« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

JET STARでスター☆

 8月28日の放送は「ジェットスター」広報高橋里予さんにお話を伺いました!

 この8月から成田〜庄内便が就航したんです!

 旅の選択肢が広がってますます便利になりました。

 里予さんはこれをきっかけに鶴岡を訪れたと言うことですが首都圏から1時間ほどのフライトと空港から数十分で別世界へ行ける、またその風景や空気、何より食の豊かさに感動されたそうです。

 正直遠い印象が有り、また飛行機は高い!と思っていましたが、そこは「JET STAR」!

 驚きの料金です。

 

 4490円!

 片道料金がこの価格!

 電車の料金?びっくりですよね!

 

 しかも就航記念の価格は「174円」(いなほにちなんで)

 あり得ない、さすがです!

 

 これなら年に何度か行けそうですね。

 

 お安く旅をするコツは人々が動く時期を避ける事。

 平日などを狙えば飛行機代もお宿の料金もお得かも!

 

 皆さんも早速次の旅は鶴岡へ!

 

 詳しくは「JET STAR」のホームページをチェック!

 

 

 word by Rie.T☆

ゆらまちっく戦略会議☆

 Img_6134

 

 3回目のだだちゃ豆!

 もう1回くらい食べたいな〜。

 皆さんは召し上がりました?香り、味最高!

 農政課さんに教えて頂いたゆで方を守って、ただその後熱いうちに食べちゃいました!

 いや〜すぐに食べたいんですもん...。

 

 さて、8月21日の放送は「ゆらまちっく戦略会議」の斎藤さんにお話を伺いました。

 由良町を盛り上げようという熱い思いから誕生した会です。

 漁業者も激減している漁村、人口も減り、宿泊施設も減少してしまいました。

 でも、由良を元気にしようという活動が様々行われています。

 主な取り組みのテーマから「ツーリズム」をご紹介しますと、

 

 磯がに釣り、漁業体験、絶景クルージング、地引き網、海鮮バーベキュー、貝殻クラフトなど、安価で体験できるものが沢山!

 

 詳しくは「ゆらまちっく戦略会議」で公式ページを検索☆

 

 先月は江戸川区の子供達が体験したそうです。YouTubeでチェックできますよ。

 

 今後秋や冬なんかも楽しめると良いですね。乞うご期待!

 

 

 

 word by Rie.T☆

サムライゆかりのシルク☆

 

 暑いですね....。

 

 こんな時はキンキンに冷えたメロンはいかが?

 

 鶴姫レッド購入しました☆

 479d6fb3 6252a32d

 しばらく熟すまで待って頂きました☆

 

 さて、本日の放送は鶴岡市制作企画課の奥山さんにお話を伺いました。

 「サムライゆかりのシルク」です。

 日本遺産に認定されています。

 明治に入り庄内藩のサムライが刀を桑に持ち替えて開墾し養蚕をします。

 「松ヶ岡開墾場」といいまして私も以前見に行った事が有ります。

 今も施設の一部が保存されています。

 このアイデアは「西郷隆盛」によるものと言われています。

 庄内藩は幕府側として戊辰戦争で負けています。ところが格別な計らいが有ったようです。

 歴史は様々な説が有りますが庄内では「西郷隆盛」の肖像が飾られていることから、

 とても関わりが深かったことが分かります。

 そのご縁で鹿児島市と鶴岡市は「兄弟都市」です。

 そのシルクは今でも生産から加工。販売まで行われています。

 「kibiso」というブランドで素敵な製品が沢山有ります。

 「ふるさと納税」の返礼品にもなっていますのでご興味ある方はチェック☆

 

 

 word by Rie.T☆

 

だだちゃ豆☆

 

 8月7日の放送は「だだちゃ豆」!

 鶴岡市農政課後藤さんにお話を伺いました。

 7月30日より東京向けに出荷開始!

 皆さんも見かけたらぜひ召し上がって下さい。

 

 だだちゃ豆は鶴岡の在来作物で8品種有ります。

 お求めの際袋を見て頂くとちゃんと書いてあります。

 時期も早生から中生(なかて)、晩生(おくて)と分かれます。

 実はそれぞれで味わいや香りが違います。

 

 今日は選び方を教わりました。

 

 店内で冷蔵ケースに入っている、新しいみずみずしいもの。

 さやが小さいもの、はち切れそうなものは避けましょう。粒がそろっているのがGOOD!

 

 直送なら温度管理されているので安心です。

 

 欲しい方「だだぱら」で検索して見て下さいね。

 

 また明日8月8日は「だだちゃ豆の日」

 

 スーパーで探してぜひ召し上がって下さい☆

 

 

 word by Rie.T☆

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »