は「到道館」について。
 1805年、当時の庄内藩主酒井忠徳公が創設した「藩校」です。
 『君子は学びて以てその道を致す』という論語にちなんだネーミングです。
 封建社会の中、個性、天性を重んじる教育方針で学習はこじんのペースで行っていたそうです。
 学問だけでなく剣術、柔術、弓、馬術の稽古、休みの日には遠足!また釣の励行など、かなり独特と言えそうです。
 こういった伝統は現在の鶴岡にも守られています。
 市内の小学生は到道館で論語の素読教室が行われたり、「庄内論語一日一題カレンダー」という物が発行されています。
 
 所長さんの鶴岡の自宅にもお子さんに見てもらおうと購入してあるそうです。
 トイレに貼りたくなっちゃいますね。
 新しい所長さん、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
 鶴岡の色々な話題を期待したいですね!
 

« さくら | トップページ | ときめきフェスタ2013 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新所長さん:

« さくら | トップページ | ときめきフェスタ2013 »