« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

でがんす☆

 2月25日の放送は鶴岡地区物産協同組合代表理事檜山喜美一さんにお話を伺いました。

 江戸川区では物産展やイベントのおりに漬物を販売に年20回程いらっしゃっているそうです。
 生産者の見える商品の販売が人気の鶴岡の物産館がリニューアルオープンになりまして3月1日日曜日10時山王商店街内です。
 私たちが観光で出かける時は観光の最後、お土産を買う時に便利です。
 50もの組合社による鶴岡のお土産が一挙に手に入ります。
 お菓子、漬物、麺、食品、農産物、工芸品、勿論お酒類も揃います。
 10時のオープン時には紅白餅のプレゼントも有ります。
 鶴岡市駅から歩いて10分程。山王町夢ほっと1階。
 ちなみに地域の皆さんもお買い物をされます。リニュールオープンは地元の方々も待ち望んでおられたそうです。
 現在オープンに向けて商品チェックに大わらわだそうですよ。
 観光の際にはぜひお立寄り下さい。
 word by Rie.T

鶴岡雛物語☆

 先日は寒鱈まつりが大盛況でしたが、その時に新しいレシピ本も販売していました。

 「めぐみの味 やまがた庄内山菜とキノコでつくるレシピ集」は地元の主婦の方からプロのシェフまで伝統的な味わい方から斬新な物までご参考にどうぞ。
 鶴岡市東京事務所に見本も有りますしお申し込み頂けます。
 さて、本日の放送は鶴岡市東京事務所 曽禰久子さんにお話を伺いました。
 3月1日から4月3日まで「鶴岡雛物語」が開催されます。
 市内9ヶ所で色々なお雛様を楽しもうという物です。
 庄内神社の豪華8段飾り、三井家、丙甲堂、歴史有る物も沢山有ります。
 到道博物館では収集家の方のひな道具、松ケ岡開墾場では土人形等さまざまなお雛様を巡ってお楽しみ下さい。
 着物でお出かけになると入場料が半額になる所も有ります。
 着物を着てお出かけなんて素敵ですね。
 曽禰さんは着付けが出来るそうですので現地で着替えてお楽しみ頂けますね。
 皆さんもいかがですか?
 
 この話題でいつも思い出すのが我が家のお雛様。
 ......そろそろ暗い所から出してあげなきゃね......。
 word by Rie.T

鶴岡寒鱈まつり☆

 2月11日建国記念日、船堀駅のTOKIビル前広場で「鶴岡寒鱈まつり」が行われました。

 今年は例年になく暖かなせいもあっていつもよりも多くの方が足を運ばれました!

 

Photo

 私が到着した時は1時間待ちという行列!

 

Photo_2

 皆さんのお目当てはもちろん、

 

500

 寒鱈汁!

 放送で鶴岡市東京事務所の斎藤さんがおっしゃっていた通り今年は豊漁で味も良いと楽しみにしてました。

 白子とあぶらわたが最高!

 上にたっぷりかかった岩のりも最高!

 これを書いている今、これらの天然のコラーゲンのおかげでお肌の調子もすこぶる良いのです。

 1年に1度の楽しみです。

 こちらは作っている様子。

 

Photo_3

 1200食分が次から次へと作られていました。

 そして今回の特色がもう一つ。

 去年鶴岡氏がユネスコ食文化創造都市に日本で初めて認定された事を受けて、たくさんの振る舞いが有りました。

 高橋も頑張ってゲットしたのが、「フィッシュワングランプリ」で優勝した旅館坂本屋さんの鱈三昧(勝手にネーミング)。

 何とお膳に三品です。

 

Photo_4

 椀はまたまた寒鱈汁。

 しかしこちらは高級料亭の洗練されたお味!白子最高!

 さらに鱈の焼き物、小鉢は鱈の子のあえ物です。

 私のお腹は鱈だけで満たされました。

 坂本屋の石塚さんはこの振る舞いに随分と工夫をされていて、焼き物はあらかじめ焼いたものをパッキングして温めてお出しし、寒鱈汁も煮詰まらないようにあらかじめ作ってパッキングしたものを温めてという手間がかかる作業をこなされていました。

 そして東京事務所齋藤さんのおすすめ、「きんつま」または「あんだま」。

 市民のソウルフード的なスイーツです。

 

Photo_5

 たこやきのあんこバージョンと言っていいと思います。

 何度か並んでようやくゲットしたのは2時過ぎ位。いいおやつになりました。

 焼きたてをほおばるのが良いようです。

 そしてこちらは鶴岡市東京事務所の斎藤さんと、去年いらして今年は遊びに来ていた成澤さん。(齋藤さん目をつむってしまってるのでごめんなさい!)
 Photo_6

 お疲れ様でした!


 

 word by Rie.T

来週ですよ☆

 2月4日の放送は鶴岡市東京事務所梅田敏夫さんにお話を伺いました。

 いよいよ来週、2月11日水曜日は「鶴岡寒鱈まつり」です。
 都営新宿線船堀駅TOKIビル前広場にての開催です。
 寒鱈汁は真鱈をぶつ切りにした鍋で鶴岡の冬の郷土食です。
 寒い中では有りますがぜひ熱々をどうぞ。
 1杯500円です。
 
 1200食限定で毎年お昼過ぎには無くなります。
 お求めはお早めに。
 また他にも物産の販売もお楽しみに。
 玉こん、揚げたてかまぼこ、団子、海産物、珍しい行者にんにく、銀座の「おいしい山形」では大人気のとちもちも有ります。
 ぜひお出かけ下さい。
 時間は10時から3時まで。
 あったかい格好でどうぞ☆
 word by Rie.T

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »