« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

月山ワインまつり

 8月28日の放送は「第37回月山ワインまつり」のご紹介

 月山ワインはブドウが原料では有りません。
 山ぶどうが材料です。
 地元の人びとや修験者たちが「ワイン」なんて言葉が普及する前から広い山林原野に自制する 山ぶどうを使って山ぶどう酒を作って愛飲してきたそうです。
 本格的な製造は昭和54年から。
 お値段も手頃なものは1000円くらいから有ります。
 下戸の私はワインの味は分かりませんが、山ぶどうジュースは大好きです
 濃縮されたものも有りますが、目にも良いし、水で割ったり、炭酸で割ったり、ドレッシングの材料にしてみたり、使い道は色々。
 そんな月山ワインやジュースが飲み放題というイベントが有ります。
 9月8日日曜日午前11時から午後2時まで
 鶴岡市赤川河川敷(JR鶴岡駅から徒歩15分)にて
 バーベキューと枝豆付きとなります。
 特産物の販売コーナーや抽選会も楽しめるそうです。
 大人が3000円、高校生以下は1500円です。
 お申し込みは 庄内たがわ農協朝日支所 0235−53−2512まで。
 コチラもどうぞ
 さて、もう一つ、こんなイベントも
 ワインまつりと同じ9月8日、「つるおかオーガニックフェスタ」が出羽庄内国際村にて行われます。
 有機農産物等の販売で、米、野菜、それらの加工品が揃います。
 来場者には枝豆等の「おたのしみ野菜」と、おにぎりのプレゼントが有るそうです
 はしご出来るかな?
 お問い合わせは鶴岡市有機農業推進協議会事務局 0235−64−5803
 までどうぞ

神々に守られたマラソン!

 8月21日の放送は、鶴岡市東京事務所成澤さんにお話を伺いました。

 今週、「鶴岡えどやしき夕市、朝市」が行われます。
 この時期の鶴岡といえば何と言っても「だだちゃ豆」ですね
 そのだだちゃ豆の予約販売を行い、さらには玉こんにゃくや漬物、果物の販売も有ります。
 だだちゃ豆に関しては「当日分」が若干有るかもしれませんので気になる方は朝早く出かけて下さい
 朝市は8月24土曜日午前8時から10時までです。
 また前日には今回夕市も有ります。
 前日8月23日金曜日夕方4時から7時までです。
 場所は 西葛西7−28−7
 鶴岡市東京事務所です。
 続いて「羽黒山石段マラソン」です。
 ....聞いただけで膝が痛くなりそうですが、羽黒山の下、大鳥居をスタートして4.5キロ、石段を1.5キロ、ほぼ上り坂という過酷なマラソンです。
 
 ただ13回目を迎えるこれまで1人の棄権者も無く怪我も無く、まさに羽黒山の神々に見守られたレースです。
 年齢は16歳以上、ご興味有る方はコチラまで
 ウォーキングを楽しむコースも有りますよ。
 (これならイケるかな...)
 開催日は10月20日日曜日です。
 申し込み締め切りは8月30日金曜日までとなっています。
 お早めに

おぃやさ祭り

  いよいよ「鶴岡お祭りウィーク」が本日の荘内大祭よりスタートしました

 17日は締めの赤川花火大会、そしてその間に本日ご紹介しました「第9回おぃやさ祭り」が有ります
 今日は実行委員会実行委員長の和田力さんにお話を伺いました。
 「おぃやさ」というのはお祭りのかけ声です。
 今回のテーマは『酔笑〜ヨイショ』踊る人、奏でる人、見る人みんなが笑顔で終わる事の無い余韻への挑戦です。
 ステージ会場はタイムスケジュールがびっしり埋まる程盛り沢山です。
 踊子だけで市内外から24団体400人近くが会場を練り踊ります
 そして何と雨天決行 
 今の所予想は晴れですが、どちらにしても熱く盛り上がります
 8月16日金曜日ステージ会場は15時から、流し踊りは17時30分からオープニングです。
 会場は鶴岡山王通りとなります。
 宿泊は大分厳しくなっているようですがご興味有りましたらぜひお出かけを
 「鶴岡お祭りウィーク」についてはコチラ

赤川花火大会

 本日の放送は赤川花火大会のご紹介でした。

 

 「鶴岡お祭りウィーク」のラストを派手に飾る花火は今回で23回目です。

 

 8月17日土曜日午後7時15分から赤川の河畔にて打ち上げを開始します。

 

 見どころはたくさんありますが、横幅700メートルというワイド花火など大迫力のものから、音楽と合わせたミュージカルワイド花火、ストーリーもお楽しみ頂けます。

 全国の花火師が技を競い合う「全国デザイン花火競技会」も目玉のひとつ、広い会場でゆっくりお楽しみください。

 

 私共が出かけるとしたら飛行機か電車ですね。

 

 庄内空港から車で20分ほど、JR鶴岡駅から歩いて15分ほどというロケーションですので、花火だけに一泊はしないと難しそうですが、観光と抱き合わせにしてご旅行をお楽しみください。

 

 ちなみに、この花火大会は「東北の行ってみたい花火1位」全国でも2位という大変評価の高い花火大会です。

 詳しくは

http://akagawahanabi.net/  まで!

 

 

 

 

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »