庄内スマートテロワール☆

 10月28日の放送は「庄内スマートテロワール」に取り組む「叶野農場」叶野幸喜さんにお話を伺いました。

 「スマートテロワール」とはカルビーの元会長が提唱する「農耕畜連携」のことで本も出ています。

 就農や農家の方にはおすすめの本かもしれません。

 ものすごく噛み砕くと「地産地消」に「消」のために農作物を加工する企業も加えたもの。

 叶野さんは農業部門で参加されています。

 じゃがいも、小麦。大豆、飼料用とうもろこしを輪作し、地元の地碑で畑を元に戻し継続して回していきます。

 じゃがいもは地元のスーパーでコロッケとしてはんばいされ、大豆は地元で味噌に、小麦は地元のラーメン屋やパン屋で使用しています。

 5年計画の5年目ということですが小麦はパンに適したもの、麺に適したものなど違いが有ったり、新しいことが構築されていくのは本当に大変だったということです。

 ですが地元の皆さんにも取り組みが理解されお求めになられるようになって今後もこの取組みは続けられ次の形態へと進んでいきそうです。

 

 友好都市の我々の手には入りづらいものではありますが、パンは冷凍の状態で購入し自宅で焼いて食べられるそうですから販路も拡大するかもしれません。

 旅行の際にはスーパーも覗いてみましょう。

 「庄内スマートテロワール」の文字を探してみてくださいね☆

 

 

 word by Rie.T☆

いるみねーしょん☆

 10月14日の放送は藤島庁舎総務企画課のないとうさんにお話を伺いました。

 季節を飛び越え話題は「藤島イルミネーション2020」です。

 藤島歴史公園「Hisu花」(ヒスカ)を会場に行われる11月3日からのイルミネーション、今年はなんと1万8千平米に15万球のLEDが点灯します!

 庄内地域ダントツの規模だそうです。

 冬に鶴岡へ旅行の際は来年1月1日までですのでぜひ見に行って下さい。

 そしてこの公園はいくつもの藤棚が有るのですが5月には藤の花まつりが開催されます。

 そこで目玉は藤棚を使った藤の花を模したイルミです。

 インスタスポットになってるそうですよ~☆

 

 そうそう、今週末から話題の漫画、アニメ「鬼滅の刃」の映画の上映がスタートします。もはや社会現象ともなっていますが、人食い鬼を退治する話で鬼が藤の花を嫌うことから今回テーマを「コロナと鬼滅」にしています。鬼滅イメージのライトアップも登場するそう!

 コロナという鬼から藤の花が人を守るという意味です。

 またいりょうかんけいしゃの皆様への感謝の気持を込めてライトアップはブルーを基調とします。

 

 11月3日に点灯式が有りますが、今年はオンラインとなりました。

 インスタライブで誰でもご覧になれます。

 「fujishima_hisuka2020」をインスタグラムで検索してフォローしご覧ください。後日YouTubeでもアップ予定です。

 鬼滅ファンとしては見なければ!

 でも現地で見たいですね。皆さんもご旅行の予定を☆

 

 

 word by Rie.T☆

 

旅行の秋☆

 コロナ禍の中、旅行はいろいろな意味で控えていた方、東京都も「GO TOトラベル」の仲間入り、そろそろ行ってもいいかなとお考えの方、鶴岡市へはいかがでしょう?

 9月23日の放送は鶴岡市農山漁村課の五十嵐さんにお話をん伺いました。

 主にお魚の話。

 日本海のお魚と聞くとすごく美味しそう!ですよね。

 庄内浜で水揚げされるものは130種。

 少量多品種というのが特徴です。

 つまりは中々都内にいては食べられないんです。

 

 この10月からはよそより少し早くズワイガニ漁が解禁になります。

 厳しい条件をクリアした「庄内北前ガニ」を食べるイベントが10月2日から1月15日まで開催されます。

 蒸しガニ、焼きガニ、すし、天ぷら、雑炊!提供するお店は近々「やまがた庄内観光サイト」や「食の都庄内」にアップされますので検索を!

 また、秋には「庄内おばこサワラ」が旬となります。

 鰆は魚編に春ですが、秋は身に油が乗って最も美味しくなるそう!

 これは楽しみ!

 また、市内の飲食店、旅館では「魚のおいしいまち鶴岡キャンペーン」を10月28日から12月27日まで開催します。

 特定の魚料理を食べた方を対象に抽選で月山ワインや地酒などが当たるかも!

 

 新しい生活様式を守ってぜひ美味しく楽しいご旅行を☆

 

初だだちゃ豆☆

Img_8470

Img_8470 Img_8474

 

 ようやく初だだちゃ豆しました!

 今年はあまり売ってるところが無いような....

 見つけたらゲットして速攻食べましょう!

 

 

 word by Rie.T☆

庄内刺し子☆

 8月26日の放送は庄内刺し子作家の小野寺勇一さんでした。

 「刺し子」をご存知でしょうか?

 刺繍のような模様を連続させているのが特徴で、花柄だったり一つ一つがとても可愛らしい模様です。

 先日「すてきにハンドメイド」というEテレの番組に小野寺さんが登場しました。

 もともとよく見る番組だったので「庄内刺し子」が紹介されるなんて素敵です!

 

 「刺し子」のなかでも庄内刺し子は農作業着の補修のような形で博物館にも展示されていました。

 私も見たことが有りますがパターンの可愛らしさに目を引かれました。

 補修だけでなくおしゃれやお裁縫の技術も競い合っていたのではないでしょうか?

 

 さて、小野寺さんが刺し子と出会ったのはほんの偶然から、コミュニティスペースでパソコンでの作業中、同じスペースにいた刺し子を教えている方との出会いからだそうです。

 もともと針仕事が好きだった小野寺さんはドハマリしてしまったようで今に至っています。

 現在新型コロナの影響で作品を紹介しながら販売することが難しいのでハンドメイドサイト「iichi」にて販売中です。

 またこれまで3回オンラインワークショップをされていてこんど9月の4連休に行われます。

 ご興味ある方、「iichi」からお申し込みを!

 材料込みの価格で参加できます。ただしパソコン環境が整っている方となりますね。

 

 実は高橋、小野寺さんには言えませんでしたが刺し子経験者です。

 「不器用ねー」と笑われながら巾着袋を作ったことが有ります(笑)

 でもチャレンジしてみたいですね!まずはズームの用意からかな。

 

 皆さんぜひ「iichi」ご覧になってくださいね☆

 

 

 word by Rie.T☆

 

つるおか三寺社祈りプロジェクト☆

 7月22日の放送は荘内神社権禰宜石原和香子さんにお話を伺いました。

 東京や首都圏などを中心に感染拡大中の新型コロナウィルス、政府の「GO TO」キャンペーンも始まったというのに、お出かけが憚られます。

 なんにせよ健康が第一!

 この時期は石原さんにお祭りの話題など伺っておりますが、鶴岡市でも夏のお祭りやイベントが中止になっています。

 旅行を予定していた方、出羽三山など詣でたかった皆さんは本当に残念ですね。

 ですがこの度現地へ出向かなくても御朱印が頂けるプロジェクトが始まっています。

 「つるおか三寺社祈りプロジェクト」です。

 鶴岡では神仏習合が今も残る土地柄であるため神、仏の枠を越えた企画が生まれました。

 出羽三山神社、善寳寺、荘内神社が6月16日の和菓子の日にあのアマビエの形をしたお菓子をお供えして祈りのリレー行いました。

 YouTubeにて配信し、「三寺社特別御朱印」を頒布しています。

 全てが手書きのものでこちらもリレーして記されたものです。

 日付はあえて入れずにいつかコロナ退散の折に現地へお越しいただき入れてもらうというものです。

 

 「コロナゼロ」の語呂合わせで5670枚限定です。

 ご希望の方は送料込みで2000円となります。

 お申し込みは各寺社のウェブサイトから。

 また、各寺社の神職、僧侶が描いたアマビエのイラストの栞が同封されています。

 御朱印帳にいかがでしょうか?

 「つるおか三寺社祈りプロジェクト」についてはInstagramやYouTubeも検索してどうぞ☆

 

 word by Rie.T☆

メロン食べ放題!

 7月15日の放送は鶴岡食文化創造都市推進協議会の鶴岡ツーリズムコーディネーター芳賀さんにお話を伺いました。

 お話は庄内砂丘メロンと月山高原ブルーベリーです。

 水はけが良く栽培に適していることから美味しいメロンが育つ庄内砂丘。

 3種類のメロンが有ります。それぞれの味わいをお楽しみください。

 ふるさと納税の返礼品になっていたり「だだぱら」からお取り寄せもできます。

 さらに今月18日から31日まで「庄内砂丘メロン」食べ放題!というイベントが!

 45分間で青肉メロンが食べ放題!強者よ、鶴岡へGO!

 場所は庄内観光物産館で1日100名限定、10時30分から15時までです。

 

 月山高原ブルーベリーは収穫体験ができます。

 種類によっては500円玉大のものも有るそうです!

 これまた食べ応えがありそうですね。

 

 お問い合わせは鶴岡市役所観光物産課 0235−25−2111内線564までどうぞ⭐︎

 

 

 

 

 word by Rie.T⭐︎

もうすぐ再回☆

 6月24日の放送は、加茂水族館内魚匠ダイニング沖海月の料理長須田剛史(たけし)さんにお話を伺いました。

 前々回お邪魔したときそこは「クラゲレストラン」でした。

 7年前、前館長の村上さんのヘッドハンティングによっていらっしゃったという須田さん。

 目の前が海というロケーションで旬のお魚を提供されています。

 水族館を楽しんだあとにはぜひいらしてほしい食事処です。

 ですがこのところの新型コロナウイルス感染拡大の影響で、お店も営業ならず、料理の様子をネット配信されていました。

 「魚の美味しいまち鶴岡」でぜひ検索してください。

 須田さんの包丁さばきは気持ちよすぎて「自分でもできるのでは!?」と勘違いしてしまいそう(笑)

 味わうことはできませんがお楽しみいただけますよ!

 

 また「ふるさと納税」でもトラフグやハモしゃぶをいただけます。

 今は旅行に行きにくいから利用されてもいいですね。

 ですが、来週月曜日からいよいよ再オープンです!

 水族館と海の幸、そして温泉!楽しい旅行を計画してはいかがですか?

 夏休みにもいいですね。

 営業時間は11時から15時、レストランのみの利用も可です。

 

 

 

 word by Rie.T☆

江戸時代の食って?

 5月27日の放送は「庄内藩の歴史と食文化を学ぶ会」五十嵐千秋さんにお話を伺いました。

発足は平成30年、まだ新しい会です。

城下町鶴岡は江戸の面影が残り、またユネスコ食文化創造都市でもあります。

そこでこの会が発足し歴史と食文化を結びつけイベントを行っています。

昨年は3月にまち歩き、トークセッション、雛御膳をいただき懇談...

しかし今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響でイベントは自粛。かわりに無観客にして撮影した動画を配信しました。

まち歩き、そしてトークセッション、お料理はなんと江戸時代の町役人の会合の献立を復元したというものです。

ご興味ある方はぜひ動画をご覧ください。

関連動画が4本有ります。

「庄内藩の歴史と食文化を学ぶ会」で検索してみてくださいね!

今後も江戸の面影残る町並みの散策、メニューの復元などは地元の飲食店と連携して行っていくそうです。

もちろん動画もあげていきますので美味しいものに興味のある方から歴史好きの方もチェックですよ☆

 

 

 word by Rie.T☆

新年度です☆

 不穏な空気が流れる中、弊社も番組改編が有りまして「ふるさと印鶴岡」は時間を変えての放送となりました。

 4月から毎週水曜日15時からの「檸檬色の五重奏(カルテット)」内16時45分頃からの放送です。

 内容変わらずお送りします!

 ただ、昨今の新型肺炎の影響で残念なことに様々なイベントが中止となっております。

 また緊急事態宣言下、不要不急の外出は控えなくてはなりません。

 すぐに鶴岡へ旅に!とは言えませんが影響がなくなった頃に向けて計画を温めておいて下さい☆

 

 さて、4月8日の放送は「湯田川温泉観光協会」庄司丈彦さんにお話を伺いました。

 私がお世話になりました「つかさや旅館」のご主人でいらっしゃいます。

 開湯1300年という歴史ある温泉はオススメです!

 

 そして今回は春の郷土料理「孟宗汁」について聞きました。

 「孟宗竹」はタケノコのこと。

 タケノコを使った汁物です。

 この地域のタケノコはみずみずしくアク抜きがいらないのが特徴です。

 もちろん、たけのこご飯など食べ方は様々ありますが、やはり一番人気なのが「孟宗汁」です。

 この時期の鶴岡は、地元産が出回るまで日本各地のタケノコがスーパーにズラリと並ぶそうです。

 皆さんタケノコ好き!

 そして各家庭で「孟宗汁」を頂きます。

 

 これ、皆さんも簡単に作ることが出来ますのでぜひチャレンジして下さい。

 材料はタケノコ、厚揚げ、しいたけ、(豚肉を入れるところも有るようです)

 そして、酒粕とみそ。

 我々が使うタケノコはもちろんアク抜きして下さい。

 味を見ながら汁物を作る要領で、コツは酒粕多め。

 ちょっとドロッと感が有るのが好まれるそうです。

 私も何度か作ってますが次の日の味がしみしみなのがうまうま☆

 

 湯田川温泉の旅館ではこの時期お宿でいただけます。

 また、予約制でタケノコ堀りの体験も行っています。

 

 来年の今頃行けたらいいですね。

 計画を温めておきましょう。

 

 湯田川温泉観光協会のお問い合わせは 0235-35-4111まで☆

 

 

 

 word  by Rie.T☆

より以前の記事一覧