リスナープレゼント

ちっちゃく Merry Christmas

毎年恒例になりつつある
りんりん水曜日 年末のプレゼント企画present


今回は5種類10名様にプレゼントしますshine


 



20161221_bath_5   20161221_takara_2

トロトイズのバスダック           年末ジャンボ ミニ プチ 各1枚


20161221_bob_2  20161221_enka_3

THE REAL... BOB DYLAN    演歌グッズ詰め合わせ 2名様


20161221_cale_2


音曲堂 演歌・歌謡カレンダー
5名様

詳しくはまた12月28日のりんりんでご紹介しますnote




応募先は
mailtoinfo@fm843.co.jp  りんりん水曜日まで

・バスダック ・宝くじ ・ボブディランCD ・演歌グッズ詰め合わせ
・演歌・歌謡カレンダー

欲しいものを1点書いてご応募下さい。

あなたのお名前、ご住所を必ず書いてください。

応募の締め切りは12月28日 午後5時までclock

たくさんのご応募お待ちしていますclover

アール・ヌーヴォーのガラス展 ‐チケットプレゼント‐

ヨーロッパ随一のガラスコレクションで知られる、ドイツのデュッセルドルフ美術館
に寄贈された、ゲルダ・ケプフ夫人のガラスコレクションが、ドイツ国外では初めて
まとまった形で、パナソニック汐留ミュージアムで展示されています。



ゲルダ・ケプフ夫人(1919-2006)はドイツの実業家
お兄さんが戦死したことで家業を継ぐこととなり、1960年から75年まで会社の
取締役をつとめ、80歳になるまで経営方針の監督にたずさわったそうです。


Pana_20150715

ケプフ夫人当初は家の中の装飾を目的に、1960年代からガラス作品を
収集されていたそうです。やがてケプフ夫人の旺盛な好奇心によって
ガラスという素材の特質や技法を学び始めます。ガラス作品を理解し
優れた審美眼と洞察力でアール・ヌーヴォーの本質を体現する第一級の
コレクションを築きました。

Pana06       Pana09
《花器(スイセン)》 1897        《台付鉢》 1903年頃

ドーム兄弟、ナンシー            エミール・ガレ、ナンシー
デザイン:エドモン・ラシュナル、パリ    デュッセルドルフ美術館蔵
デュッセルドルフ美術館蔵                    Museum Kunstpalast,
Museum Kunstpalast, Düsseldorf,        Düsseldorf,        
Foto:Studio Fuis-ARTOTHEK            Foto:Studio Fuis-ARTOTHEK


             
 





アール・ヌーヴォーのガラス作品と言えば、エミール・ガレやドーム兄弟の
作品を思い浮かべますが、今回の展示はガレやドーム兄弟だけではない
アール・ヌーヴォー期のガラス作家を多数紹介しています。
    


Pana_03_3       Pana_07_2
《筒型花器》 1895年頃        《花器(ブドウとカタツムリ)》1904
エミール・ガレ、ナンシー       ドーム兄弟、ナンシー
制作:ブルグン、シュヴェーラー商会、 アンリ・ベルジェ(ナンシー)
マイゼンタール            のデザインに基づく
デュッセルドルフ美術館蔵       デュッセルドルフ美術館蔵
Museum Kunstpalast, Düsseldorf,    Museum Kunstpalast, Düsseldorf,
Foto:Studio Fuis-ARTOTHEK         Foto:Walter Klein








アール・ヌーヴォー期のパリのガラスにおける最大の特徴は、東アジア美術
の影響を色濃く反映した作品にあります。日本の浮世絵や中国の乾隆ガラス
に喚起された作品は、エキゾチックで豪華。そして違和感なくスッと入ってくる
感じもします。

Pana_02_3



《台付蓋付花器》 1885-1889年頃
デザイン:ウジェーヌ・ルソー、パリ
制作:アペール兄弟、
クリシィ台と蓋:パニエ兄弟商会

エスカリエ・ド・クリスタル、パリ
デュッセルドルフ美術館蔵
Museum Kunstpalast, Düsseldorf,

Foto:Studio Fuis-ARTOTHEK









今回約140点の作品が展示されていますが、
“もし持って帰ることができたらどれがいいかな~”なんて想像を膨らませ
ながら鑑賞することができるのも、ガラス作品ならではかと思います。
(もちろん持って帰ることはできませんが…)


Pana_2_20150715




アール・ヌーヴォーのガラス展
        
デュッセルドルフ美術館 ゲルタ・ケンプコレクション



開催期間:2015年7月4日(土)~9月6日(日)
会場   :パナソニック汐留美術館
       東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
会館時間:午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日   :毎週水曜日、8月10日(月)~14日(金)



交通のご案内
JR「新橋」駅より徒歩約8分
東京メトロ銀座線・都営浅草線・ゆりかもめ「新橋」駅より徒歩約6分
大江戸線「汐留」駅より徒歩約5分





番組でも紹介しましたが
「アール・ヌーヴォーのガラス展
        ‐デュッセルドルフ美術館ゲルタ・ケンプコレクション-」
チケットプレゼントがあります。
5組10名様


応募の宛先は
りんりん水曜日「ガラス展」の係までご応募下さい。
締め切りは7月29日(水)まで。
mailtoinfo@fm843.co.jp



番組の感想も添えてくれるとうれしいです。


たくさんのご応募お待ちしていますclover

 

こども展

子どもモデルにした絵画展「こども展」が、4月19日から
森アーツセンターギャラリーで始まりました。

06__2






アンリ・ルソー人形を抱く子ども1904-05年頃
オランジュリー美術館
© RMN-Grand Palais musée de l'Orangerie /
Franck Raux / distributed by AMF – DNPartcom








ルソーやピカソ、ルノワールなど日本でも人気の西洋近代絵画の巨匠
たちが描いた子どもの絵が大集合。

パリのオランジュリー美術館で開催された展覧会
「モデルとなった子どもたち」をベースに日本向けに再構築、
87点の作品が出展。そのうち約2/3が日本初公開です!!



03__3

クロード=マリー・デュビュッフデュビュッフ一家、1820
1820
年 ルーヴル美術館
© RMN-Grand Palais (musée du Louvre) /
Gérard Blot / distributed by AMF-DNPartcom




モデルとなった子どもたちはみんな愛らしく、温かみのある作品が
多く展示されています。

描かれた側=モデルとなった子どもたちは当時何を思っていたのか
描く側=親や画家たちはどんな思いで何を残そうとしたのか
と、子どもの目線大人の目線、両方の目線から楽しめる絵画展に
なっています。


GWにご家族でお出かけになるのもいいかもしれませんね。




会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
会期:2014年4月19日(土)~6月29日(日) ※会期中無休
開館時間:10時~20時(但し、4/29.5/6を除く火曜日は17時まで)
     
※入館は閉館の30分前まで





そして今回はリスナープレゼントとして、5組10名様に「こども展」
のチケットプレゼントがありますpresent



宛先は りんりん水曜日「こども展係」mailtoinfo@fm843.co.jp

お名前・ご住所を明記の上ご応募下さい。
番組の感想も添えてくれるとうれしいですhappy01




たくさんのご応募お待ちしておりますclover

レオ・レオニ 絵本のしごと

小学校の教科書で読んだ「スイミー」
赤い魚たちの中でたった一匹黒い魚だったスイミーが、
仲間とともに危機を乗り越える物語です。

C02 
絵本表紙『スイミー』好学社



この「スイミー」の作者で知られている レオ・レオニ
の世界観が存分に感じられる展覧会

Aleo_lionni19101999
レオ・レオニ(1910-1999)



レオ・レオニ 絵本のしごと 
Bunkamuraザ・ミュージアム
で開催されています。


あおときいろの紙きれの友情を描いた
『あおくんんときいろちゃん』でデビューしたレオ・レオニは、
ねずみの『フレデリック』や尺取り虫の『ひとあしひとあし』
など、とっても温かいストーリーの絵本を数多く制作しました。

11967frederick 21991matthews_dream_3
(左) 「フレデリック」 1967年 Frederick ©1967, renewed 1995 by Leo Lionni / Pantheon
(右) 「マシューのゆめ」 1991年 Matthew's Dream  ©1991 by Leo Lionni / Knopf 





水彩、油彩、コラージュなどさまざまな技法を使って、美しい
想像の世界を作りだし、読む人を軽々と空想の旅へ引き込んで
しまうレオ・レオニは、「色の魔術師」と称されています。


81992mr_mcmouse 91983cornelius
(左) 「マックスマウスさん」 1992年 Mr. McMouse ©1992 by Leo Lionni / Knopf
(右) 「コーネリアス」 1983年 Cornelius ©1983 by Leo Lionni / Pantheon
いずれも、Works by Leo Lionni, On Loan By The Lionni Family


今回の展示では、絵本原画約100点、さらに油彩、彫刻資料など
約30点が展示されています。

会   期:2013年6月22日(土)~8月4日(日)開催期間中無休
開館時間:10:00~19:00(入館は18:30まで)
       毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)

会   場:Bunkamuraザ・ミュージアム 



大人も楽しめる絵本展
「レオ・レオニ 絵本のしごと」

リスナーの皆さんにもぜひお出かけいただきたいと思い
レオ・レオニ展のチケットをプレゼントいたしますpresent
5組10名様


宛先は
mailto info@fm843.co.jp


りんりん水曜「レオ・レオニ」係までご応募下さい。
あなたの お名前・ご住所をお忘れなくpencil

番組の感想も添えてくれるとうれしいです。
たくさんのご応募お待ちしていますclover

おすすめ本プレゼント

読書の秋maple ということで、りんりん水曜では

「本についてあれこれ」を番組でとりあげましたbook



リスナーさんからは、本にまつわるエピソードや
おススメの本も教えてくださいました。
ありがとうございますhappy01



で りんりん水曜からは、本のプレゼントがありますpresent


法廷ライター まーこと裁判所へ行こう!』

Book1_2
2010年10月30日(土)発売

絵:にしかわたく
文:岡本まーこ


発行:㈱エンターブレイン

価格:1,050円(税込)




最初は取材協力ということで、裁判の傍聴を開始し
いつしか、その魅力に取りつかれたフリーライターの
まーこさん。現在は、月に約20件も傍聴しているそうですeye

あるときは、被告人の涙にうっかり情に流されたり、
被告人の発言や証言に一喜一憂したり・・・その中でも
特に印象に残っているエピソードが紹介されています。


実際の裁判の傍聴の方法や、裁判所への行き方、
それから食堂のメニューなんかも書かれています。

イラストとエッセイでわかりやすく、裁判ってどういうものか
興味が持てる一冊です。


裁判員制度も始まり、私たちにとって、身近になりつつ裁判
です。まず、裁判を知ってみる、導入部分としても
おすすめの一冊ですし、イラスト入りということもあり
さらりと読めてしまいます。



法廷ライター まーこと裁判所へ行こう!』を2冊プレゼント
しますlovely  ↓

Book2



あなたの 住所 氏名 電話番号を明記の上

りんりん水曜「本プレゼント係」まで ご応募下さい。


メール:mailto info@fm843.co.jp
FAX :faxto 03-5622-7852

番組の感想も添えてくれるとうれしいですclover


2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ