« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

月山筍(がっさんだけ)☆

 筍の季節はもう終わってしまった感がありますがどこかの道の駅などで小さな細い筍を見かけたことは有りませんか?

 根曲がり竹なんて言われる筍の一種です。

 鶴岡では「月山筍」といいます。

 月山周辺で採れたものだけを呼びますが標高の高いところ、そして霊峰、さらに登山道が開かれなければ行くことができない季節限定物。

 採るのにも大変な苦労があります。

 筍の収穫といえば朝。つまり位中ヘッドランプをつけての山登り、雪渓の中数時間歩き日の出の頃に採取、何十キロのリュックを背負い山を降りる...。

 大変貴重なものです。

 天然物の前は栽培ものが出回ります。大変苦労されて確立した技術ながら天然物は更にサクサクしてみずみずしく味は格別とのこと!

 

 そして来月中頃にはもう採らないという暗黙のルールがあります。

 来年のために親竹を残す、また虫が入りやすくなるなど昔ながらの知恵ですね。

 

 食べるなら、今でしょ!

 

 鶴岡へ行けば飲食店でメニューに登場中。

 通販も可能です。

 お話を伺った遠藤さんは三歳のプロ!「山菜屋.com」のウェブサイトを御覧ください。

 美味しい食べ方も載ってます☆

 

 

 word by Rie.T☆

料理教室☆

 本日はお知らせが2つ。

 まずは「鶴岡の観光と物産展」が再開です!

 7月7日と8日の二日間です。

 7日木曜日は午前10時から午後8時まで。

 8日金曜日は午前10時から午後4時まで。

 西葛西駅前での開催です。

 おなじみ玉こんにゃく、漬物、お菓子などが登場します。

 おそらくこの季節ならではというものも登場しそうですね!

 

 そしてもう一つ、同じ日の開催となるのが「鶴岡の郷土料理教室と試食会」です。

 鶴岡の食と食文化を紹介する「つるおかおうち御膳」が出版から10年以上経ち改訂版が出版されることになりました。

 リニューアルを記念しての料理教室です。

 メニューは「夏イカのもんぺ焼き」と「なすの鍋焼き」です。そして「だだちゃ豆ごはん」

 イカになす、夏の食材ですね!

 まだ季節は早いですがだだちゃ豆ごはんはみんな大好き☆

 

 7日は午後6時から、7日は御膳10時から葛西区民間講座講習室で開催となります。

 材料費はおひとり500円。

 定員は20名です。

 お申し込みはお電話で 0235-35-1185(平日午前9時から午後4時半まで)

 または「鶴岡 食文化」で検索して専用の受付フォームからどうぞ。

 

 おまけにもう一つ!

 7月9日土曜日正午からは「鶴岡地元就活応援セミナー」がタワーホール船堀で開催。

 鶴岡市内14社がやって来ます。就職、転職をお考えの方、ぜひお越しを!

 

 

 word by Rie.T☆

 

 

鶴岡の観光情報☆

 6月15日の放送は「一般社団法人DEGAMU鶴岡ツーリズムビューロー」木村さんにお話を伺いました。

 さて、「DEGAMU」とは...

 「DEGAM」は、出羽三山の「DE」、食文化・ガストロノミーの「GA」、そしてDMOが担う機能であるマネジメント・マーケティングの「M」を組合せた造語で、ラテン語で「degam」は旅を連想させる「生きる」「修行する」といった意味を持つ言葉です。
一般社団法人DEGAM 鶴岡ツーリズムビューローは、地域の観光協会や経済団体、金融機関、行政など観光にかかわる多くの関係者がスクラムを組み、観光振興のかじ取り役として観光戦略を推進し、世界から認められる観光都市・鶴岡の実現と、「観光」が地域を支える産業の柱の一つとなることを目指します。

 

 こちらは引用させていただきました。

 難しいことは置いておくと「つるおか観光ナビ」というページがおなじみです。

 鶴岡の観光について調べるときはこれを見るのがおすすめなんです。

 

 生まれ変わりの旅出羽三山、ミシュラン3つ星の杉並木の中を羽黒山参道の2446段の石段を歩く。

 7月、8月しかしか参拝できない月山詣で。

 

 酒井忠勝公庄内入部400年の記念の年に催しに参加する...。

 都内では日経ホールで7月11日月曜日シンポジウムが開催されます。

 「東北戊辰戦争と庄内藩の活躍」と題して鶴岡からは酒井忠久さん、そして徳川記念財団理事長徳川家広さん(将軍様!)など。

 歴史に興味のある方は「酒井家庄内入部400年記念シンポジウム」で検索し事前にお申し込みください。入場は無料です。

 

 7月15日からの海開きに海水浴を楽しみに行く。

 先日の水質調査では5か所の海水浴場で水質AA、1つがA。

 きれいな海を楽しめ、夏が楽しみの岩ガキもいただけます。

 

 この夏は花火も復活。

 赤川花火大会は8月20日土曜日、3年ぶりの開催です。

 例年あった自由席が無くなりなしたので指定席のお求めは7月1日金曜日10時から。

 赤川花火大会の公式ページからどうぞ。

 

 夏が楽しみになって来ましたね!

 みなさんもこの夏の旅行は鶴岡で☆

 

 

 

 

 word by Rie.T☆

 

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »