« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

北岡ひろしコンサート☆

 先日美味しい果物の詰め合わせを頂戴しました☆

 鶴岡市東京事務所、所長様からです☆

 

 202211_20221124110001

 ラ・フランスと庄内柿です。

 箱を開けた途端良い香りが!

 そして、

 202211_20221124110101

 ツヤツヤ☆

 むきやすく種がなく甘くて美味しい庄内柿です。

 202211_20221124110301

 むき方が下手くそですが柔らかく、それでいて適度な硬さもあって本当に美味しい柿でした!

 202211_20221124110401

 こちらはラ・フランス。

 特有の上品な香りと果汁が滴る柔らかさが特徴です。

 むき方は割ってから皮をむくのが楽です☆

 こちらも美味しくいただきました☆

 

 ラ・フランスは今スーパーで買えます。

 庄内柿は出会えたらラッキー♪

 

 「JA鶴岡だだぱら」で検索するとお取り寄せできます☆

 

 さて、23日の放送は鶴岡市のふるさと観光大使、歌手の北岡ひろしさんにご出演いただきました。

 今年も江戸川区で「第9回歌と舞踊の祭典 北岡ひろしコンサート」を行います。

 コロナに負けずに9年!

 12月18日日曜日、第一部は12時30分から15時まで。こちらは一般の部の歌と舞踊の祭典です。

 第二部が15時10分から17時まで北岡ひろしコンサートとなります。

 会場は総合文化センター小ホール、チケット若干有り!

 入場料は5000円です。

 お問い合わせはオフィス・キタオカ 03-3369-2688 まで☆

 

 

 word by Rie.T☆

 

鶴岡市東京事務所と加茂水族館☆

 先日11月15日、久しぶりに鶴岡市東京事務所を訪問しました。

 202211_20221117114801

 西葛西の住宅街にこつ然と現れる不思議な建物です。

 202211_20221117114901

 12月のイベントの看板も有ります。

 中ではちょっとした物産品も買えたりするんです。

202211_20221117115101

漬物やおなじみ玉こんにゃくも!

202211_20221117115201

改訂版のつるおかおうち御膳も。これを見ればだだちゃ豆ご飯やお雑煮も作れます。

202211_20221117115301

もう、クリスマスツリーですよ☆

...よく見ると、

202211_20221117115501

ツリー飾りは伝統工芸品、御殿まりです!

よくこれを作るお教室もやってました。アフターコロナで復活するかな?

202211_20221117115701

そして鶴岡市東京事務所の皆さんです!お世話になっております。

右手前になにか写っていますね...。

202211_20221117115801

ミズクラゲの傘です!

ここでは販売していません。職員の方に見せていただきました。

ではどこで販売しているかというと、加茂水族館です。

 

16日の放送は加茂水族館の奥泉館長にお話を伺いました。

冬の水族館は天候などの関係で夏よりお客さんが少なくゆっくり鑑賞するにはもってこいです。

クラゲに特化したこの水族館の一番の人気、「クラゲドリームシアター」では直径5メートルもの円形大水槽でおよそ1万匹のミズクラゲがゆったりと泳いでいるところを見ることができます。

月に一度kの水槽の前では音楽会開かれていて次回は12月3日土曜日の開催予定です。旅行で行かれる方はご予約の上どうぞ。

またクリスマスには17日土曜日にワインパーティとジャズコンサートを行います。(予約制)館長さんもプレイヤーとして参加するそうです。

 

詳しくは公式サイトやSNSをチェック!

 

また、12月1日から3月31日まで小中学生のお子様無料という「冬も加茂水・こども料金無料キャンペーン」が行われます。家族旅行がお得になりますね。

そしてオンラインで毎週土曜はクラゲの動画も配信中。

オンラインショップではお土産物も購入できます。

しかし!

写真の傘は現地でお求めください。3種類有ります。

実は通販のフェリシモとの共販でそちらからも購入できるのですが、水族館で買えばちびクラゲがついてきます。

この傘はパリエッフェル塔下の水族館でも販売してるんです。

パリジェンヌの間で流行するかも?

 

 

 

word by Rie.T☆    

 

 

 

鶴岡シルク☆

 11月9日の放送は鶴岡シルク株式会社、大和さんにご出演いただきました。

 日本遺産のひとつ、サムライシルクです。

 

 江戸時代の終わり、刀を鍬に持ち替えて、武士は絹の生産を始めます。松ヶ岡開墾場がその歴史を残しています。

 そして今でも絹の生産から加工販売とシルクの歴史は続いています。

 

 今年は酒井家入部400年の記念の年で様々な催しがありましたが鶴岡シルクも記念のものを作っています。

 それは江戸扇子とのコラボ扇子です。

 

 江戸扇子といえば江戸川区の伝統工芸品、職人の松井宏さんが一つ一つ丁寧に作っています。

 酒井家のカタバミ紋入りの江戸扇子に扇子を入れる袋が鶴岡シルクというなんとも贅沢なものが完成しました。

 

 そのデザインはテキスタイルデザイナーの須藤玲子さん。

 カラーは三代目酒井忠勝公の肖像画から藍色をベースにしたもの。

 

 記念商品の為数は少ないものの、松が丘開墾場のシルクミライ館で購入できます。(なくなり次第終了)

 

 また、鶴岡シルクと検索していただくと様々な製品をオンラインで買うこともできます。

 詳しくはコチラ↙↙↙



 https://kibiso.jp/

 

 私もkibisoを持っていますが独特な風合いなんですよ。要チェック!

 

 そして、前回のお話にあった「鶴岡の観光と物産展」の12月は、

 8日木曜日が10時から20時、9日金曜日が10時から16時です。

 たまこんや餅、漬物などの販売があります。

 

 ちなみに、6日、7日は小岩駅前KOITTOマルシェで物産の販売があります。

 

 ぜひおでかけください☆

 

 

 

 word by Rie.T☆

« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »