« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

甘い誘惑☆

1月29日の放送は鶴岡市山王町に有るお菓子屋さん「木村屋」社長 吉野隆一さんにお話を伺いました。

 鶴岡へ行ってお土産を買うとしたらここのお菓子は絶対という定番物がたくさんあります。
 今日は5つの商品のお話を伺いました。
 まずはこれからがお楽しみ、桃の節句に向けての「お雛菓子」について。
 私どもの定番はひなあられですが鶴岡の雛菓子は練りきりです。
 しかも鯛、桃、筍、みかんなどを型どったまるでおままごとセットのようなかわいらしい物。
 子どもも大人も思わず笑顔になっちゃいそうなお菓子です。
 販売はまだ先になりますがもう予約も有るそうです!
 つづいては今日の商品の中で私が唯一食べた事の無かった「きつねめん」
 これはお殿様を思う市民の力が功を奏したという歴史から誕生した落雁のような干菓子です。
 きつねの面が幾何学模様のようになっていてパキンと割りながら頂きます。
 そして「古鏡」
 羽黒の出羽三山神社の辺りに池が有り平安時代からの鏡が数多く出土した事からできたお菓子です。
Img_6349
 こちらはパッケージ。
 そして中身は古鏡を型どって丸いんです。
Img_3896
 厳選されたあずきは上品な甘さ♡
 中には求肥が入っていてもちっとした食感がたまりません。
 そして「焼きかりんとうくろべえ」
Img_3893
 かりんとうって油っこくて固いとと思っていると嬉しい裏切りです。
Img_5918
 おまんじゅうと言って良いくらいさくっと柔らか♡
 これはお子さんも好きな味ですよ。
 黒糖がさわやかな甘さです。
 そして最後に伺ったのは季節物の「切りさんしょ」
 浅草で酉の市の頃売られる物で、鶴岡でも販売時期はその頃です。
 年の暮れの方で味わうお菓子ですね。
 山椒と葛粉等で出来ていて見た目は太めのおそばです。
 香りがとても良いですよ。
 これは年の暮れまでのお楽しみです。
 さて今日ご紹介のお菓子、ぜひ通販でお求め下さい。
 こちらが木村屋さんのウェブサイトです
 お気軽にネットで注文してみて下さいね。
 word by Rie.T

郷土料理教室が有ります☆

1月22日の放送は鶴岡市東京事務所成澤征爾さんにお話を伺いました。

 鶴岡の郷土料理レシピ本のご紹介です。
 
 私も持っている「つるおかおうち御膳」
 161のレシピがカラー解説で載っています。
 詳しくはコチラ
 そして「はたけの味」
 以前コーナーにご出演頂いた農家レストラン知憩軒の長南さんがご紹介しています。
 「たんぼの味」はお米のレシピ、さらに近日「はまべの味」発売になるそうです。
 材料を手に入れるのは難しいですが百貨店や銀座の山形の物産館等で探してチャレンジしてみて下さい。
 そして3月3日月曜日午後1時からグリーンパレスで郷土料理教室が開催されます。
 孟宗汁、胡麻豆腐、山菜のぜんまい煮、菜の花のからしあえなど春らしいメニューです。
 広報えどがわなどにも掲載予定となっています。
 ご覧の上お申し込み下さい。
 締切は2月20日までです。
 またお問い合わせは鶴岡市東京事務所まで。
 
 さてさて、先週の続きです。
 江戸川区と鶴岡市の友好の館「江鶴亭」の笹原さんより届いた贈り物...
 Img_3886
 早速頂きました☆
 Img_3888
 リンゴとラフランス。
 こちらは美味しくて当たり前☆
 Img_3890
 梅干しは手作りと思われます。
 昔の梅干しの味が好き☆
 Img_3208
Img_3889
 素敵なハンカチとお菓子☆
 だだちゃのパイを頂きましたよ。
 ボリューミー♡
 Img_3887
 「江鶴亭」には素敵な庭園が有りまして、花梨の木は実を付けていました。
 それを利用して作って下さったジャムとコンポートです!
 Img_3900
 ジャムとちょっと高いクロワッサン☆
 Img_2405
 コンポートと酵母パン☆
 甘酸っぱくて美味し〜♡
 ごちそうさまでした!
 また来週も「江鶴亭」さんをご紹介します!
 word by Rie.T

温海さくらマラソン

 1月15日の放送は「温海さくらマラソン」についてです。
 29回目の今回も桜の時期の4月20日日曜日の開催です。
 コースは4つ
 つぼみ 2キロ
 さくら 5キロ
 あかかぶ 10キロ
 ジャイアント 30キロ
 参加料は小中学生が1500円、一般は3500円です。
 1600名のエントリーは既に始まっています。
 申し込み期限は1月31日まで。インターネットサイトでは2月20日までとなっていますが、先着ですのでどうぞお早めに!
 温海さくらマラソンエントリーセンターは 079−420−6663
 参加賞や抽選で当たる宿泊券なども楽しみですが何と言っても桜の花を見ながらのマラソンです。温泉を満喫しながらのご参加をどうぞ。
 所で会場の温海温泉、去年行って参りました。
 泊まったのはこちら。
 嵐のため旅館の写真を撮る事は出来ませんでした(泣)
 旅館から見た中庭と外の風景です。紅葉真っ最中。
 Img_3546
Img_4948
 そして夕食。
 お鍋は銘柄豚です。
 Img_3543
Img_3544
 さらに朝ご飯はつや姫食べ放題のバイキング形式。
 Img_3547
 ご興味ある方はぜひお出かけ下さい。
 さて,今日はもう一つ。
 昨年訪れた江戸川区と鶴岡市の友好の館、江鶴亭の笹原さんから素敵な贈り物が届きました。
 おなじみのラフランスやお菓子です。
 有難うございます!
 このお話と江鶴亭さんについてはまた次回!
Img_3886

あけましておめでとうございます。

 今年も「ふるさと印鶴岡」をどうぞよろしくお願い致します。

 さて、今年初の放送は鶴岡市東京事務所成澤征爾さんにお話を伺いました。
 テーマは「鶴岡の味覚の味わい方」です。
 1月19日日曜日は鶴岡銀座商店街にて「日本海寒鱈まつり」です。
 11店舗で寒鱈汁を1杯500円で提供します。
 それぞれのお店で味も違うので食べ比べしても良いですね。
 その寒鱈汁は鶴岡市の飲食店で行っています「四季の昼御膳、夜御膳」を予約すると食べられます。
 「寿司御膳」というのも有りましてどちらも四季の旬の物を頂く事が出来ます。
 冬バージョンは2月10日までです。
 旅行の際にはご予約をどうぞ!
 お問い合わせは鶴岡市観光物産課 0235−25−2111
 さらに温海地域11店舗では旅館、民宿、飲食店で「冬のごっつぉめぐり」という物も有ります。
 共通食材はカニです
 期間は1月18日から2月28日まで。
 
 お問い合わせはあつみ観光協会 0235−43−3547
 また2月8日土曜日は大山地区にて「新酒酒蔵まつり」です。
 このスタート2時間前にはコミュニティーセンターで日本酒のカクテルを楽しむ事が出来ます。
 今年は「桃娘」「春告草」「Winter light」「雪化粧」の4つ。
 どれもネーミングが素敵ですね〜。もちろんお味もでしょう!
 1杯ずつ500円です。
 「新酒酒蔵まつり」はチケットが売り切れるのが早いそう。急いで下さい!
 お問い合わせは出羽商工会大山支所 0235−33−2117
 温泉をプラスして良い旅行を!

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »