« 郷土料理教室が有ります☆ | トップページ | 鶴岡寒鱈まつり東京会場 »

甘い誘惑☆

1月29日の放送は鶴岡市山王町に有るお菓子屋さん「木村屋」社長 吉野隆一さんにお話を伺いました。

 鶴岡へ行ってお土産を買うとしたらここのお菓子は絶対という定番物がたくさんあります。
 今日は5つの商品のお話を伺いました。
 まずはこれからがお楽しみ、桃の節句に向けての「お雛菓子」について。
 私どもの定番はひなあられですが鶴岡の雛菓子は練りきりです。
 しかも鯛、桃、筍、みかんなどを型どったまるでおままごとセットのようなかわいらしい物。
 子どもも大人も思わず笑顔になっちゃいそうなお菓子です。
 販売はまだ先になりますがもう予約も有るそうです!
 つづいては今日の商品の中で私が唯一食べた事の無かった「きつねめん」
 これはお殿様を思う市民の力が功を奏したという歴史から誕生した落雁のような干菓子です。
 きつねの面が幾何学模様のようになっていてパキンと割りながら頂きます。
 そして「古鏡」
 羽黒の出羽三山神社の辺りに池が有り平安時代からの鏡が数多く出土した事からできたお菓子です。
Img_6349
 こちらはパッケージ。
 そして中身は古鏡を型どって丸いんです。
Img_3896
 厳選されたあずきは上品な甘さ♡
 中には求肥が入っていてもちっとした食感がたまりません。
 そして「焼きかりんとうくろべえ」
Img_3893
 かりんとうって油っこくて固いとと思っていると嬉しい裏切りです。
Img_5918
 おまんじゅうと言って良いくらいさくっと柔らか♡
 これはお子さんも好きな味ですよ。
 黒糖がさわやかな甘さです。
 そして最後に伺ったのは季節物の「切りさんしょ」
 浅草で酉の市の頃売られる物で、鶴岡でも販売時期はその頃です。
 年の暮れの方で味わうお菓子ですね。
 山椒と葛粉等で出来ていて見た目は太めのおそばです。
 香りがとても良いですよ。
 これは年の暮れまでのお楽しみです。
 さて今日ご紹介のお菓子、ぜひ通販でお求め下さい。
 こちらが木村屋さんのウェブサイトです
 お気軽にネットで注文してみて下さいね。
 word by Rie.T

« 郷土料理教室が有ります☆ | トップページ | 鶴岡寒鱈まつり東京会場 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甘い誘惑☆:

« 郷土料理教室が有ります☆ | トップページ | 鶴岡寒鱈まつり東京会場 »