« 鶴岡のれん、黒川能 | トップページ | つるおか大産業まつり☆ »

しな織

 9月30日の放送は、有限会社丸石産業、しな織創芸石田、石田航平さんにお話を伺いました。

 「しな織」とは山形、新潟の県境付近で作られる伝統工芸で。その歴史は平安時代まで遡ります。
 材料は木の皮!これを糸状にして織り、原反を作り加工して商品へ....。
 大変な手間のかかる工程を経て出来上がります。
 この「しな織」の開発や普及に努めたのが老舗の呉服屋石田屋の五代目、そして今六代目が継いでいらっしゃいます。
 木の色味そのままを生かしたものだけでなく黒く染めたものなど上品な女性にぴったりの品物が数多く有ります。
 ファンも多くデパートなどの出店も有ります。
 次回は11月末頃の東武百貨店池袋本店にて山形物産展内で出展されます。
 鶴岡市大山の店舗も有りますが、まずは池袋でチェックされてみてはいかがですか?
 ホームページもチェック☆
 word by Rie.T

« 鶴岡のれん、黒川能 | トップページ | つるおか大産業まつり☆ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しな織:

« 鶴岡のれん、黒川能 | トップページ | つるおか大産業まつり☆ »