« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

古物再生工房☆

 鎌倉出身の高田さんが主催する古物再生工房「ロケットバナナ」がイベントを行います。
 高田さんは一度流通に乗った布や紙、繊維などをリメイクするクラフト作家です。
 全国各地でクラフトのイベントに参加され、特にイベント無く休憩などに訪れていた鶴岡に興味を持ち移住を検討していた所ご縁有って鶴岡にお嫁に☆
 鎌倉と似ているのが三方を山に囲まれた所ですがとにかく空が広い!そうです。
 今度「そうだ。庄内に行こう!」というイベントを開催されます。
 作家さん、訪れる方皆さんに庄内で楽しんでもらうべく様々な企画が有ります。
 美味しい物から、音楽まで盛りだくさんです。
 クラフト作家さんたちを通して庄内の良さを全国に広めたいという目論みも(?)有ります。
 9月1日、2日の土日です。里山情報館という別荘地での開催となります。
 クラフトにご興味の有る方ぜひ☆
 word by Rie.T☆

藤沢周平記念館☆

 8月22日は「藤沢周平記念館」進藤さんにお話を伺いました。
 
 芸術の秋、読書の秋です。
 藤沢周平作品は荘内藩がモデルと言われる時代劇です。
 暴れん坊将軍や黄門様が出るような派手さはありませんが、下級武士の誠実でまじめな暮らしや生活が描かれていてそれこそが魅力です。
 食べ物や風景、普通の人々を描いた数々の作品はそれぞれにファンが多く、映画化されたりドラマ化されているのでご存知の方も多いと思います。
 記念館には藤沢市の書斎が再現されていたり(高橋もオープン時に見に行きました!)
 また。企画展時も注目です。
 今回は今月31日から来月28日までの「三屋清左衛門残日録」を紹介します。
 隠居した武士「三屋清左衛門」の日記といったところでちまたに起こるチョットした事、そして藩内に起こる派閥抗争など...ぜひお読みになってからお出かけ下さい。
 この作品には食べ物が沢山出るそうでその食べ物も写真とともに紹介しています。
 おなじみの赤かぶ、小茄子の漬け物などお腹もすきそうですね。
 記念館で楽しんだ後は聖地巡礼、作品に登場する市内のあちこちを散策されてみてはいかがですか?
 朗読会や講演会も有りますので詳しくはホームページをチェック☆
 word by Rie.T☆

ぶどうの季節☆

 様々な果物を生産している鶴岡市ですが、今はぶどうの季節です。
 8月15日の放送は月山ワイン山ブドウ研究所兵藤さんにお話を伺いました。
 ピオーネや巨峰の他にシャインマスカットが大人気だそうです。
 また毎年のように新品種が出るので色々試してもいいですね。
 農家では直売所が有ったりぶどう狩りを楽しめるところがあります。
 そして、世界に認められている日本のワインを生産しているワインを作っている鶴岡で人気のイベントが有ります。
 9月9日日曜日赤川河川敷公園にて開催される「月山ワインまつり」です。
 
 ワインは樽から注いで飲み放題!そしてBBQを楽しむイベントです。
 濃厚なブドウジュースも楽しめます。
 ミニコンサートや大抽選会などのイベントもお見逃し無く!
 チケットは8月24日までに購入を。
 お問い合わせは0235−64−3000まで。
 また、週末18日は赤川の花火大会です。
 東京に居ながらにして「BS朝日」にてご覧になる事が出来ます。
 だだちゃ豆でも食べながらいかが?
 word by Rie.T☆

だだちゃ豆☆

 ついに来ましたね。この季節。

 ビールに枝豆、いやだだちゃ豆!

 8月8日はだだちゃ豆の日です。

 「だだちゃ」はお父さんの意味。昔献上された枝豆の美味しさに殿様が「どこのだだちゃが作った豆だ?」と訪ねたことから「だだちゃ豆」と呼ばれているそうな。

 ちなみに在来作物です。

 種類は茶豆で茶色い産毛が生えていますがこの種を他の地域で植えてもだだちゃ豆特有のあの味と香りはできないんです。

 なので現地に買い求める方、私のようにスーパーに並んだらがっつりゲットするする人も多い人気の枝豆です。

 選ぶときは実がパンパン過ぎず痩せすぎず、冷蔵出荷されているので冷蔵で売っているものが新鮮でいいそうです。

 食べ方は塩ゆでですが袋に茹で方が書いてありますので参考にしてください。

 また農政課の正田さんは枝豆ご飯もおすすめされていました。

 その際薄い茶色の皮ははがささないようにとの事。

 今年はやってみようかな♪

 ちなみに塩ゆでは昨日食べました☆

Img_2403


 メチャウマでした☆

 今シーズン、まだまだ頂きます☆

 word by Rie.T☆

 

お祭りウィーク☆

 8月に入りました。

 暑いですね....。

 祭りはもっと熱い!かも!

 鶴岡市は赤川花火大会、おぃやさ祭り、そして荘内大祭のある8月の週を「お祭りウィーク」といいます。

 帰省の方から観光の方でお宿もいっぱいに!

 でも明治150年の節目の年に141回を数える「荘内大祭」は見ておきたいお祭りの一つです。

 「荘内大祭」は江戸時代が終わって鶴ヶ岡城が解体されたあと庄内の人々の思いから始まった旧藩主酒井家の先祖を祀る荘内神社が創建されたことを記念したお祭りで、当時の参勤交代を再現した大名行列が見どころの一つです。

 中でも「砲術隊」は本物の火縄銃を演武します。

 8月15日、ぜひお越しになってください。

 また宵祭や灯篭流しも有ります。

 詳しくは荘内神社までお問い合わせしてみてください。

 word by Rie.t☆

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »