クッキングスタジオ☆

 最近、ステイホームで料理に凝る方が増えているそうですが、昔なら料理本。

 ちょっと前ならネット検索。そして今は「動画」

 動画も先生の顔が写ったりYouTuberの顔が写って「ほーら」というよりは料理する手元を目線で見られるというのが分かりやすい!

 時代は変わりましたね!

 7月28日の放送は鶴岡駅前に出来たばかりのショッピングモール「エスモール」内のクッキングスタジオの川島さんにお話を伺いました。

 こちらの特徴は動画配信ができること!まだ新しいおしゃれなカフェのようなスタジオで動画配信が出来てしまうんです。

 教室内にもモニターが有るので先生の周りにみんなが集まって覗き込む必要もありません。

 先生の目線でモニター確認が出来ます。

 コロナ禍ですから先生が東京にいて鶴岡で学んだり逆もまた出来ますね。

 コロナ収束後はこのスタジオを使ったツアーを考えていらっしゃるそうです。

 例えば食材を収穫→料理→食べる

 これもまた楽しみですね。

 ユネスコ食文化創造都市鶴岡ですから四季それぞれの美味しい食材はもちろん、料理の仕方も特徴が有りそう。

 早くそんなツアーに参加できるようになるといいですね!

 スタジオのYouTube動画が有りますので「エスモール クッキングスタジオ」で検索して様子をチェックしてみてくださいね☆

 

 word by Rie.T☆

 

メロン☆

Photo_20210729142101

 

 鶴岡からメロンが届きました!

 今回も鶴岡市東京事務所の所長様より頂戴いたしました!

 熟し具合を見ながらその時に居合わせたラッキーなスタッフとともに頂いてます!

 中には3種類のメロンが入っております。

 まずはおなじみアンデスメロン。

 Img_3607

 切ってみましょう!

 Img_3617

 

 はああああ!

 正に果物の王様!

 1日3食メロンでいい!

 この色味と熟し具合を見たら味の説明はいりません!

 さて、他の2つ。

 Photo_20210729142701

 これが鶴岡のオリジナル。鶴姫と赤肉の鶴姫レッド。

 切ります。

 ドーン!

 Photo_20210729142801

 あまあま~♪

 こちらは鶴姫。土用の丑の日ですがもうこれで大満足☆

 もう一つは食べごろがこれから♪

 切ったときにお見せしましょう。

 私はレッドが一番好きです。

 いつもの味のアンデス、爽やかな甘みの鶴姫、レッドはあの夕張メロンによく似てるんです。

 みなさんもいかがですか?

 店頭で見当たらないいときはお取り寄せが確実。

 「だだぱら」で検索すると3つセットの「メロン三昧」というのがありますので食べ比べできるこちらがおすすめですよ☆

 ごちそうさまでした☆

 

 

 word by Rie.T☆

 

 

 

赤川花火大会☆

 コロナ禍でイベントは中止というのが最近では当たり前になってきましたが、オンラインで楽しむというのもこのところの新しい生活スタイルです。

 21日の放送は赤川花火実行委員会委員長佐藤さんにお話を伺いました。

 例年通りの開催としては✗。

 でも7月23日から30日間に渡って1日30発午後7時半から1~2分程度の打ち上げがあります。

 会場は赤川河川敷と松ヶ岡開墾場の2ヶ所。いつ、どちらかは実行委員会のSNSをチェック!

 ただし会場はどちらも観覧席やトイレなどは用意が無いということで、ご近所の方はチラ見、我々遠方の者はオンラインで!

 

 赤川花火大会の公式YouTubeチャンネルで生配信します。

 お早めにチャンネル登録しておくといいですね。

 今年はコロナ収束と頑張っている方たちへの応援メッセージと共にハンビを打ち上げます。

 来年はいつもの花火を楽しめますように期待と祈りを込めてご覧くださいね。

 

 ところでこのところ私は動画で花火を楽しんでいます。

 江戸川区花火大会、赤川花火大会、検索すると沢山あるので4K映像のものがオススメです。

 ビールと枝豆を用意して楽しんでみてくださいい☆

 

 

 word by Rie.T☆

国宝がピンクに?!

  7月7日の放送は国宝、羽黒山五重塔ライトアップ貢いてお話を伺いました。

 平安時代、平将門建立と言われる五重塔、キラキラした装飾や色もなくあたりの杉林に溶け込む木造建築は逆に荘厳さを感じさせてくれます。

 コロナ禍で昨年はお休みしたライトアップが今年は開催される模様です。

 街路灯などない羽黒山を提灯を借りて石段を登ります。(ワクワク)

 10分ほどで五重塔に到着。道も所々ライトアップするので心配ありません。

 映えな写真や動画を取れそうですね!

 そして、もっと映えな時を狙っていくとピンク!やレインボウ!のライトアップがあります!

 ピンクはピンクリボン運動の時期に合わせて、レインボウに関しては羽黒山観光協会のサイトで確認を。

 https://hagurokanko.jp/p4993/

 拝観料は基本は無料ですが協力金として高校生以上500円。

 ご支援者には丑年御縁年限定手ぬぐいをプレゼント!

 期日はウェブサイトでご確認ください。

 また、7月25日から毎月5のつく日には特別御朱印の用意があります!

 以前、金の御朱印がバズリましたがこれもまた気になりますね!

 

 東京は再び緊急事態宣言下に入りますが、解除後の8月には旅行できるといいですね☆

 

 

 Word by Rie.T☆

 

YouTuber登場!

 6月30日の放送は「好きなものは山形県」山形を発信する男『アフロりゅうじ』さんにお話を伺いました!

 ステイホームで私も家で動画ばかり見ていましたがみなさんもぜひご覧になってください!

 パソコンだけじゃなくスマホでいつでもどこでも見られるのがテレビとの違いですよね~。

 地域の方のお役に立つようなお仕事をする一般社団法人と地域を発信する会社を起業し、その一環としてのYouTuber。

 方言講座から人気の観光スポットなど様々な動画をアップしています。

 今後の旅行の予定を建てるのにもいいですね。また、単に笑いたくて見るのもオススメ☆

 「山形 アフロ」で検索すると出てきますよ☆

 https://afroryuji.com/

 私のオススメは「飛島」かな?ぜひ!

 あ、ちなみになんでアフロなのか気になりますよね。高校時代は坊主だったそうです。

 失恋をきっかけに思い切ったそうで、アフロの中には夢と希望が詰まってるらしい!そのうちアメちゃんとか出てくるかも!

 チャンネル登録ヨロシク!

 

 word by Rie.T☆

つるおかおうち御膳☆

 さくらんぼの季節ですね☆

 まだアメリカンチェリーしか食べてない私のもとにさくらんぼがやってきました!

 Cid_17a3d89c1c5ca476a5b1

 鶴岡市東京事務所からいただきました!

 もちろん鶴岡のさくらんぼです。

 コーナーでも度々話題に登場しますが鶴岡では県内同様さくらんぼの栽培が盛んです。

 今はやっぱり佐藤錦、次は紅秀峰です。

 佐藤錦はまさに甘~い宝石☆

 Cid_17a3d8a57fc5f9bb45d1

 見よ!このツヤ!もちろんうま~い☆

 今年はやや小粒だそうですがやっぱり美味しい!

 おうちにも少し持ち帰りました。

 Cid_17a3d885b1d8a4448611

 一人でぺろ~り☆

 ごちそうさまでした!

 紅秀峰も粒大きめでおすすめです。

 「だだぱら」で検索してぜひお取り寄せを☆

 

  そして放送は10年前に発行された「つるおかおうち御膳」についてです。

 増刷していないので入手は困難だそうです。

 ユネスコの食文化創造都市である鶴岡はさくらんぼだけでなく非常に農畜産物が豊かです。

 海、山、平野、その土地や気候が育むものは多彩でまた伝統野菜も多くありそれらを使用する料理はまさに食文化!

 こんどそのアップデート版が出ることになり今年の12月の公開予定です。

 庄内の郷土食にご興味ある方は改定前のものもウェブでご覧になれます。

 私はお雑煮の作り方など参考にさせて頂いたことがありますが皆様もぜひ!

 鶴岡食文化創造都市推進協議会では来月食文化クリエイテぅ部フォトコンテスト夏、秋編を開催します。

 一般部門とSNS部門に分け作品を募集します。

こちらもご興味ありましたらウェブをチェック☆

 また、今年の「庄内酒まつり」はオンライン開催です。近日中に詳細がアップされます。ご予約はお早めに☆

 

 word by Rie.T☆

 

 

 

 

40周年☆

 6月16日の放送は鶴岡市東京事務所五十嵐さんにお話を伺いました。

 今年は鶴岡市と江戸川区の友好都市盟約が40周年という節目の年。

 今はオンラインなどでの交流となっていますがもうすぐいろいろなことが復活しそうです。

 

 ところで、友好都市へのきっかけは遡ること大戦時の学童疎開です。

 戦時中の体験など見聞すると疎開先での苦労、寂しさなど耳にして悲しくなりますが、江戸川区の子どもたちは5000人が山形県へ、そのうち9割近くが鶴岡市への疎開でした。

 当時の子どもたちの作文を読みますと親元を離れてのつらい思いはもちろんありますが、飢えることなく鶴岡の温かな人に迎えられ恵まれた生活を送ることが出来ました。

 戦後子どもたちが感謝の思いから旅館を訪れるなどの交流が始まりそれがきっかけとなり昭和56年5月友好都市の盟約となりました。

 

 今年はその40周年を記念してのイベントを開催予定です。

 江戸川区といえば金魚。

 鶴岡といえばクラゲ!

 この相互展示が予定されているんです☆

 

 8月の予定ということですが決まり次第鶴岡市東京事務所のFacebookでお知らせ予定です。

 

 また、久しく物産販売がないので漬物やお菓子など欲しくなったら鶴岡市東京事務所までお越しください。

 販売中です☆

 

 

 word by Rie.T☆

 

バラとイカ☆

 梅雨がやってくるこの時期ですが、あつみ温泉でバラの足湯に入ってイカまつりに行きたい....。

 今年はやはりコロナ禍ということで残念!

 緊急事態宣言下の都民は辛抱です。

 アルミ温泉のバラ園では今年キャンペーンを実施していて期間限定ですがバラの品種当て、買い物レシートキャンペーン、バラの足湯と盛りだくさんです。

 ただし、参加できるものが一つ!SNSでフォトコンテストが実施されます。

 開湯1200年あつみ温泉にまつわるもので時期を問いません。いつかの写真を応募したりごらんになるだけでもいいですね。

 そしてイカまつりの方は今年は「オンラインでイカまつり」です。

 今月20日の日曜日午前10時から。

 鼠ヶ関漁港のオンライン中継です。

 「食べられないじゃないか!」という皆さん、生イカ、加工品の完全予約制販売もありますので要チェック!

 詳しくはあつみ観光協会まで。

 hthttp://www.atsumi-spa.or.jp/tp://www.atsumi-spa.or.jp/

 

 Word by Rie.T☆

みさきの一軒家☆

 「みさきの一軒家」

 なんか素敵な響きですね。

 想像すると青い海や可愛らしいお家が見えてきそうです。

 さて、5月26日は魚亭岡ざき、岡崎雅也さんにおはなしを伺いました。

 Uターンされて家業に入った岡崎さん、庄内浜の美味しい魚介を提供するお店ですが、このコロナ禍で飲食店は大打撃を受けています。

 テイクアウトやバーベキュー持ち帰りセットを販売するなど工夫をされtきましたが、県外からも注文が入るようになりこの度オンラインショップを立ち上げました。

 それが「みさきの一軒家」なんです。

  https://misaki.tsuruoka.city/

 ホームページをご覧頂くとまず青い海が見えます。

 コンセプトは「漁師のお父さんと料理上手なお母さん、子どもたちが暮らす浜辺の家」だそうで内容は庄内浜の美味しい食が沢山あります。

 スープやおつまみにピッタリの塩辛、もつ煮、これは父の日のギフトや夏のギフトにも喜ばれますね!

 ぜひ覗いてみてください。

 今後は庄内浜の漁業者や農家、加工業者などと連携したり、食品に限らず食卓を彩るアイテムも展開したいそうです。

 

 そしてこの日、岡崎さんがいたのは横浜。

 横浜高島屋にて山形物産展開催中です。6月1日まで。

 海鮮丼が人気のようです☆

 しかし、緊急事態宣言下の私達都民は県境越えは.....

 安心してください。

 6月16日から21日は日本橋三越で開催されます!

 ぜひお出かけください☆

 

 

 

 word by Rie.T☆

 

致道博物館☆

3月31日の放送は鶴岡市致道博物館館長、そして庄内藩酒井家第18代当主酒井忠久さんにお話を伺いました。

 

 このコーナーには何度かご出演いただいている世が世なら「お殿様」でいらっしゃいます。

 

 博物館では庄内藩時代の建物や民具、歴史に関する者の展示や企画展では酒井家の貴重な品々を見ることができたり、歴史好きの方におすすめのです。

 そして今回は3月、東日本大震災を振り返った話題でした。

 

 2011年3月11日、あの日何をしていたか、また次の日何をしていたかも覚えておられるでしょう。

 酒井さんは致道博物館、東京友の会の交流会を翌日に控え東京に来られ打ち合わせ先の田端で被災されました。

 ホテルまでの道のりが大渋滞だったこと、また電話を貸してくださったお好み焼き屋さんがその最中送ってくださったこと、

 さらに連絡が取れないままタワーホール船堀での交流会を迎え大変な中30人もの方が来られたこと、当時のことを次の年の交流会にあたってブログに文章を発表されていました。(詳しくはエキサイトブログの致道博物館を御覧ください)

 江戸川区とはそういった交流が続いています。

 昨年からはコロナ禍で博物館もSNSの発信など様々な工夫をしています。

 来年は酒井家庄内入部400年という記念の年、博物館でも様々なイベントを企画中です。

 収束後はぜひ鶴岡へ旅行に行きましょう!

 

Photo_20210401175101

 

 さて、この本は先程ご紹介した2012年の先さんのブログに登場する本です。

 震災で新潟からお越しいただけなかった金森敦子さんの公演の内容がこの本についてです。

 鶴岡の裕福な商家の御内儀三井清野の文化14年(1817年)の旅行記なんです!

 江戸セレブがどんな旅をするのか!これから私も読みます!

 

 word by Rie.T☆

より以前の記事一覧