« 桜の見所☆ | トップページ | 食と温泉の国オーケストラ☆ »

藤沢周平記念館会館10周年!

 出来てまだあまり立たないうちに拝見させていただいたのがついこないだのような気がするのですが...。

 3月18日の放送は「鶴岡市立藤沢周平記念館」館長鈴木さんにお話を伺いました。

 時代劇ファン、また藤沢周平氏の大ファンの方は数々の著書をお読みのことと思います。

 すべての作品が好き、また中でもコレが大好き!など有ることでしょう。

 映画化、ドラマ化されることの多いだけにその世界観を映像で楽しめるのはもちろんですが作品を読めば知らないはずの江戸時代の風景が浮かんでくる...江戸、下町、そして鶴岡の城下町(海坂藩)。

 作品の数々がこんな部屋から生まれてくる!という書斎の再現、原稿や愛用品などぜひご覧いただきたいです。

 記念館のあとは好きな作品の聖地巡礼ですね!

 

 さて、この4月10周年を迎えるにあたって企画が沢山あります。

 4月3日からは特別企画展「橋ものがたり」の世界を開催します。

 江戸の橋を物語にした10篇の短編集です。

 ご存知の永代橋も登場します。

 同じ日に新しいグッズが登場します。

 「橋ものがたり」「蝉しぐれ」をモチーフとした一筆箋です。

 これは売り切れ必至かも!

 皆さんどうぞ予定を立てておでかけください。

 入館時間は午前9時から午後4時半まで。

 大人320円、が癖は200円、中学生以下は無料です。

 休館日は毎週水曜日です。

 

 このところお出かけ控えされている方も多いと思いますが、この機会に藤沢作品に浸ってみるのはいかが?

 本屋さんへGO!

 

 

 word by Rie.T☆

« 桜の見所☆ | トップページ | 食と温泉の国オーケストラ☆ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜の見所☆ | トップページ | 食と温泉の国オーケストラ☆ »