« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

本、読んでますか?

 3月25日の放送は「読書のまち鶴岡」宣言をすすめる会事務局、五十嵐絹子さんにお話を伺いました。
 4年前に発足した会は行政ではなく民間からのアイデアから始まりました。
 若者、子どもの活字離れを懸念してとの事ですが、そもそもなぜ「読書のまち鶴岡」なのかと言えば、藩校の頃の教育より自学自習を重んじ読書を大切にしてきた歴史が有る事、高山樗牛など多才な文化人等を輩出してきた風土であることが理由です。
 「読書で元気なまちをつくろう」をキャッチフレーズに毎年講演会、シンポジウム等を開催してきました。
 「私と読書」というリレー式エッセイは新聞掲載され2巻を出版、絵本の会、朗読サークル図書館のお話会、本が媒体しながら皆が繋がっていく、それがまちづくりに...。というのが展望です。
 読書はとても個人的な事、それがまちづくりに繋がっていく、夢のようなお話ですね。
 私は中々本の趣味の合う人がいませんが、たまにいると
 「あの作品は著者のナンバー1だよね」
 とか
 「新作読んだ?」
 とか情報交換や感想等無我夢中で語り合ってしまいます。
 
 読書が元気なまちづくりになっていく、これからの活動にも注目です。
 
 余談ですが、私の好きな作家は、島田荘司、綾辻行人、法月綸太郎、京極夏彦(辞書みたいに分厚い!)伊坂幸太郎、誉田哲也、福井晴敏、貴志祐介...ほとんどミステリーです(笑)
 あ、ハリーポッターも好きです。
 本の読みすぎで眼底出血し医者から読書を止められた女です(笑)
 今は年間数冊にとどめております。
 本を通じて仲間が出来たりしても楽しいですね。
 趣味の合う方、ご一報を(笑)
 word by Rie.T

しるけっちぁーの☆

 3月18日の放送は鶴岡市東京事務所曽禰久子さんにお話を伺いました。

 4月8日水曜日、鶴岡市の到道博物館となりに「荘内藩しるけっちぁーの」がオープンします。
 元々お食事処でしたが新しく生まれ変わりました。
 「しる」には「汁」「知る」「シルク」の意味が含まれています。
 鶴岡と言えば寒鱈汁、孟宗汁といった汁物がおなじみです。
 「アルケッチャーノ」の奥田シェフアドバイザーの庄内独自の汁物を発信するスープ屋さんを目指すという事です。
 これは楽しみですね!
 もちろん四季折々の地元の食材を使い添加物や化学調味料にも頼らない健康的なメニューになります。
 現在プレオープン中でオープンしたらカフェタイムも設けるそうです。
 いずれはディナータイムも考えて更には食材に関するセミナー等も行っていくそうです。
 まずはぜひ観光の際には季節の汁物をお楽しみ下さい。
 そして鶴岡市東京事務所も観光の展示物をリニューアル。
 ご旅行の際にはぜひご相談を☆
 word by Rie.T

漬物☆

 3月11日の放送は、鶴岡市東京事務所、齋藤健一さんにお話を伺いました。

 「鶴岡の漬物」についてです。
 物産展でも大変人気な漬物。
 Img_5238
 先日の物産展の様子から。種類も豊富です。
 皆さん銘柄指定で購入されて行きます。
 ですが、若者の米離れ、漬物離れを懸念して「鶴岡産漬物プロジェクト」が立ち上がりました。
 生産者、販売者、料理人と漬物会社が協力して鶴岡らしい商品作りを考え、有る物が誕生しました。
 それは、
 「ぬか漬け」
 ........。
 「ぬか漬け」?
 実は鶴岡には無いんです。
 でも材料は有ります。米所ですから。
 何と、「つや姫」の糠を使用するというもの。
 贅沢な糠であると同時につや姫に絶対合うぬか漬けが出来ますよね!
 昨年行われた試食会でも好評だったそうでもしかして「ぬか漬け」文化がこれから鶴岡にも定着するかもしれませんね。
 商品化が待ち遠しいです。
 さらに高校生たちに漬物でアイデアレシピを作ってもらうなどプロジェクトも色々進行中です。
 乞うご期待。
 そうそう、先日の物産展で麦切りを頂戴しました!
 Img_9038
 喉ごしがとても良いです☆
 ごちそうさまでした!
 word by Rie.T
 

鶴岡の観光と物産展

 3月4日の放送は、鶴岡市東京事務所梅田敏夫さんにお話を伺いました。

 5日、6日は西葛西駅南口広場にて「鶴岡の観光と物産展」です。

 夏のメロンのお買い物以来久しぶりに行って参りました。

 年4回開催する春の今回はおなじみの漬物から玉こんにゃく、山ブドウジュースにお菓子類、海産物と豊富に揃います。

 

Photo

 玉こんにゃくは皆さん食べ歩きながらお買い物。

 人気の海産物も色々!

 

Photo_2

 その場で焼いたものはさらに人気!

 

Photo_3

 イカ軟骨は今回初めて頂きましたが、思ったよりも固くないんです。

 味が染みてて香ばしくておつまみに良いです。

 こちらもおつまみに良いイカの嘴(とんび)を乾燥させたもの。珍味です。

 レンジでチンしてパリパリを食べるのがお勧めです。

 それを教えてくださったのは先週、鶴岡市にリニューアルオープンした「でがんす」をご紹介くださった、鶴岡地区物産協同組合代表理事の檜山喜美一さんです。

 そして今回は檜山さんの商品(漬物)で唯一販売していた軟白ねぎの漬物を購入して参りました。

 食べるのが楽しみ☆

 

Photo_5

 その他にお菓子も色々。

 

Photo_4

 謹栄堂の絹入り団子も購入しましたが写真を撮る前にうっかり食べてしまうという卑しいミス...。

 品の良いお味でしたよ。高橋的には草団子がおススメです。上にあんこがたっぷり乗ってます。

 そして今回最も気になりながらカロリーが気になり購入を避けてしまった蒸したまご。

 

Photo_6

 茶碗蒸しより堅めで甘いスイーツのようなものだそうです。

 次回チャレンジ!

 こちらも次回チャレンジの梅田さんおススメ秘伝豆!

 

Photo_8

 だだちゃ豆じゃないんですよ。

 売り切れ必至の青大豆です。

煮て食べるのですがサラダやカレーに入れたり使い方は色々。

 リピーターの方が沢山買われていました。

 そして、放送にご出演頂いた鶴岡市東京事務所の梅田さんと、その前の放送にご出演頂いた鶴岡地区物産協同組合代表理事の檜山さんです。
 お世話になりましてありがとうございました!

 

Photo_7

 

 明日6日は4時までの開催です。ぜひお出かけくださいね。

  

 word by Rie.T

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »