« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

練り切り☆

 11月30日の放送は(有)木村屋和菓子職人の斎藤公城さんにお話を伺いました。
 鶴岡市でおなじみの和菓子屋、お土産に購入される方も多いと思います。
 私は「古鏡」や「きつねめん」が好きです。
 「古鏡」は出羽三山神社の池から出土した重要文化財の鏡に因んでいます。
 中の求肥が何とも言えずおすすめです。
 「きつねめん」は干菓子です。これも香ばしくてお茶請けにいいんです。
 さて、お話は「練り切り」についてです。
 和菓子ではこの練り切りを使って美しい生菓子を作りますが、斎藤さんはこれをパリで披露されました。
 現地の旅行会社向けのレセプションでの実演で餡の味になじみの無い方々もその見た目の美しさと「おいしい」という声とで大反響だったそうですよ。
 季節ごとの様々有りますがこれからですと12月のだるま市で縁起物として食べられる「切り山椒」がおすすめ。
 またひな祭りのときにはぜひ「雛菓子」を召し上がってみてください。
 私たちが思う所の雛あられではありません。
 鯛や果物、タケノコなどをモチーフにした練り切りです。
 
 まるでおままごと道具のように」かわいらしいんです。
 取り寄せて食べた事が有りますがもう、見た目にノックアウトされちゃいます(笑)
 鶴岡へお出かけの際にはぜひお求めになってみてください。
 詳しくはコチラ
 word by Rie.T ☆

練りきり

ねぎサミット☆

 勤労感謝の日ですね。お休みですね。
 勤労を尊び感謝する日、お仕事中の方、ご苦労様です。(私も仕事中、自分に感謝?)
 さて、今日のお話は祝日の所ありがとうございます、鶴岡市農政課梅木さんに伺いました。
 鶴岡の「雪中軟白ねぎ」(せっちゅうなんぱくねぎ)をご存知ですか?
 雪の時期のハウスの中で大切に育てられるねぎで、その名の通り軟らかいのが特徴で生で頂けるほど辛みがマイルドです。
 私も頂いた事が有りますが、ねぎの世界観が広がりますよ。
 全国には様々なねぎが有ります。
 おなじみ下仁田ねぎ、九条ねぎ、深谷ねぎ、そういった全国のねぎが一同に会するのが「全国ねぎサミット2016」です。
 今年は「肉フェス」との同時開催で、栄養バランスが採れていますね(笑)
 週末26日、27日会場は大井競馬場です。
 ステージイベントが有ったり、日曜日には鶴岡市のPRステージも!
 ぜひ皆さん遊びに行ってみてくださいね☆
 詳しくはコチラ
 あ、今日鍋にしようかな〜。
 ねぎたっぷり入れて☆
 
 word by Rie.T☆

鶴岡冬まつり☆

 11月16日の放送は鶴岡市観光連盟長村さんにお話を伺いました。
 紅葉も終わり、雪の季節の鶴岡市です。
 来年のお話ですが冬のイベントを色々総称して「鶴岡冬まつり」が開催されます。
 1月15日は「日本海寒鱈まつり」
 おなじみ、寒鱈汁を食べるお祭りです。
 2月5日は「鶴岡音楽祭」
 最後に発祥の地である「雪の降るまちを」を大合唱する音楽祭です。
 そして、
 2月11日は「大山新酒酒蔵まつり」
 チケット制で酒蔵を廻り新酒を飲むという大人気のイベントです。
 12月の販売予定ですが、毎回即日完売します。
 発売日程はこまめにチェックを!
 雪くらいでは中止になりません。
 雪は当たり前!
 
 雪とともにお楽しみ下さい☆
 word by Rie.T☆
 

おいしい映画祭☆

 11月9日の放送です。
 「第一回つるおか食のおいしい映画祭」について、鶴岡食文化創造都市推進協議会の小野さんにお話を伺いました。
 来年1月21日から27日まで「鶴岡まちなかキネマ」
 にて食に関する映画を上映して映画に出てくる食事を庄内の食材で再現するグルメイベントです。
 酒蔵が舞台のもの、世界一のレストランの東京限定出店などのドキュメンタリーをお楽しみ頂き食べられちゃうなんて幸せですよね〜☆
 是非皆さんも来年の企画にご注目を!
 これから徐々にイベントの内容が詰まってきますよ。
 詳しくは「つるおか食のおいしい映画祭」で検索してフェイスブックをチェクしてくださいね☆
 word by Rie.T☆

まんをじして☆

 11月2日の放送は鶴岡市東京事務所 安達文和さんにお話を伺いました。
 私どもはおなじみなのですが、このコーナーでは皆様に初にお耳にかかったのではないでしょうか?
 今年いっぱいの鶴岡市の物産が区内で買えるイベンントと「鶴岡市市制報告会」のご紹介でした。
 来年2月10日金曜日タワーホール船堀にて開催されます。
 何と鶴岡市長自らが鶴岡市をプレゼンテーション!
 
 他にも新種の地酒、ワインを飲みながら寒鱈汁を頂く交流会が有ります。
 観光地としての魅力や伝統工芸、技術資源、食文化など多岐にわたって鶴岡を知る事ができそうですね。
 皆様もこの機会にご参加されてみてはいかがですか?
 お申し込みは鶴岡市のホームページをチェック!
 コチラ
 一般料金は2000円です。
 締め切りは12月28日までとなっています。
 お早めに☆
 word by Rie.T☆
 

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »