« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

国際交流☆

 10月最後の放送は出羽庄内国際村音楽祭実行委員、田中宏さんにお話を伺いました。

 国際交流...このコロナ禍で最も難しいことです。

 地域ですら交流が難しいのは人流を減らすことでコロナを避けてきたのですから、この2年、本当に人との交流が少ない状況でした。

 ましてやそれが海外ともなるとさらにハードルが高くなります。

 

 今年で26回を迎える「国際村音楽祭」

 出羽庄内国際村は草の根の国際交流の推進などを目指して音楽祭やワールドバザール、また市民ボランティアによる日本語教室、庄内在住のネイティブから外国語や料理を学ぶなど多彩な活動をしています。

 

 音楽祭は昨年は中止、ですが今年は満を持しての開催です。

 実行委員のみなさんで毎回ゲストを決めるそうですが今回は韓国の伝統音楽と舞を楽しむそうです。

 すでにチケットは完売。

 当日は皆様お楽しみいただけるよう委員のみなさんが頑張っていらっしゃいます。

 

 韓国の皆さんは東京在住ということで国際的なコロナの壁は大丈夫だったようです。

 

 ですが次回は国外からお迎えできたらいいですね。

 

 これからの出羽庄内国際村では「国籍や民族などの異なる人々が、互いの文化的ちがいを認め合い、対等な関係を築こうとしながら、地域社会の構成員として共に生きていく」という文化共生の理念を大切に活動してきましたが、これからは障がいの有無、ジェンダーなど他の壁も超えた活動を目指したい、と田中さんがおっしゃっていました。

 

 まずはコロナの壁を越えて...。

 

 私達も旅でそんな活動に触れられるといいですね☆

 

 

 

 

 word by Rie.T☆

柿☆

 さて、先日23日土曜日、庄内空港開港30周年記念であのブルーインパルスが展示飛行を行いました。

 

 庄内平野は広いので密にならないように見学を、とのことでしたがガンチは盛り上がったでしょうね!

 

 私は動画やSNSで見ました!

 

 さくらモチーフやハートに矢など多彩な展示が有りましたね。

 

 今年こちらでは入間基地の航空祭がまたもや中止なので羨ましいです。

 

 ところで、20日の放送は庄内柿です。

 

 「ひらたねなし」という丸くない種の無いもので渋柿ながら渋抜きをしていただくタイプ。

 

 今でこそ当たり前ですがこの柿の歴史は100年以上前にさかのぼり先人の努力により美味しくいただけるようになりました。

 

 今は渋抜きにも別の方法が有り、新ブランドとして登場しているそうです。

 

 渋抜きの方法によって食感が違うそう。これは気になりますね!

 

 店頭で見つけたらみなさんもいかが?

 

 ちなみにふるさと納税でも手に入ります。

 

 柿の加工品も有りますのでぜひチェックを☆

 

 

 word by Rie.T☆

イルミネーション☆

 早いものでイルミの話題です。

 来月、「藤島イルミネーシょ2021」が開催されます。

 藤島地域といえば藤の花がきれいな公園藤島歴史公園「Hisu花」(ヒスカ)が有ります。

 1万8千平米ある公園全体を16万球のLEDで飾ります。

 今年のテーマは「星に願いを」

 コロナ禍での思いが伝わるようなイルミになりそうです。

 残念ながら点灯開始イベントは今年も中止となってしまいましたがインスタライブで配信することが決まりました。

 遠くの私達もその様子見ることが出来るんです。

 

 fujishima_hisuka  とInstagramで検索してみてくださいね☆

 11月3日午後6時からです。

 

 「鬼滅の刃」アニメも再びスタートしました。

 5月には藤の花と、そしてイルミの時期は藤の花を再現したイルミとともに写真を取りに来る人も増えそうですね。

 もし、お出かけになるという方はどうぞ密を避けてお楽しみください☆

 

 参考までにどうぞ☆

 

 ww.city.tsuruoka.yamagata.jp/shisei/shiyakusyo/infomation/fujishima/kanko/fkikakuillumi2021.html

 

 

 word by Rie.T☆

 

鶴岡のお米☆

 10月6日の放送は鶴岡市農政課の清和さんにお話を伺いました。

 新米の季節です。

 鶴岡ではお酒を作る酒米やもち米などを含めると30品種以上のお米を作っているそうです。

 代表的なのは「つや姫」「雪若丸」「はえぬき」です。

 

 つや姫は鶴岡にある試験場で開発された品種で10年以上の年月をかけて作られた品種ですが、おいしさのポイントは名前の通りのつや、粒ぞろいの良さ、甘味、うま味、香りと粘りなどにおいて高い評価を得ています。

 

 ブランド米の中でも有名ですので皆さんも召し上がったこと有りますよね。

 

 そして雪若丸はその弟分、いや弟君。

 粒の大きさが特徴ですがカレーやチャーハンなどと相性抜群。

 個人的にはおにぎりが好きです。

 

 さらにはえぬきといえばつや姫以前我が家はダントツこれを食べていました。

 

 とにかくロングセラーの理由はバランス良さなのかもしれません。

 

 先日伺ったお話では「かっぱ寿司」ではこのはえぬき一品種のみを使用しているとか!

 今度行ったら味わってみましょう。

 

 さて、新米のつや姫が、鶴岡市東京事務所所長さんのご厚意により弊社に届きました。

 202110

202110_20211011173901

 

 これは早速食べなければ!

 我が家には使っていないご飯抱き専用の土鍋が有ります。

 212110

 

 これを先日メスティンで言うところのシーズニングしたんです。

 焦げ付き防止や割れ防止の作業で粥炊きをしました。ですのですぐに使える状態です。

 2021

 炊きました!

 2021_20211011174301

 写真が下手ですがお米が立ってます!いい香り♪

 これを美味しく食べるために飯の友を用意しました。

 2021_20211011174401

 先日番組でも紹介しました田中農場の美味しいたまごで卵かけご飯に、ねぎ味噌、これは「美味しんぼ」で主人公が最高の飯の友と言っていたものの再現です。

 さらに小松菜の胡麻和え、高菜、写ってないけど塩辛にお味噌汁。

 ペローリでした。

 ご飯を主役にすることはあまりないと思いますが美味しい新米を頂くときはみなさんもいかがですか?

 お腹いっぱいご飯を食べると幸せな気持ちになりますね☆

 ふー、ゲップ。

 ごちそうさまでした☆

 

 

 word by Rie.T☆

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »