« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

おやつと居場所古今cocon☆

 10月30日の放送は「おやつと居場所古今cocon」オーナー富樫あい子さんにお話を伺いました。

 本業はだだちゃ豆を作っていらっしゃるそうで、きっかけは出荷段階ではじかれる「だだちゃ豆」を使用したお菓子作りから。

 鶴岡の四季の旬の食材を使ったお菓子を販売するスペースをと、誕生したのがこの店舗です。

 鶴岡市山王商店街内、道沿いの古い醤油屋をリノベーションして今月オープンしました。

 Facebookなどで画像をチェックして頂くとよくわかりますが「古民家カフェ」です。

 またインテリアも古道具屋さんなどを回って集められたそうです。

 この雰囲気の中現在はカフェ、お菓子屋、花屋の三店舗が営業中。

 部位によっては150年前の所も!鶴岡に行ったときには立ち寄ってみたいですね☆

 ちなみに秋のお菓子は里芋を使ったり、これからやってくる冬は酒粕を使ったチョコレートケーキなど登場しそうです☆

 「居場所」と言う言葉にも意味があって、富樫さん子育て世代のママ達の居場所だったり、地域の皆さんの居場所だったり、訪れた観光の人の居場所だったり....

 すてきなコミュニティスペースになりそうです。

 

 皆さんも鶴岡へお出かけの際にはぜひ足を運んで下さい。

 

 

 word by Rie.T☆

新そば☆

 10月23日の放送は「新そばまつり」

 前回ご紹介頂いた「越沢新そばまつり」で頂けるのは「三角そば」という品種。

 数に限りの有る幻のそば!

 鶴岡には他に「でわ宝」という品種のそばも有ります。

 「ふるさとむら宝谷新そばまつり」は27日、11時から櫛引地域の「ふるさとむら宝谷」を会場に開催されます。

 この品種もここでしか味わえませんよ。

 他に山形ではおなじみの「でわかおり」という品種のそばまつりも。

 朝日地域では「庄内あさひ新そばまつり」が26日土曜日「大梵字」で開催。

 田川地域では「森のふるさとむら田川新そばまつり」が11月3日に開催されます。

 

 イベントに来られない方は26日から11月17日まで「山形つるおか新そばまつり」期間中、市内の協賛そば屋で提供しているので鶴岡市のホームページをチェック!スタンプラリーも有りますのでぜひ参加を。

 

 そばならぺろーり、2〜3食軽くイケちゃいます☆

 

 この時期ならではの新そばのお味をお楽しみ下さい☆

 

 

 

 word by Rie.T☆

関川しな織まつり、越沢そばまつり☆

 

 10月16日の放送は温海庁舎産業建設課五十嵐さんです。

 まずは26,27日の土曜日曜に開催される「関川しな織まつり」が開催されます。

 「しな織り」とはしなの木など木の皮から繊維を取って糸を織る「日本三大古代布」の一つです。

 県境新潟を含む3集落のみ生産する貴重なもので国の伝統的工芸品に指定されています。

 古くは漁の網、農作業着として使用されていましたが今は帽子、バッグ、帯などが販売されています。

 糸作りを見たり体験コーナー、しな織り姫の登場、他に里山の恵み「とち餅」「きのこ」の販売、飲食コーナー、ステージなど盛りだくさん。

 お問い合わせは「関川しな織センター」0235−47−2502まで。

 

 そして、11月2日3日の土日には「越沢新そばまつり」が開催されます。

 山形はそばの栽培が盛んな地域ですが中でも鶴岡市は栽培面積が県内一です。

 越沢地区では「越沢三角そば」という在来作物を使用しています。

 

 つなぎに自然薯を入れた細めの田舎蕎麦です。

 まつりは限定400食。1食1000円です。

 山菜の天ぷらや笹巻きなどもお楽しみ下さい。

 

 そば好きの方、ぜひお出かけ下さい☆

 

 お問い合わせは「そば処 まやのやかた」0235−47−2430まで。

 

 秋の行楽シーズン、山形沖地震を乗り越えた温海地域へぜひ足を運んで下さいね☆

 

 

 word by Rie.T☆

週末区民まつり☆次の週は?

 10月9日の放送は鶴岡市農政課の本間さんにお話を伺いました。

 いよいよ週末は「第42回江戸川区民まつり」です。

 鶴岡市からは毎年フレンド広場に大きなテントを広げます。

 地野菜は特にまつり前からお求めになる方も!

 農産物、物産、盛りだくさん!

 化けものまつりでおなじみの化けもの様が日本酒の振る舞いをしたり(初めて見る方は驚くでしょう....)

 芋煮の大鍋の前には毎年大行列が!

 地震で被害を受けた温海地域からは特産品「焼畑あつみかぶ」の振る舞いも予定。

 ステージでは藤島地域の「東堀越獅子踊り」の披露。

 ぜひ足を運んで下さい!

 

 そして次の19日、20日「あつまれ!食と緑と技の祭典」をテーマに「つるおか大産業まつり」が鶴岡市小真木原公園で開催されます。

 「食」が一番楽しみなところですが、旬の食が勢揃いします。

 新米、焼畑あつみかぶ、秋野菜、庄内柿、キノコ、海の幸も!

 鶴岡そばの食事コーナーには「麦切り」が登場。

 うどんより細い麺でツルツルシコシコのご当地めん。

 

 鶴岡駅からシャトルバスが運行されますのでぜひお出かけ下さい☆

 

 

 ward by Rie.T☆

新観光列車デビュー☆

 10月2日の放送は鶴岡市観光物産課下本さんにお話を伺いました。

 「新潟庄内エリアデスティネーションキャンペーン」がスタートし、JRを利用したゆったり旅の予定を立てている方も多いようです。

 これまでは新潟から「きらきらうえつ」という観光列車がおなじみでしたが、今月から新しい観光列車がデビュー☆

 その名は「海里」(かいり)

 日本海に映えそうな上品な赤い4両編成。客車は窓を向いた設計になっていたりゆったり出来たり工夫が盛りだくさん。

 3号車は売店、イベントスペース。

 4号車はダイニングスペース。

 10月は上り、下りで「アルケッチャーノ」のイタリアン、日本料理「行形亭」季節の料理。

 また、お弁当も注文できます。

 ダイニングもいいけれど席で豪華な駅弁も魅力☆

 車外に出て景色を楽しむ時間が有ったり、ゆっくり走る区間を設けたりと「映え」写真も撮れそう☆

 

 早くも予約殺到中。詳しくはJRのホームページを見てチェックして下さいね☆

 

 特急、列車お宅(ライト)高橋も乗りたい!

 

 

 word by Rie.T☆

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »