« 紅エビ☆ | トップページ | つるおか大産業まつり2016 »

「到道」とは論語から☆

 9月28日の放送です。

 よく誕生日には何かラッキーな事が起こるといいますが、
 「ラッキー!若殿様と話しちゃった☆」
 鶴岡市は古くは荘内藩でした。その藩主こそが酒井家、そして今日お話を伺ったのは酒井家19代当主(予定)酒井忠順(ただより)さんです。
 そう、世が世なら若殿様です。
 下々の者がお話など出来ないお方。
 ちなみに以前鶴岡を訪問した際には18代忠久氏にお目にかかり、たまたまその時は各藩の殿様が集まる会合が開かれていて将軍様にもお目にかかる事が出来ました。「上様」ですよ。「上様」!徳川家の貫禄がオーラになって光っておられました。
 そして忠久公といえば殿様オーラは有るもののおやさしい雰囲気のお方でした。
 19代の若殿はお祭りにも殿の姿で出られるなど市内でも有名な「イケメン若殿」です。
 その殿にぜひ会いにお出かけ下さい。
 若殿は城跡に作られた「到道博物館」の副館長です。
 酒井家ゆかりの国宝の太刀の展示を行う企画展には歴女の皆さんから刀剣女子の皆様におすすめです。
 また今回「刀剣乱舞」というゲームで所蔵の信濃藤四郎がキャラクターになった事のちなんでコラボレーションをしました。
 ゲームにちなんだグッズの販売、周辺の観光施設とのコラボ、荘内神社ともコラボ、聖地になってます。
 ゲーマーのあなたも来れ!
 もちろん○○女子でなくてもゲーマーでなくても芸術鑑賞、歴史の旅もよろしいですね。
 10月1日から30日までです。
 詳しくはコチラ
 そして若殿は「福を呼び込む副館長」としてつぶやきもされてます。
 合わせてご覧ください☆
 word by Rie.T☆

« 紅エビ☆ | トップページ | つるおか大産業まつり2016 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「到道」とは論語から☆:

« 紅エビ☆ | トップページ | つるおか大産業まつり2016 »