« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

しな織

 9月30日の放送は、有限会社丸石産業、しな織創芸石田、石田航平さんにお話を伺いました。

 「しな織」とは山形、新潟の県境付近で作られる伝統工芸で。その歴史は平安時代まで遡ります。
 材料は木の皮!これを糸状にして織り、原反を作り加工して商品へ....。
 大変な手間のかかる工程を経て出来上がります。
 この「しな織」の開発や普及に努めたのが老舗の呉服屋石田屋の五代目、そして今六代目が継いでいらっしゃいます。
 木の色味そのままを生かしたものだけでなく黒く染めたものなど上品な女性にぴったりの品物が数多く有ります。
 ファンも多くデパートなどの出店も有ります。
 次回は11月末頃の東武百貨店池袋本店にて山形物産展内で出展されます。
 鶴岡市大山の店舗も有りますが、まずは池袋でチェックされてみてはいかがですか?
 ホームページもチェック☆
 word by Rie.T

鶴岡のれん、黒川能

 9月23日の放送は鶴岡市東京事務所曽禰久子さんにお話を伺いました。
 まずは「鶴岡のれん」ここ数年話題の『街バル』ですが事前にチケットを購入して1枚で決められたお店のおすすめの一品とお酒を1杯いただきお店巡りをするものです。
 その秋バージョンがスタートしています。
 曽禰さんは早速お出かけされたそうです。
 11月1日までですのでお出かけの際には活用を!
 お問い合わせは
 鶴岡食文化創造都市推進協議会 0235−25−2111
 続いては芸術の秋ですが、国指定の重要無形民俗文化財の黒川能が東京で観られます。
 春日神社の奉納の能で氏子たちが500年演じてきた神事です。
 その東京公演が10月16日金曜日北区の飛鳥山公園や外部隊での上演です。
 チケットは出羽庄内黒川能実行委員会事務局までお申し込みを!
 いいお席はお早めにどうぞ☆
 word by Rie.T

庄内うまいものたよりから

 9月9日の放送はJA庄内たがわ、松田さんにお話を伺いました。

 収穫、味覚の秋です。
 つや姫の新米はいよいよ来月の販売です。
 ところでこのつや姫は、認定された方でないと栽培が出来ない特別なお米です。
 JA庄内たがわでは「つや姫名人戦」というコンテストを行い機械と人による審査で10名に「つや姫名人」の称号が与えられるそうです。
 値段は少々張りますが、銀座三越などで販売されるそうですよ。
 そして「月山ワイン」について。
 今年もいくつかの栄えある賞を取ったワインはいかがでしょう?
 小岩「しぇば〜の」や区民まつりで購入出来ます。
 さらには「庄内柿」
 こちらも区民まつりの頃には出逢えそう!
 干し柿も有るそうですのでぜひ召し上がって下さい。
 詳しくは JA庄内たがわ 米穀課 0235−64−3601
             販売課 0235−64−4972
 月山ワインは      0235−53−2789
 
 word by Rie.T

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »