« 庄内クラフトフェアin松ヶ岡☆ | トップページ | 新スタッフ☆ »

海坂の桜小祭り

 3月26日の放送は鶴岡市の国井美保さんにお話を伺いました。

 国井さんは東北公益文化大学院で「内川学」に取り組んでいらっしゃいます。
 「内川」というのは鶴岡市の中心部を流れる川で赤川の支流に当たります。
 この内川を川に親しみ活性化をさせるというのが「内川学」
 学ぶ学問というより何かを考えて生み出す学問ですね。
 2007年にはこれを元に川に親しむイベントを開始し、来月行われる「海坂桜小祭り」は平成16年にスタートしました。
 今回は 4月19日土曜日 宵まつり 午後2時から午後8時
     4月20日日曜日 本まつり 午前10時から午後6時
 会場はあちこちになりますよ。
 舟下りは内川、和舟は鶴岡公園内堀、丙申堂では昭和のレトログッズ展、ほっとパークでは屋台が登場、おなじみの玉こんにゃく、孟宗汁、弁慶飯も有ります。
 さらには和の踊りや演奏がお楽しみ頂けます。
 もちろんお花見もお楽しみ下さい。
 鶴岡公演の桜は730本です!
 「海坂」は藤沢周平の時代小説で庄内藩をモチーフにしたもの。
 その時代の雰囲気を感じながら内川にも思いを馳せて下さいね。
 さて、以前の放送で鶴岡市のお菓子屋さん「木村屋」さんをご紹介したのを覚えていますか?
 その時ご紹介はしたんですが食べられなかったお菓子を小岩「しぇば〜の」でゲッツ!
 
 こちらです。
 Img_2023
 下の「きつねめん」中身は.....
 Img_4134
 きつねが幾何学模様に!
 Img_3908
 これをこのように割って頂きます。
 小豆粉と黒砂糖のお菓子です。美味☆
 さらに、「古鏡」というお菓子をご紹介したんですが、現地鶴岡で出羽三山神社で頂いた物と少し違ったのです。
 ご紹介したのは上品な小豆と求肥を練り上げたもの。
 そして出羽三山神社で頂いたのはこちら
 Img_4136
 ミルク煎餅の様な感じです。
 パリパリしていてあっさり。
 こっちはレアのようです。
 これも小岩「しぇば〜の」でゲッツ!
 皆さんもおやつにいかがですか?
 word by Rie.T

« 庄内クラフトフェアin松ヶ岡☆ | トップページ | 新スタッフ☆ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海坂の桜小祭り:

« 庄内クラフトフェアin松ヶ岡☆ | トップページ | 新スタッフ☆ »