« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

月山高原ふれあいハウス☆

 4月30日の放送は月山高原牧場ハーモニーパーク内に有ります「月山高原ふれあいハウス」の北風(きたかぜ)さんにお話を伺いました。

 この4月から民営化してのオープンを迎え、ゴールデンウィーク前半も沢山のお客さんがいらっしゃったそうです。
 まだ雪の残る月山高原ですがこれから良い季節を迎えます。
 展望台から日本海を望んだり、遊具で遊んだり、ご家族でお出かけしてみては?
 「月山高原ふれあいハウス」ではジンギスカンを頂けます。
 羽黒緬羊という種類の羊肉、そして山伏ポーク、さらには地場産の季節の野菜、今はアスパラが出ているそうです。
 そして庄内米のご飯は食べ放題!
 月山、羽黒山等の観光の際のお昼にいかがでしょう?
 営業期間は次の雪のシーズンまで。(10月26日まで)
 土曜、日曜、祝日が営業日です。
 ただし夏休みの8月2日から17日も営業します。
 月山高原ふれあいハウスについてはコチラを
 あ〜、お腹すいてきた〜。
 word by Rie.T

イベントいっぱい☆

 4月23日の放送は鶴岡市東京事務所、梅田敏夫さんにお話を伺いました。

 本日初出演です!
 お話は区内で行われるイベントへの出店です。
 まずは
 5月3日4日鹿骨スポーツ広場で開催の「第40回花の祭典」
 
 観光案内、漬物、玉こん、麦きり、そばの販売が有ります。
 お花と一緒にお楽しみ下さい。
 5月11日日曜日は船堀駅前TOKIビル前広場開催の「ときめきフェスタ2014鶴岡の観光と物産展」です。
 ダンスやライブ、キャラクターショーとともにお買い物もどうぞ。
 漬物でも変わった所ではうるいや軟白ねぎ何て物も!
 新鮮な魚介類はイカやサザエをその場で焼いた物を召し上がれますよ。
 ほかにも山菜やおかしなど盛り沢山!
 ぜひ大きなお買い物袋を持ってお出かけ下さいね。
 word by Rie.T
 

るるぶ鶴岡☆

4月15日の放送は、鶴岡市東京事務所齋藤健一さんにお話を伺いました。

先週桜が咲いて今週末には見頃を迎えそうだということです。

旅行が楽しい季節になりましたが、いいモノが出ました!

Image

るるぶ鶴岡です。

6月から始まるキャンペーンに合わせて作られた特別版の小冊子ですが、大きさは良く見るるるぶと同じです。

両面が表紙になっていて海編山編とご覧になれます。

オールカラー27ページが写真、地図、イベント、食のガイド、お土産まで網羅してます。

お得で便利な1冊。

鶴岡市東京事務所、また現在物産市中のグリーンパレスでも手に入ります。

皆さんも1冊いかが?

word by Rie.T

つるおか絹物語

 4月9日の放送は、初となります鶴岡市東京事務所、齋藤健一さんにお話を伺いました。

 鶴岡では最北限も絹の産地で全国で唯一生産から製品化までを一挙に行っています。
 明治維新の時の「刀を鍬に持ち替えて...」からシルクに関する色々なことをおこなっているんです。
 シルクプロテインを麦きりに入れてみたりお菓子を販売したり、また蚕が最初に吐き出す「きびそ」という糸をあえて使った製品を作ったりプロジェクトは様々。
 また学校で蚕を飼育したりもするそうです。
 因みに私も小学校で蚕の飼育をしました。(江東区です)
 蚕の頃は可愛かったのですが繭の後は少し怖かったですね(笑)
 鶴岡では蚕を飼育してプロジェクトを応援してくれる方を「繭人」というそうです。
 製品は有楽町駅近くのジャパンシルクセンターで手に入ります。
 ご興味のある方はぜひご覧になって下さい。
 また4月28日〜5月11日まで銀座松屋デパート1階で「女性が選んだスグレもの展」に出店します。
 5月11日〜6月9日までは7階で「鶴岡のきびそ 侍絹」を開催予定です。
 ぜひ足を運んで下さい。
 また4月15日火曜日から17日木曜日はグリーンパレスでおなじみの物産市です。
 こちらもお買い物をお楽しみ下さいね。
 word by Rie.T
 

新スタッフ☆

 4月2日の放送は鶴岡市東京事務所所長林悌一さんにお話を伺いました。

 新年度です。
 鶴岡江戸屋敷もスタッフの方が変わりました。
 新しく羽黒出身の斉藤健一さんがいらっしゃいました!
 こんごともよろしくお願い致します。
 そして、このコーナー出演者として新たに梅田敏夫さんが加わります。
 梅田さんは事務所で交流推進員をされています。
 物産展や現地の情報等これからも期待です!
 そして本日は林所長さんから「山形デスティネーションキャンペーン」の話題を伺いました。
 6月から9月までの山形の観光キャンペーンですが名所旧跡を訪ねながら芭蕉の句を追っていくのも素敵ですね。
 鶴岡でもこういった句が詠まれています。
 ○ ありがたや 雪をかをらす 南谷
 ○ 涼しさや ほの三日月の 羽黒山
 ○ 雲の峰 いくつ崩れて 月の山
 ○ 語られぬ 湯殿にぬらす 袂かな
 などなど.....
 芭蕉の句碑はどこか旅へ出ると必ず有るような気がします。
 あえて見に行く旅もまた良いですね。
 word by Rie.T

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »