« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

鶴岡紀行③

 今回は加茂水族館こと「クラゲドリーム館」です。
 Img_3239
 以前お邪魔した時と随分変わっていました。
 「オワンクラゲ」などのクラゲブームを経てリニューアルした水族館はとっても綺麗でしたよ。
 淡水魚、海水魚、この地域の魚の展示、そして50種ものクラゲの展示がメインです。
 ちょっと下手くそな写真ですが雰囲気を....。
 Img_3249
 Img_3250
 この円形、5メートルです!
 ガイドの方にお話をいただきながら弾丸で見てまいりましたがやはり綺麗ですね〜。
 そしてこういうところはやっぱりカップルが似合います(笑)
 この水槽の中は全てミズクラゲです。
 よく見るヤツですね。こんな風に見ると優雅でステキ☆
 アシカショーなども有りますが冬季は少しショータイムの内容が変わりますので注意です。
 こちらはオマケ。
 Img_3242
 日本海のサンセットです。
 皆様もどうぞお出掛けあれ☆
 詳しくは...。
 word by Rie.T☆

観る、食べる!

 10月31日の放送は「おいしい鶴岡 食の映画祭」実行委員長の遠藤初子さんにお話を伺いました。

 今回で3回目となるこの映画祭は、「ユネスコ食文化創造都市」に認定されたことをきっかけにスタートしました。
 「鶴岡まちなかキネマ」を会場に「ラーメンヘッズ」「0円キッチン」「パパのお弁当は世界一」の3本が上映されます。
 「ラーメンヘッズ」は松戸の「とみ田」の富田氏を迎えたトークショーとラーメン付き!
 「0円キッチン」にちなんでもったいない食材リメイクのワークショップ。
 「パパのお弁当は世界一」にちなんでお弁当写真コンテストなどイベントも楽しみです。
 また前回好評だった「カレーライスを一から作る」より武蔵美の関野先生の講演会と特別上映、さらに試食!
 観たら食べたいですよね。
 11月16日から25日までです。
 詳しくはこちら
 遠藤さんは山菜に関してもお話を伺っていますが、こちらも美味しいお話でした☆
 word by Rie.T☆

鶴岡紀行②

  本日は2つの寺院をご紹介しました。
 今回私が1番行きたかった「注連寺」。
 先日ご紹介した湯殿山神社のあと伺いました。
 以前「即身仏」に関する本を出された方とお話する機会が有って即身仏の何体かは鶴岡市にあることも知っていました。そこで今回旅に組み込ませて頂きました。
 まずはその外観から。
Img_3156
ミシュランガイド二つ星です。渋い!
 こちらに安置されている「鉄門海上人」は1759年鶴岡市に生まれ25歳のときに注連寺に入門、行者としてだけでなく困窮者には金銭を施し、子どもたちには手習いのためのすずりを配布し、また加茂坂の新道工事まで様々なことをされたかただったそうです。
 即身仏となってなおその精神は受け継がれ足跡には碑が残されています。
 教科書やガイドブックでもその写真を見たことがある方も多いことでしょう。
 本当のお姿を見たい方はぜひ注連寺へ。
 さて、こちらは映画「遠野物語」で使われた有名な「七五三掛桜」
 Img_3157
 
咲き始めは白っぽく後にピンク色になるそう。今年は猛暑の影響?少し元気がないそうです。
 この桜も実は信仰の対象になっていたそうです。
 続いて、
 Img_3293
Img_3225
こちらは善宝寺
 漁業に携わる人の奉納した大漁の絵画などが印象的ですが龍神伝説にまつわる進行の歴史が有ります。
 人面魚がいると有名になりましたが今回その池は時間が無くていけませんでした(泣)
 Img_3227
こちらは五重塔。
 Img_3235
石段は「苦労」の96段。
 今五百羅漢(一部修復中)の特別拝観中でもうすぐ終了です。
 
 お顔やポーズは違いますが皆福耳!
 お早めにお出かけを。
 また建物内には「蛇紋石」という蛇が浮かび上がった石が有ります。
 これを巡るスタンプラリーも有りました。
 すべて回ると有り難いお言葉となります。
 秋の行楽シーズン。みなさまもぜひ鶴岡へ良き旅を!
 word by Rie.T☆

荘銀んタクトと鶴岡紀行💫

 10月24日の放送は新しい文化会館「荘銀タクト」のご紹介でした。
 荘銀は荘内銀行(ネーミングライツ)
 タクトは指揮棒の意味と
 Tsuruoka Art Culture Terrace
の略です。
 ピカピカの屋根の色はアルミのようです。
 この形は出羽三山などとの山の調和を意識したもの。
 Img_3204
 こけら落としから大変人気なイベントが多く抽選、往復ハガキなどプラチナチケット続出だったそうです。
 今はインターネットで購入できるそうですよ。
 エントランスは出入り自由、窓の外は到道館、眺めも良く私が伺った時は親子で散歩を楽しまれる様子が...。
 Img_3205
 内観もすごいです!
 Img_3209
 2階と3階の分け目もわからないくらい....。
 Img_3207
 シートは鶴。
 Img_3206
 ご紹介した緞帳です。
 千住博さんの「水神」が原画で鶴岡シルクも使用。
 建築の勉強をしている方も多くいらっしゃるそうですが見学会(有料)も有りますので、ぜひご参加を。
 高橋が舞台に立つことはありませんが舞台下手付近で司会などやってみたいものです。
 鶴岡紀行②に続く。
 word by Rie.T⭐︎

プレゼント☆

 追記

 鶴岡訪問で「つや姫」を仕入れてまいりました。

冷めても美味しいお米です。

 お試しサイズの2キロ、5名の方にプレゼントします。

 皆様のお名前(本名)、住所、電話番号、番組の感想などお書き添えの上ご応募ください。

 郵便番号133-0056東京都江戸川区南小岩7-13-8

 FAX 03-5622-7852

 メール info@fm843.co.jp

 

 締切は24日の水曜日まで。

 当選者の発表は発送をもって変えさせていただきます。

 沢山のご応募お待ちしております。

 

 

新そばまつりと鶴岡気候①

 始めに、先週コーナーにてご紹介しました、またこのブログでもご紹介した「一霞かぶまつり」が残念ながら中止になってしまいました。雨や台風の影響で生育不足ということです。自然には逆らえませんね....。楽しみになさっていた方次に期待を!

 さて、10月17日の放送は、「山形つるおか新そばまつり」のご紹介でした。

 4つある市内の新そばまつりを総合して「山形つるおか新そばまつり」となりパワーアップしています。

 庄内あさひ新そばまつりは10月27日28日の土曜日曜、月山あさひ博物村のそば処大梵字にて。

 ふるさと村宝谷新そばまつりは28日日曜日、こちらは流しそばもあります。

 田川森のふるさと村新そばまつりは11月3日土曜、田川コミュニティーせんたーにて、そば打ち体験もあります。

 越沢新そばまつりは11月3,4日、まやのやかたにての開催です。

 スタンプラリーもありますのでぜひお出かけを☆

 さて、10月15日、16日の弾丸で鶴岡市へ訪問してまいりました。

 一番最初の食事はお昼、そばをいただきましたよ。麦切りも。

 Img_3128Img_3130

 お店は「半兵衛」大量ですが4人でぺろり!

 1日目はこのあと湯殿山神社へ。

 Img_3135


Img_3264


Img_3266


 この先は写真撮影禁止。

 出羽三山はそれぞれが現在過去未来を現していて湯殿山は「未来」

 御神体は大きな岩山で温泉が湧き出ていてオレンジ色をしています。そこを登って降りてきます。もちろん裸足です。土足もNG。

 こちらは参考までに

 https://www.tsuruokakanko.com/cate/p0075.html

 さて、番組でお話した手ぬぐいはこちらです。

 Img_3270

 鶴岡と酒田周遊記念の手ぬぐいによるスタンプラリーです。

 押す場所は自由、回り方も自由。写真のスタンプは加茂水族館のものです。クラゲだよ。

 

 http://www.mokkedano.net/course/feature/42

 色々なところを手ぬぐい片手に訪れてみてください。

 来年3月いっぱいまでです。

 こちらは番組冒頭でお話した「荘内神社」のおみくじです。

 タイを釣り竿で釣ります。

 Img_3272


 大吉です!

 鶴岡紀行はまた来週☆

 word by Rie.T☆

 

祭り✨

 10月10日の話題は鶴岡市温海庁舎五十嵐さんにお話を伺いました。
 まずは10月20日土曜日、21日日曜日「関川しな織まつり」が開催されます。
 戊辰の役内地最後の激戦地になったところで150年の特別企画があります。
 現在は友好都市の鹿児島県曽於市の特産品の販売がありますよ✳️
 美味しいものやしな織体験などお楽しみ盛りだくさん。
 しな織の販売もあります。
 関川しな織センター 0235−47−2502までお問い合わせください。
 また11月4日日曜日10時から「一霞かぶ祭り」が焼畑あつみかぶ原産地一霞集落で開催されます。
 伝統農法焼畑で作るあつみかぶは漬物でおなじみの赤カブです。
 かぶの他とろろご飯や納豆汁、お餅の販売もあります。
 かぶは早くに売り切れる可能性があるそうです。お早めのお出かけを!
 お問い合わせは 一霞温海かぶ生産組合 0235−43−3201まで。
 余談ですが、来週月曜日鶴岡市訪問に行ってまいります。
 お土産とお土産話しをお楽しみに💫
 word by Rie.T💫

まつりじゃ☆

  10月に入りました。

 文化祭シーズン、地域まつりシーズンです。

 今日は鶴岡市農政課の美濃羽さんにお話を伺いました。

 まずは三連休日曜日に行われる「第41回江戸川区民まつり」

 毎年大人気の鶴岡市のブースは今年もテント10張り!

 開始前からお野菜を求めて人が並びますが、玉こん、芋煮、米、和菓子の販売、庄内柿や日本酒もぜひ!

 おもてなしには天神祭でおなじみの「化物さま」が登場します。

 ひと目で化物!とわかりますよ(笑)

 150品お楽しみに!

 そして次の週、13,14日は「つるおか大産業まつり」が鶴岡市で行われます。

 食のイベントと、技能、フラワーショーなどとの同時開催です。

 あつみかぶ、フルーツ、きのこ、海の幸も勢揃い!

 姉妹都市国家移動木古内町からの出店や何と五輪のホスト国ドイツからも参戦します。

 食いしん坊の方はぜひ!

 ようやく過ごしやすい秋、食も魅力が盛りだくさんです。

 ぜひ計画を立てておでかけください☆

 word by Rie.T☆

 

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »