« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

シルクガールズ☆

 

2月23日、富士山の日。

このコーナーでは富士山は世界遺産ですが「サムライゆかりのシルク」としてそのストーリーが日本遺産となっている鶴岡のシルクを広める活動をしている「シルクガールズ」のお二人に登場いただきました!

 

なんと学校でこの活動が行われているのです。

鶴岡中央高校3年の大滝明依(おおたきめい)さんと源田楓(げんだかえで)さんです。

番組始まって依頼初めて高校にお電話してご出演いただきました(ドキドキ)

2010年から継続して行わているこのプロジェクトはもちろん地域の皆さんのお力を借りて、そして巻き込み行われています。

授業で自分たちで制作したドレスを毎年ファッションショーで披露する素敵な取り組みです。

鶴岡市社会福祉協議会と連携し障がいのある方やお年寄りの方にモデルとして参加していただいたりもしています。

 

今年、ウエディングドレスを制作したそうですが、コロナ禍でしショーは中止。

おふたりとも3年生ですが2年生から参加するプロジェクトなのでショーを行えないまま卒業となってしまいます。

とても残念ですが悔しい思いは後輩たちに託し更に鶴岡シルクの魅力を発信してほしい1ということです。

 

コロナ禍はまだ暫く続くかもしれません。

でもきっと新たな取組ができるでしょうね!期待!

 

そして進路はもう決まっているお二人どちらも鶴岡を出て新しい生活がスタートします。

このプロジェクトの経験を何らかの形で活かして活躍できる日が来るといいなとおばはんは思いました☆

 

がんばれー!

 

 

 

word by Rie.T☆

鶴岡雛物語☆

 さて、本題の前に、ぱぱ~ん☆

 20222

 

 以前コーナーでご紹介した雪中軟白ねぎです。

 某スーパーにてゲット!

 ちょっと長さとカーブがわかりにくいので包丁とまな板の上で撮って見ました。

 もう一枚。

 20222_20220213144101

 これなら分かりやすいですね。

 

 優しく大切に育てられたねぎはやわらかくギュッと握ったら裂けるくらいです。

 取り扱い注意!

 これを白髪ねぎにしてネギしゃぶにします。

 水につけずにやわらかさを楽しむためとにかく切りづらい!ネギカッターがおすすめです。

 20222_20220213144401

 こんなふうに他の野菜もしゃぶしゃぶするために細長く切って、

 ねぎの青いところもヌルヌルと戦いながらカット。

 あとは食べるだけ!

 20222_20220213144601

 ちょっと火を通すだけでトロトロに!

 お肉を巻いてもそのままでも美味しいです!

 我が家は生七味とポン酢で頂きました。

 今月くらいまでのねぎです。見かけたらぜひねぎカッターとともにどうぞ☆

 

 さて、2月9日の放送は「鶴岡雛物語」について観光物産課の下本さんにお話を伺いました。

 3月1日から4月3日まで市内各所で公開しているお雛様を見るイベントです。

 庄内藩酒井家が治める城下町、お殿様に輿入れした姫君の雛道具がきっかけで雛文化が城下に広まったと言われています。

 

 また、北前船の重要な港があったことから京からもちこまれたり豪華なものが多いのが特徴です。

 

 歴史あるお雛様をちょっと変わった雛菓子とともに御覧ください。

 鶴岡の雛菓子は食べるおままごとセットのようなもので素材は練りきりです。形は鯛や桃、ナス、おめでたいものをかたどって可愛らしい色で塗られています。

 見て楽しい、食べて美味しい雛菓子。これを作る体験も行われております。

 

 今年は庄内藩のお殿様、酒井家入部400年という記念の年。

 「つるおか姫様プロジェクト」にての開催です。

 お雛さまを展示している主な場所で入場後先着で「姫様缶バッジ」をいただけます。

 これをつけて雛物語関連施設へ行くと年齢、性別関係なく「お姫様」と読んでもらえる限定イベントです。

 詳しくは「鶴岡雛物語」で検索!

 

 各施設新型コロナウィルス感染対策中です。ご協力をお願いします!

 

 

 word by Rie.T☆

 

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »